カテゴリ:◎ボルト・リベット・蝶ネジ( 7 )

直径1mm前後の六角ボルトとナット(書き途中)

実物では六角ボルト、またはナットの部分は、その径が小さければ小さいほどプラスチックモデルにおいては六角ではなく、
単純に丸の凸形状=円柱または半球で表現される傾向にあります。

角がキチンと出ている小さい六角ボルト、またはナットは、その姿をパーツに認められるだけで嬉しいものであって、
それらのクリスピーな六角ボルトが彫刻された部品をストックし、円柱に単純化された可哀そうなボルトたちを打ち直してあげたくなります。

(1)参考として: 別売りリベット事例集


Wave OP-531, New R・リベット[角]
ゲートが一箇所。1.0mmのボルトは1/35に何かと重宝します。
c0000507_0575694.jpg
c0000507_058384.jpg
c0000507_0581049.jpg


---------------------------------------------------------

Kotobukiya P-117R, プラユニット六角ナット
最小のボルトでも1/35に使うにはやや大きめ。ゲートは二箇所。
c0000507_17428.jpg
c0000507_171195.jpg
c0000507_171999.jpg
c0000507_172716.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

----------------------------------------------------------
Modelkasten A-1, Bolt & Nut Set
そぎ取って使うタイプ。厚みを一定に注意深くそぎ取るか、接着した後に高さを揃えたいところ。
c0000507_1183512.jpg
c0000507_1184285.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。






(2)Tamiya 1/35MMキットにおける六角ボルト表現事例集
--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35003 旧シュヴィムワーゲンホイール
ホイールのボルトは球形先端形状でまとめられています。
c0000507_1125229.jpg
c0000507_1125996.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35006 旧キューベルワーゲンホイール
ホイールのボルトは球形先端形状でまとめられています。
c0000507_1134496.jpg
c0000507_1135116.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35009 旧Ⅱ号戦車ホイール
六角ボルト・ナットの彫刻はスプロケットの内側ボルトのみで、コア側に彫刻されています。
他の六角ボルト・ナットの部分は丸の凸形状でまとめられています。
c0000507_14194030.jpg

c0000507_142023.jpg

c0000507_14201126.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_14201946.jpg
↑MMシリーズ2号系列のスプロケットホイールの歯数をまとめますと、
旧Ⅱ号戦車のスプロケットの歯数は22
ヴェスペのスプロケットの歯数は25
新Ⅱ号戦車のスプロケットの歯数は26 となっています。
c0000507_14202729.jpg

c0000507_1420345.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35024-D 旧マチルダホイール
六角ボルト・ナットの彫刻はスプロケットのみ六角で彫刻されており、他は丸の凸形状でまとめられています。
c0000507_128653.jpg

c0000507_1281632.jpg

c0000507_1282585.jpg

c0000507_1283424.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_1284247.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35039-Cスプロケットホイール
六角ナット・ボルトが表現されているのはスプロケットホイールのみですが、六角にせず潔く円柱形状でまとめられています。
c0000507_23454692.jpg

c0000507_23455645.jpg

c0000507_234664.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35040-A M113ホイール
ロードホイールのみナットの形状が六角で彫刻されており、他は丸の凸形状でまとめられています。
c0000507_2235360.jpg

c0000507_224362.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_2241314.jpg
c0000507_2242370.jpg

c0000507_2244965.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35045-B クォード・ガントラクターホイール
c0000507_20494257.jpg
c0000507_20495441.jpg
c0000507_2050422.jpg
c0000507_20501468.jpg

c0000507_20502266.jpg

c0000507_20512868.jpg

c0000507_20513595.jpg
c0000507_20514669.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

---------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35049-C T-34/76ホイール
ロードホイールのボルトは角が丸くなっているものの六角を意識して彫られたものだと推測されますが、
アイドラーホイールは完全に丸の凸形状にまとめられています。
c0000507_195617.jpg
c0000507_110751.jpg
c0000507_1101552.jpg

c0000507_1102598.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。ロードホイールのボルト・ナットの角は丸まっていますが、六角を意識して彫られているものと推測されます。
c0000507_1105015.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。アイドラーホイールは丸の凸形状で彫られています。
--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35098-A マルダー1A2ホイール
実車では六角形状の部分が、潔く全て丸の凸形状で表現されています。
c0000507_0295831.jpg

c0000507_030751.jpg

c0000507_0301829.jpg

c0000507_0303296.jpg

c0000507_0304312.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35100-A チャーチル歩兵戦車ホイール
チャーチル歩兵戦車の全てのホイールの六角ナット・ボルトの形状は、丸の凸形状でまとめられています。
c0000507_117397.jpg
c0000507_1175176.jpg
c0000507_118098.jpg
c0000507_1181221.jpg
c0000507_1182228.jpg
c0000507_1183689.jpg
c0000507_1184734.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35122-A M4シャーマンホイール
通称「タミヤのD47526A後期型サスペンションランナー」
六角で彫刻されているのはスプロケットホイールとサスペンションの基部。
c0000507_082458.jpg

