カテゴリ:Germany( 636 )

the Bodi 35003 [コートを着たドイツ軍将校]

the Bodi 35003, German Field Officer
Sculpted by Krisztian Bodi

c0000507_22401575.jpg
c0000507_22401017.jpg
c0000507_2240579.jpg
c0000507_2240056.jpg
c0000507_2239543.jpg
c0000507_22394948.jpg
c0000507_22394239.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-31 07:55 | Germany | Comments(0)

Zvezda 3628 [1939-1942年、ドイツ軍降下猟兵]

Zvezda 3628, German Paratroopers 1939-1942

c0000507_45941.jpg
c0000507_45032.jpg
c0000507_445214.jpg
c0000507_444510.jpg
c0000507_443695.jpg
c0000507_442828.jpg
c0000507_442064.jpg
c0000507_44136.jpg
c0000507_44466.jpg
c0000507_435569.jpg
c0000507_43462.jpg
c0000507_433777.jpg
c0000507_432942.jpg
c0000507_432151.jpg
c0000507_431259.jpg
c0000507_43429.jpg
c0000507_425665.jpg
c0000507_424529.jpg
c0000507_423763.jpg
c0000507_422710.jpg
c0000507_421999.jpg
c0000507_42109.jpg
c0000507_4218.jpg
c0000507_415214.jpg
c0000507_41411.jpg
c0000507_41329.jpg
c0000507_412449.jpg
c0000507_41492.jpg
c0000507_405650.jpg
c0000507_404813.jpg
c0000507_404053.jpg
c0000507_403074.jpg
c0000507_402026.jpg
c0000507_4095.jpg
c0000507_40283.jpg
c0000507_3595684.jpg
c0000507_3594928.jpg
c0000507_3594114.jpg
c0000507_3593355.jpg
c0000507_3592628.jpg
c0000507_359201.jpg
c0000507_3591396.jpg
c0000507_359620.jpg
c0000507_3585857.jpg
c0000507_3585130.jpg
c0000507_3584534.jpg
c0000507_3584025.jpg
c0000507_358354.jpg
c0000507_3582831.jpg
c0000507_3582312.jpg
c0000507_3581739.jpg
c0000507_3581168.jpg
c0000507_358568.jpg
c0000507_3575869.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-30 22:06 | Germany | Comments(0)

Master Box 35103 [1941-1942年、コートを着たドイツ兵]

現状、最も面白いテーマをインジェクションフィギュアの身体に刻んでいるのは無論Master Box社である。
しかし、Master Box社は、自らがここまで模型シーンに好意的に受け容れられるとは当初は予想していなかったのではないか、
と、そのアイテム番号の振り方から想像されもするのである。

ここで各社の1/35ミリタリーキットのアイテム番号の振り方を少しだけ振り返っておくと、
Tamiya社のMMシリーズの場合、当初は001と三桁で振られ、途中から35○○と振る四桁に移行、
100を越えてからは、36○○と、百の位をひとつ上げることによって対応していたのを改めて、
35○○○の五桁体制に移行した。

Dragon社の場合、基本的には時代を頭二桁ないし頭一桁で分類して「門」を設け、
後の三桁ないしは二桁を(販売順序は数字を豪快に飛び越えて前後することが多々あるが)順次振る四桁体制を採っている。

Tristar社の場合、現行のタミヤ的な振り方、つまりは助記的にスケールの分母を頭におき、アイテム番号を付す方式、
35○○○というあり方である。

さて、Master Box社であるが、四桁で35○○と振っていたものが、いよいよ100を越えた。
その際に、36○○に繰り上げずに、35○○○の五桁体制が導入されたのである。今後、3599以前のアイテム番号を、
35099などとして、五桁に再編成するのか否か、(そして箱の印刷を改めるのか)が気になるところなのであるが、
ここで注目しておきたいのはそこではなく、スケールの分母で「門」を構成した場合、四桁では99までしか対応出来ない事は自明のことであるのに、
それを敢えて導入するという行為に切なくも暗示されているように感ぜられる、消極的な未来展望を描かせてしまう模型シーンの哀しさなのである。

