カテゴリ:Finland( 4 )

1/35 フィンランド軍戦車兵

Tristar 35006-Cをソヴィエト軍戦車帽ヘッドでHornetizeしてフィンランド軍戦車兵/突撃砲兵/自走砲兵をこしらえる。
c0000507_19484128.jpg
c0000507_19485124.jpg
c0000507_1949014.jpg
c0000507_19491029.jpg
c0000507_19492142.jpg

by tokyomonogatari | 2011-11-23 19:48 | Finland | Comments(0)

Tamiya 35318-F [フィンランド軍自走砲兵]

1/35 フィンランド軍兵士のインジェクションフィギュア史上初の全身像が、Tamiya 35318-FのBT-42突撃砲の兵士なのです。

MMシリーズ42年目にしてようやく、フィンランド軍兵士が登場した35310-Eでは半身像であって、
この43年目にやっとフィンランド軍兵士全身像が35318-Fとして登場したわけでございますけれど、造形的には両方とも同社フィギュアの今日的水準を考えればやや粗い印象。
フィンランド軍モノの次回作があれば、Zランナー独立方式で、(35294-Z=35296-Z) extended=89783-Zのイタリア軍戦車兵ばりの造形でお願いしたいところです。

Tamiya 35318-F, Finnish Self-Propelled Gun Crew

c0000507_3194435.jpg
c0000507_319518.jpg
c0000507_3195820.jpg
c0000507_320329.jpg
c0000507_320871.jpg
c0000507_3201492.jpg
c0000507_3201955.jpg
Tamiya 35320-1との体躯差。

c0000507_3202498.jpg
Tristar 35012との体躯差。

--------------------------------------------------

"Tristarized" Ver.

フィンランド軍装甲戦闘車輌クルーは、ソヴィエト軍戦車帽もかぶっていた。
何かをかぶったヘッドに差し替えるならば、ソヴィエト軍戦車帽をかぶったヘッドが選択肢として現状では一番豊かに開かれている。

Tristar社の平野義高氏原型のソヴィエト軍戦車帽ヘッドを移植してみる。

c0000507_3203017.jpg
c0000507_3203587.jpg

c0000507_23332646.jpg


-----------------
パーツ状態。Tamiya 35318-Fは一枚1050円。


c0000507_3204971.jpg
c0000507_3205520.jpg
c0000507_321188.jpg
c0000507_321712.jpg
c0000507_3211420.jpg
c0000507_3212070.jpg
c0000507_3212769.jpg
c0000507_3213796.jpg
c0000507_3214371.jpg
c0000507_3214991.jpg
c0000507_3215538.jpg
c0000507_322567.jpg
c0000507_3221222.jpg
c0000507_322193.jpg


-------------------------------------------------------------
※余録

久しぶりに車輌を丸々組んで塗る。
c0000507_15155438.jpg
↑タミヤ缶サーフェイサー、ライトグレイで下塗り。
タミヤアクリルのラバーブラックで影色を吹く。
c0000507_15155987.jpg
↑ダークグリーンを吹く。
c0000507_1516424.jpg
↑オリーブグリーンを吹く。
c0000507_15161062.jpg
↑NATOグリーン+デッキタンを吹く。
by tokyomonogatari | 2011-07-30 03:22 | Finland | Comments(4)

Mirage Hobby 355011 [フィンランド軍仕様ヴィッカース6トン戦車]