c0000507_084038.jpg

c0000507_085117.jpg

c0000507_09189.jpg

c0000507_0101889.jpg

c0000507_010299.jpg

c0000507_0104040.jpg

c0000507_0105365.jpg

c0000507_011476.jpg

c0000507_0111349.jpg

c0000507_0112268.jpg

c0000507_0113374.jpg

c0000507_0114488.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_0115279.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35146-B タイガーⅠ後期型スチールホイール
パンサーGのスチールホイールやロードホイールに彫刻されている六角ボルト・ナットよりも大きめ。
コア側は六角ではなく丸の凸形状。
c0000507_22535475.jpg

c0000507_2254126.jpg

c0000507_22544021.jpg

c0000507_22545083.jpg

c0000507_22545917.jpg

c0000507_22551090.jpg
↑コア側、転輪の内側のボルトは丸形状でまとめられています。
c0000507_22551921.jpg

c0000507_22552873.jpg

c0000507_22552873.jpg

c0000507_2255564.jpg

c0000507_2256695.jpg

c0000507_22561624.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_22562622.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_22563626.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_22564439.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_22565316.jpg
↑スプロケットは六角先尖形状。
Wave OP-531の1.0mmとの比較。

--------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35170-A パンサーG型系列32ボルトロードホイール
小さい六角ボルト/ナットのそぎ取り元としてオススメ。
パンサーG型のスチールホイールよりもボルトサイズがやや小さめでかつ一枚当たりから採れる数が多く、何かと重宝する一枚です。
c0000507_1314838.jpg
c0000507_1315427.jpg
c0000507_13201.jpg
c0000507_132588.jpg
c0000507_1321264.jpg
c0000507_1321812.jpg
c0000507_1322655.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

----------------------------------------------------------
Tamiya 35174-E パンサーG型スチールホイール
スチールホイールに彫刻されているボルトは、35170-A=パンサーG型系列のゴムふち転輪よりもやや大粒。
角がシャープに出ており、内側のボルトの直径も適度。
ホイール表面から高めにモールドされているため、そぎ取り用として適している有難い存在なのです。

c0000507_23171432.jpg
c0000507_23172183.jpg
c0000507_23173117.jpg
c0000507_23174175.jpg
c0000507_23174933.jpg

c0000507_2318093.jpg
c0000507_2318770.jpg
c0000507_23181415.jpg
c0000507_23182256.jpg
c0000507_23183039.jpg
↑裏面は六角でなく、丸の凸形状。
c0000507_23183719.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

------------------------------------------------------------

Tamiya 35181-A Ⅳ号戦車J型のスプロケットホイール
c0000507_2122423.jpg

c0000507_21225297.jpg

c0000507_2123388.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

----------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35209-A Ⅳ号戦車H型(初期型)のスプロケットホイール
c0000507_21231766.jpg

c0000507_21232732.jpg

c0000507_21234245.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

----------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35190-D M4シャーマンのスプロケットホイール
Tamiya 35190=M4シャーマン初期型、Tamiya 35250=M4A3 75mm、Tamiya 35251 M4A3 105mmに付属するDスプルーのスプロケットホイール。
c0000507_0452390.jpg

c0000507_045329.jpg

c0000507_045429.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

----------------------------------------------------------------------------------------


Tamiya 35200-A ヴェスペのスプロケットホイール
ヴェスペのホイールは、スプロケットのみに六角でナット・ボルトがモールドされており、
他の小さなナット・ボルトは丸の凸形状でまとめられています。

c0000507_0361140.jpg

c0000507_0361853.jpg
c0000507_0362578.jpg
c0000507_0363989.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。


------------------------------------------------------------
Tamiya 35208-A 90式戦車のホイール
90式戦車のホイールの六角ナット・ボルトの彫刻は、角がシャープでクールな印象。
ここぞという場所への移植用に最適です。
c0000507_1234988.jpg

c0000507_1235785.jpg

c0000507_12488.jpg
c0000507_1242014.jpg
c0000507_1243190.jpg
c0000507_1244129.jpg

c0000507_1245470.jpg
c0000507_125474.jpg
c0000507_1251485.jpg
c0000507_125266.jpg

c0000507_1253714.jpg

c0000507_1255055.jpg

c0000507_126511.jpg
c0000507_1261517.jpg

c0000507_126299.jpg

c0000507_1264299.jpg

c0000507_1265671.jpg

c0000507_1271222.jpg

------------------------------------------------------------
Tamiya 35224-A 新シュヴィムワーゲンのホイール
旧作が球形先端形状でナットを再現していたのに対し、Tamiya 35224では円柱でまとめられています。
c0000507_1233179.jpg

c0000507_1234470.jpg

c0000507_1235621.jpg

c0000507_124775.jpg

c0000507_1241829.jpg

c0000507_1242983.jpg

------------------------------------------------------------
Tamiya 35225-B シュタイヤーのホイール
このホイールのように六角ナットの角がきれいに出ていると、それを眺めるだけで嬉しくなるものです。
c0000507_20242298.jpg

c0000507_20243535.jpg
c0000507_20244477.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_20245467.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
-------------------------------------------------------------