-----------------------------------------

Master Box 35103, Cold Wind, German Infantry 1941-1942

明らかに買いです。「コートを着て歩くドイツ兵」が、五人のうち四人を占めるなんて、これ以上に素敵なことはありません。

Dragon 6098-A, 6116-Dはコートを着て歩くというよりも、その歩みを止める最後の一歩を踏みこんでいる感が脚の運びに感ぜられ、
6115-Cには歩くことの持続が感ぜられるものの、裾の翻り具合の違和感を拭えず、作り直したくなり
6158-Aも少し上半身の背筋が伸びすぎている印象で、
6119-Dは、歩く、というよりも、大きな一歩を踏み込んでいます。
Tamiya社の1/35MMシリーズでは、非戦闘的な歩くポーズのコートを着たドイツ兵は、35016(1972.6)まで40年遡らなければ存在せず、
Master Box 3538=3553は、脚の運びは良いものの、背筋が伸びておりもう少し前傾して欲しい印象です。
つまりは、インジェクションフィギュアにおいて、1/35のコートを着てすたすたと歩くドイツ兵の決定打は不在であった、と私は思います。

そこに登場したMaster Box 35103は、五人のうち四人が歩きポーズで、
彼らの脚の運びぶりを見れば歩くことを持続する意思が軽やかに伝わってくる秀逸な造形ぶりで、
これは嬉しいフィギュアなのです。

c0000507_2564199.jpg
c0000507_2563552.jpg
c0000507_2563093.jpg
c0000507_2562635.jpg
c0000507_2562167.jpg
c0000507_2561631.jpg
c0000507_2561116.jpg
c0000507_256785.jpg
c0000507_25635.jpg
c0000507_2555972.jpg
c0000507_2555488.jpg
c0000507_2554944.jpg
c0000507_2554515.jpg
c0000507_2554130.jpg
c0000507_2553511.jpg
c0000507_2553179.jpg
c0000507_2552644.jpg
c0000507_2552238.jpg
c0000507_2551833.jpg
c0000507_2551232.jpg
c0000507_255717.jpg
c0000507_255387.jpg
c0000507_2545825.jpg
c0000507_2545499.jpg
c0000507_2544984.jpg
c0000507_2544551.jpg
c0000507_2544196.jpg
c0000507_2543636.jpg
c0000507_2543230.jpg
c0000507_2542846.jpg
c0000507_254235.jpg


c0000507_254464.jpg
c0000507_25404.jpg
c0000507_2535564.jpg
c0000507_253501.jpg
c0000507_2534586.jpg
c0000507_2534075.jpg
c0000507_2533668.jpg
c0000507_253312.jpg
c0000507_2532552.jpg
c0000507_2532068.jpg
c0000507_2531664.jpg
c0000507_2531122.jpg
c0000507_253763.jpg
c0000507_253253.jpg
c0000507_2525897.jpg
c0000507_2525440.jpg
c0000507_2525188.jpg
c0000507_2524622.jpg
c0000507_2524025.jpg
c0000507_2523670.jpg
c0000507_2523176.jpg
c0000507_2522796.jpg
c0000507_2522315.jpg
c0000507_2521744.jpg
c0000507_2521283.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-30 02:57 | Germany | Comments(0)

Dragon 6137 [キューベルワーゲン救急車のドイツ軍女性看護師と軍医]

(1)1/35女性衛生兵/看護師のインジェクションフィギュア史
Zvezda 3618がミリタリー女性フィギュア史においてエポックメイキングな存在たり得る可能性、
具体的には1/35女性衛生兵/看護師のインジェクションフィギュア史において初めて看護の手付きが与えられたフィギュアであることは2012.2.28記事で既に指摘した。

ここで1/35インジェクションフィギュア女性衛生兵/看護師史をリリース順に一応振り返っておくと、
Zvezda 3517=ソヴィエト軍砲兵の女性看護師は単純立ちポーズ
Dragon 6137=ドイツ軍の女性看護師は単純立ちポーズ
Preiser 64006=ドイツ軍女性看護師はポットとマグカップらしきものを持った立ちポーズ
ICM 35541=ソヴィエト軍女性衛生兵は男性兵士のコートを引っ掛けてマグカップを持つ立ちポーズ
ICM 35551=ソヴィエト軍女性衛生兵は男性兵士に手を添える歩きポーズ
Zvezda 3618=ソヴィエト軍女性衛生兵は男性兵士の手当てをしての座りポーズ
がある。
1/35インジェクションフィギュアの女性衛生兵/看護師はそのスキルを活用しての社会的生産を行う機会が収奪され、男性の傍らに立つことのみが求められた初期から、
男性兵士にモノ/心を捧げるまたはモノ=コートを男性兵士から捧げられた交歓の季節を間に挟んで、ようやく衛生兵/看護師としてのスキルを発揮出来る時代が到来したのである*。