Mirage Hobby 355011, Vickers-Armstrong Mk.F/45
Late Single Turret Version with a Psv.K/38 Tank-Gun

c0000507_0281276.jpg
c0000507_0281790.jpg
c0000507_0282230.jpg
c0000507_0282633.jpg
c0000507_0283380.jpg
c0000507_0283867.jpg
c0000507_0284354.jpg
c0000507_0284846.jpg
c0000507_0285350.jpg
c0000507_0285872.jpg
c0000507_029389.jpg
c0000507_029811.jpg
c0000507_029133.jpg
c0000507_0291992.jpg
c0000507_0292534.jpg
c0000507_0293176.jpg
c0000507_029372.jpg
c0000507_0294394.jpg
c0000507_0294964.jpg
c0000507_0295569.jpg
c0000507_030074.jpg
c0000507_030683.jpg
c0000507_0301220.jpg
c0000507_030187.jpg
c0000507_0302538.jpg
c0000507_0303082.jpg
c0000507_0303781.jpg
c0000507_0304226.jpg

by tokyomonogatari | 2010-12-29 00:30 | Finland | Comments(0)

Tamiya 35310-E [フィンランド軍突撃砲兵半身像]

Tamiya 35310-E、基礎的フィギュア組み手順。
c0000507_1591464.jpg
↑ニッパーで切り離す。ゲートをどのくらい残して切るか、は模型製作者によってマチマチであるが、私はそれなりに長めに残っているのが好みである。
c0000507_1592084.jpg
↑デザインナイフでバリを切除、パーティングラインを切削。
c0000507_1592648.jpg
↑デザインナイフで指の間を切り離して整える。
c0000507_159318.jpg
↑デザインナイフで手を一度セパレートにする。
c0000507_1593523.jpg
↑0.8mmドリルで開口。0.8mm真鍮線を挿す。
c0000507_15940100.jpg
↑0.8mmドリルで開口。
c0000507_1594620.jpg
↑1.5mmドリルで開口。
c0000507_1595213.jpg
↑デザインナイフで袖口の開口部を整えて、0.8mmドリルで再度開口して手を挿す。
c0000507_1595916.jpg
↑両腕はこれで完成。
c0000507_201487.jpg
↑襟の内側を開口する。まず0.8mmドリルで開口。
c0000507_201988.jpg
↑3.0mmドリルで開口。
c0000507_202492.jpg
↑デザインナイフで襟の開口部を整えて、0.8mmドリルで再度開口。
c0000507_202918.jpg
↑ヘッドを0.8mmドリルで開口。
c0000507_203645.jpg
↑ヘッドをピンバイスで保持して、帽子をかぶらせる。
言うまでもない事であるが、ピンバイス一本を多用するドリルの径0.8mm専用としておけば、
多用する真鍮線0.8mmを挿したパーツをピンバイスで保持する際に、チャックの開閉は最小量で済むので楽である。

c0000507_204471.jpg
↑帽子とヘッド間の接着剤が乾くのを待つ間に、ボディを接着しておく。
c0000507_205018.jpg
↑ヘッドを挿す。
c0000507_205746.jpg
c0000507_21325.jpg
c0000507_21915.jpg
c0000507_211646.jpg
c0000507_212223.jpg
c0000507_212952.jpg


----------------------------

もはや言うまでもない事であるが、MMシリーズの第一作目は1968年9月発売の、「ドイツ戦車兵セット」である。
それから42年の歳月を重ねなければならなかったのである、この彼こそは、フィンランド軍戦車兵の登場までに。
この重みをこそ噛みしめようと、Eランナーを手にしてみれば、このランナーは丸太の分だけ実際に重いのだ。
Tamiya 35310-Eは、一枚798円。

胸部ポケットをややベルト寄りに造形する傾向、そして同ポケットの縫製ラインをやや太くする傾向から、
原型製作者は、35299-Zと同一人物ではないかとも推測されるのだが、
推断するところまでの自信は持てない感じ。

c0000507_059196.jpg
c0000507_0592492.jpg
c0000507_05929100.jpg
c0000507_0593467.jpg
c0000507_0594013.jpg
c0000507_0594494.jpg
c0000507_0594994.jpg
c0000507_0595543.jpg
c0000507_1004.jpg
c0000507_10537.jpg
↑ハカリスティがあれこれ流用に重宝しそうなデカールは、一枚336円。
by tokyomonogatari | 2010-11-30 01:00 | Finland | Comments(2)