(2)Dragon社の1/35女性兵士
女性兵士を含む1/35インジェクションプラスチックキットはDragon社から三キット・計四人がリリースされている。
Dragon 3304=ヴェトコン女性
Dragon 6068=ソヴィエト軍女性偵察兵と女性スナイパー
Dragon 6137=ドイツ軍女性看護師
が居る。この機会にそれぞれのヘッドを眺めておこう。

c0000507_534826.jpg

c0000507_5331852.jpg
c0000507_5331333.jpg

c0000507_5325319.jpg


(3)Dragon社1/35史上唯一のパンツ
90年代後半にドイツ軍兵士のオーバーコートの裾を華麗に四分割したDragon社であるから、
インナーディテールを再現した上でスカートを分割するのは容易いことであろう。
しかし、スカートを履いた女性は6137のみであり、パンツが造形**された同社1/35の事例もこれが唯一である。
c0000507_5133733.jpg



------------------------------------------------
(註)
*"看護的"な身振りの範囲を拡大すると、70年代のEsci社の(ややトランスセクシュアル的造形の)"パルチザン女性"は既にスキルを発揮しているとも捉えられよう。
しかし、ここでは飽くまでも衛生兵/看護師であることが、身に付けた、或いは傍らに置かれたアイテムから明瞭な女性兵士を対象としている。

**プラスチックモデルにおけるパンツ描写史の先行研究として、
廣田恵介氏の「人類は、いかにしてプラモデルの金型にパンツを彫りこんできたか」は必読である。
(http://mega80s.txt-nifty.com/meganikki/2009/06/post-f1fc-3.html)
--------------------------------------------------


Dragon 6137, German Medical Team

c0000507_4353983.jpg
c0000507_4353569.jpg
c0000507_43530100.jpg
c0000507_4352155.jpg
c0000507_4351725.jpg
c0000507_4351371.jpg
c0000507_435865.jpg
c0000507_435475.jpg
c0000507_435022.jpg
c0000507_4345584.jpg
c0000507_4344930.jpg
c0000507_4344473.jpg
c0000507_4343948.jpg
c0000507_4343416.jpg
c0000507_4343066.jpg
c0000507_4342675.jpg




------------------------------------------------------------
Dragon 6137には、6074スプルーも含まれています。

Dragon 6074, German Medical Troops

c0000507_140213.jpg
c0000507_140921.jpg
c0000507_1401315.jpg
c0000507_140187.jpg
c0000507_1402312.jpg
c0000507_1402832.jpg
c0000507_1403392.jpg
c0000507_1403820.jpg
c0000507_1404322.jpg
c0000507_1404828.jpg
c0000507_140534.jpg
c0000507_1405884.jpg
c0000507_141380.jpg
c0000507_141974.jpg
c0000507_1411567.jpg
c0000507_1412164.jpg
c0000507_1412731.jpg
c0000507_1413445.jpg
c0000507_1414331.jpg
c0000507_1414957.jpg
c0000507_141573.jpg
c0000507_142321.jpg
c0000507_1421010.jpg
c0000507_1421883.jpg
c0000507_1422418.jpg
c0000507_1423178.jpg
c0000507_1423771.jpg
c0000507_1424339.jpg
c0000507_1424937.jpg
c0000507_1425640.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-30 02:48 | Germany | Comments(0)

Master Box 3584 [1944-1945年、西部戦線のドイツ国防軍兵士]

Master Box 3584, German Infantry, Western Europe, 1944-1945

スプリンター・パターンとウォーター・パターンの迷彩スモックと迷彩ポンチョを着た、ドイツ国防軍兵士。

迷彩ポンチョを着た兵士で思いだされるのは、平野義高氏の珠玉のヴィネット作品でおなじみの、Dragon 6057ですが、
同じくプレ戦闘的なMaster Box 3584には、そのキットの身振りの記憶が潜んでいるようにも思われました。
c0000507_5581474.jpg
c0000507_558735.jpg
c0000507_558092.jpg
c0000507_5574972.jpg
c0000507_5574257.jpg
c0000507_5573654.jpg
c0000507_5572534.jpg
c0000507_5571961.jpg
c0000507_5571334.jpg
c0000507_557635.jpg
c0000507_5565854.jpg
c0000507_5565087.jpg
c0000507_5564387.jpg
c0000507_5563758.jpg
c0000507_5563339.jpg
c0000507_5562729.jpg
c0000507_5562218.jpg
c0000507_5561756.jpg
c0000507_5561157.jpg
c0000507_556684.jpg
c0000507_556134.jpg
c0000507_5555623.jpg
c0000507_5555076.jpg
c0000507_5554630.jpg
c0000507_5554221.jpg
c0000507_5553866.jpg
c0000507_5553418.jpg
c0000507_5552942.jpg
c0000507_5552559.jpg
c0000507_5552052.jpg
c0000507_5551479.jpg
c0000507_555942.jpg
c0000507_555454.jpg
c0000507_5545948.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-30 00:53 | Germany | Comments(0)

ICM 35261 [1941-1942年、記念撮影をするドイツ軍戦車兵]

言うまでもなく静的に固定すること、のヴェクタが強烈に作用している(ディスプレイ)模型の世界にあって、
記念撮影をすること、でその模型が模型としてそこにある意味の提示が行われているのは、
感動的というより他ないこと、であって、もっと記念撮影ものが出て欲しいと思います。

また、敢えて今日的な撮影者のキットをリリースすることによって、第二次大戦期の車輌にそれを添えれば、
第二次大戦期の情景ではなく、リエナクトメント会場或いは映画の撮影となるという、
「その戦車が置かれた状況がその戦車が活躍していた時期に固定される」こと、が支配的な状況を打破し得る攪乱的撮影者の登場も私は期待しております。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
(註)
1/35インジェクションフィギュアの記念撮影の他の事例としては、Master Box 3529
------------------------------------------------------------------------------------------------------

ICM 35261, German Tank Crew (1941-1942)

c0000507_1253839.jpg
c0000507_1253253.jpg
c0000507_1252690.jpg
c0000507_1252113.jpg
c0000507_1251247.jpg
c0000507_125792.jpg
c0000507_125385.jpg
c0000507_1245997.jpg
c0000507_1245454.jpg
c0000507_1244830.jpg
c0000507_1244381.jpg
c0000507_1243724.jpg
c0000507_1243238.jpg
c0000507_1242555.jpg
c0000507_1241931.jpg
c0000507_1241376.jpg
c0000507_124719.jpg
c0000507_124126.jpg
c0000507_1235698.jpg
c0000507_1235186.jpg
c0000507_1234546.jpg
c0000507_12340100.jpg
c0000507_1233556.jpg
c0000507_1232858.jpg
c0000507_1232143.jpg
c0000507_123157.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-26 18:39 | Germany | Comments(0)

Italeri 306 [ドイツ戦車兵]

Italeri 306, German Tank Crew

c0000507_2238422.jpg
c0000507_22375544.jpg
c0000507_22374689.jpg
c0000507_22373835.jpg
c0000507_22372962.jpg
c0000507_22372149.jpg
c0000507_22371482.jpg
c0000507_2237567.jpg
c0000507_22365680.jpg
c0000507_22364791.jpg
c0000507_22364072.jpg
c0000507_22363467.jpg
c0000507_22362496.jpg
c0000507_22361739.jpg
c0000507_2236922.jpg
c0000507_2236161.jpg
c0000507_22355346.jpg
c0000507_22354873.jpg
c0000507_22354284.jpg
c0000507_22353680.jpg
c0000507_22353043.jpg
c0000507_22352362.jpg
c0000507_2235166.jpg
c0000507_2235829.jpg
c0000507_2235122.jpg
c0000507_22345355.jpg
c0000507_22344711.jpg
c0000507_22344117.jpg
c0000507_22343419.jpg
c0000507_2234276.jpg
c0000507_22341982.jpg
c0000507_22341228.jpg
c0000507_2234599.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-25 22:37 | Germany | Comments(0)

Tamiya 89562=89566=25109-Z [ミヒャエル・ヴィットマンと戦友たち]

c0000507_21331083.jpg
c0000507_2133693.jpg
c0000507_2133152.jpg
c0000507_21325746.jpg
c0000507_21325313.jpg
c0000507_21324930.jpg
c0000507_21324489.jpg
c0000507_21324018.jpg


-----------------------------

c0000507_21341466.jpg
c0000507_2134979.jpg
c0000507_2134521.jpg
c0000507_2134121.jpg
c0000507_21335716.jpg
c0000507_21335266.jpg
c0000507_21334757.jpg
c0000507_21334320.jpg
c0000507_21333912.jpg
c0000507_21333519.jpg
c0000507_21333192.jpg
c0000507_21332721.jpg
c0000507_2133228.jpg
c0000507_21331843.jpg



-------------------------------------------------

Tamiya社のフィギュアは、「喫煙表象に近づきつつ回避する」傾向*にあり、
手振りは明らかにタバコ的であっても、タバコそれ自体はパーツ化されず、ボックスアートには描かれないのが常なのですが、
このフィギュアは、パイプにより明瞭に喫煙記号が表れている点で、特異な存在です。

平野義高氏原型であることは、その造形ぶりから明瞭であるこのフィギュアは、
カスタマーサーヴィスでパーツとして注文することは出来ず、89562か89566か25109を買うより他ないのですけれど、
無論、キット丸々買うにに値する造形ぶりですし、フィギュアと不可分な車輛本体を抜きで手に入れようとするのは無粋というものでございましょう。

Tamiya 89566初出の説明図(パーツコード1058029)では、
キューポラに収まった戦車長がコマンダー、
砲塔側面に寄りかかり火を貸そうとする大柄な人物がローダー、
砲塔天面に座る人物をガンナー、
砲身基部に寄りかかりパイプを持つ人物がドライバーと書かれているのみであるが、
その砲塔に007号のデカールが貼られていることから、
ミヒャエル・ヴィットマンとその戦友のフィギュアであると推断されます。

ミヒャエル・ヴィットマンがその最期を迎えた007号の乗員は、
ローダー=装填手がギュンター・ヴェーバー
ガンナー=砲手=照準手がカルル・ワグナー
ドライバー=操縦手がハインリッヒ・ライマース
であり、このフィギュアの中に含まれていないもう一人の人物が、無線手のルドルフ・ヒルシェルです**。

---------------------------------------------------------------------------------
(註)
*Tamiya社の1/35タバコ表象については、Dragon 6091の記事も併せて参照。

**小林源文『鋼鉄の死神 ミヒャエル・ビットマン戦記』(大日本絵画,2001)P.148
---------------------------------------------------------------------------------

c0000507_21251753.jpg
c0000507_21252314.jpg
c0000507_21252825.jpg
c0000507_21253479.jpg
c0000507_21254055.jpg
c0000507_21254699.jpg
c0000507_21255183.jpg
c0000507_2125568.jpg
c0000507_2126157.jpg
c0000507_2126679.jpg
c0000507_21261280.jpg
c0000507_21261755.jpg
c0000507_21262232.jpg
c0000507_21263144.jpg
c0000507_21263882.jpg
c0000507_2126452.jpg
c0000507_21265153.jpg
c0000507_21265728.jpg
c0000507_2127498.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-24 21:34 | Germany | Comments(0)

Belgo Models 118 [プリンツオイゲン師団の武装親衛隊戦車兵]

Belgo Models 118, Oberscharfuhrer Tank Commander, Div. Prinz-Eugen

c0000507_20485481.jpg
c0000507_20484973.jpg
c0000507_20484368.jpg
c0000507_20483876.jpg
c0000507_20483378.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-23 04:22 | Germany | Comments(0)

Tristar 35006 [ドイツ将校野戦会議セット]

Tristar 35006において、何にも増して感動的なのは、そのエッチングメガネのサイズの適度さ、なのです。

1/35インジェクションフィギュアへのエッチングメガネの同梱の事例としては、Dragon 6020が、
Tristar 35006に先行して存在しているのですが、Dragon 6020メガネはややフレームが小さ過ぎる印象であり、
Tristar 35006メガネのサイズほどに、とりわけHornetヘッドに広くマッチするものは私見では存在せず、
Tristar 35006の再販ほどに、私がインジェクションフィギュアのシーンに渇望するものはないのです。
------------------------------------------------------


c0000507_632235.jpg
↑HornetヘッドへのTristar 35006メガネの使用例。
c0000507_6321863.jpg
↑Tristar 35006メガネはフレームが細く柔軟であり、フレームを変形させるのも容易である。

c0000507_6362071.jpg
↑マニキュアのトップコートで膜を張り、レンズとする。

c0000507_6361547.jpg
↑同様にマニキュアでレンズを表現したもの。

----------------------------------------------------------------

Tristar 35006, German Officers Field Session Set

c0000507_624114.jpg






c0000507_615499.jpg
c0000507_614942.jpg
c0000507_614553.jpg
c0000507_614083.jpg
c0000507_613686.jpg
c0000507_613029.jpg





c0000507_558969.jpg
c0000507_558436.jpg
c0000507_558023.jpg
c0000507_5575669.jpg
c0000507_5575182.jpg
c0000507_5574778.jpg



c0000507_6252346.jpg


------------------------------------------
(1)グレー成形版

c0000507_6251815.jpg
c0000507_6251463.jpg
c0000507_62597.jpg
c0000507_625578.jpg
c0000507_62511.jpg
c0000507_624548.jpg
c0000507_6245019.jpg
c0000507_6244616.jpg
c0000507_6244173.jpg
c0000507_624364.jpg
c0000507_6243182.jpg
c0000507_6242626.jpg
c0000507_6242120.jpg
c0000507_6241638.jpg
c0000507_6241211.jpg
c0000507_624610.jpg
c0000507_624141.jpg
c0000507_6235772.jpg
c0000507_6235215.jpg
c0000507_6234851.jpg
c0000507_6234375.jpg
c0000507_6233961.jpg
c0000507_6233429.jpg
c0000507_6232975.jpg
c0000507_6232468.jpg
c0000507_6232088.jpg
c0000507_6231637.jpg
c0000507_6231113.jpg


-------------------------------------------------


(2)ダークイエロー成形版

メガネも感動的なのですが、Tristar 35006においてインジェクションキットの製造の面において感動的なのが、
フィギュア模型におけるアンダーカット回避問題の、まさに最適解のPL位置で胴体がCavityとCoreに分割されていることです。
とりわけ、Bの太った将校のズボンの赤線のPLの位置取りは、これ以上にない最適解でまとめられていて、
その位置取りを明瞭に視認できる意味において、ダークイエロー成形版の見やすさは、フィギュアのパーツ鑑賞に寄与すること多大。
3Dスキャンや3Dモデル上での造形ではなく、原型師の手から生み出され、インジェクション成形が可能=アンダーカットのない形でまとめられたフィギュアの中で、
Tristar 35006は21世紀史上最高傑作であり、1/35インジェクションフィギュアキットを出している全てのメーカーにおいて目指すべき逸品であると私は思います。

Tristar 35006が安定的に供給され続けて欲しいところで、
Tristar 35006が存在しているインジェクションフィギュア界と、そうでないインジェクションフィギュア界は、
天と地ほどの差がある程だと、私は考えています。

c0000507_21375654.jpg
c0000507_21375156.jpg
c0000507_21374468.jpg
c0000507_21373876.jpg
c0000507_21372847.jpg
c0000507_21372027.jpg
c0000507_21371270.jpg
c0000507_2137583.jpg
c0000507_21365844.jpg
c0000507_21365225.jpg
c0000507_21364635.jpg
c0000507_21364018.jpg
c0000507_21363482.jpg
c0000507_21362740.jpg
c0000507_21361311.jpg
c0000507_2136593.jpg
c0000507_21355728.jpg
c0000507_21355146.jpg
c0000507_21354350.jpg
c0000507_21353761.jpg
c0000507_21353240.jpg
c0000507_21352727.jpg
c0000507_21352275.jpg
c0000507_21351376.jpg
c0000507_2135220.jpg


c0000507_21425548.jpg
c0000507_21425041.jpg


c0000507_2134573.jpg
c0000507_21345052.jpg
c0000507_21344513.jpg
c0000507_2134409.jpg
c0000507_21343422.jpg
c0000507_21342992.jpg
c0000507_21342533.jpg
c0000507_21341983.jpg
c0000507_21341262.jpg
c0000507_2134727.jpg
c0000507_2134225.jpg
c0000507_21335637.jpg
c0000507_2133504.jpg
c0000507_21334355.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 05:54 | Germany | Comments(0)