Tamiya 35248-A マーダー系列のロードホイール、アイドラーホイール
ボルトに注目しつつMMシリーズの足回りを眺めた時に、最も心踊るのは、私見ではマーダー系列のAスプルーだと思います。
やや角は丸い印象ですけれども、小さいサイズのナット・ボルトが丸の凸形状で妥協されずに六角で彫刻されているロードホイールの表側、
そして更に一回り小さいアイドラーホイール表内側のナット・ボルトが二段の形状でなおかつ六角で彫刻され、
しかもロードホイールの裏側と同様に丸形状でまとめてしまっても良さそうだとも思われる、アイドラーホイールの裏側のナット・ボルトが、
二段の形状でかつ六角で彫刻されているという過剰性も相俟って、
これらの部分を眺めるだけで幸福感に浸れる一枚に仕上がっております。

c0000507_133350.jpg
c0000507_133827.jpg
c0000507_134543.jpg
c0000507_135194.jpg
c0000507_135884.jpg
↑ロードホイールの裏側は丸の凸形状。
c0000507_14472.jpg
c0000507_141131.jpg
c0000507_14189.jpg
c0000507_142413.jpg
c0000507_143357.jpg
c0000507_144052.jpg

c0000507_1252853.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_137439.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_1253599.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_1254389.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。

----------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35292-A 新Ⅱ号戦車のスプロケットホイール
スプロケットホイールのみナット・ボルトが六角で彫刻されており、他は丸の凸形状にまとめられています。
六角の彫刻の角の冴えがヴェスペに比べて劣る印象です。
c0000507_3435737.jpg
c0000507_344668.jpg
c0000507_3441329.jpg
↑新Ⅱ号戦車のスプロケットの六角ナットの角はシャープに出ていない印象。
c0000507_344221.jpg
↑同じⅡ号系列でも、ヴェスペのスプロケットホイールの六角ナットの角の方が冴えています。
なお、ヴェスペのスプロケットの歯数は25で、新Ⅱ号戦車のスプロケットの歯数は26です。
----------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35300-A&B 新マチルダのスプロケットホイール
スプロケットホイールのナット・ボルトのみ六角で彫刻されており、他は丸の凸形状にまとめられています。
c0000507_1443279.jpg

c0000507_1444284.jpg
c0000507_144502.jpg
c0000507_1445810.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。ナットの角がやや丸まり気味で、ボルトの末端にも丸みがあります。
c0000507_145669.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較
---------------------------------------------------------------------------------------
Tamiya 35323-A M51スーパーシャーマンのホイールとHVSSサスペンション
c0000507_1623183.jpg
c0000507_16232746.jpg
c0000507_16233771.jpg
c0000507_16234651.jpg
c0000507_16235592.jpg
c0000507_1624434.jpg
c0000507_16241351.jpg
c0000507_16242236.jpg
c0000507_16243241.jpg
c0000507_16243851.jpg
c0000507_16244452.jpg
c0000507_16245371.jpg
c0000507_1625413.jpg
c0000507_16251143.jpg
c0000507_16252046.jpg
c0000507_16252957.jpg
c0000507_1625392.jpg
c0000507_16254544.jpg
c0000507_16255695.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_1626536.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
c0000507_16261512.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
HVSSサスペンションの模型の多くが、この部分はマイナスネジモールドとなっている中、
Tamiya 35323-Aはラトゥルン戦車博物館展示のM51に見られるように*、六角ボルトとなっています。

==================================================
(註)
*例えば、
http://www.primeportal.net/tanks/anon_idf/m51_super_sherman/index.php?Page=4
の写真を参照
==================================================
c0000507_1626284.jpg
↑Wave OP-531の1.0mmとの比較。
by tokyomonogatari | 2011-11-21 23:16 | ◎ボルト・リベット・蝶ネジ | Comments(0)

押し付け法リベットからのプラスチック小球

パテを団子状にしたりすることなく、プラスチック材から任意の直径の球体を得るというのを試みてみましたが、
精度でボールペンやボールベアリングのボールに及ぶはずもなく、
二枚張り合わせるならば、市販のリベットを用いた方がよっぽど綺麗な球体になりそうです。
c0000507_11263877.jpg
↑木材ブロックに穴をあけ、プラ棒を熱したものを押し付けて、半球状のリベットを得る。
c0000507_11264583.jpg
↑これを削ぎ取って、貼り合わせて球にする。
c0000507_11265349.jpg
↑得られた球。
c0000507_1127032.jpg
↑使用例:レバーの頭。
c0000507_1127856.jpg
クリスマスブーツのポンポン。

※補遺
球体が得られるものとして、タミヤモデルマガジンでは、
浄水器の中身の、小さい丸い石、というのが紹介されていたこともありました。
そちらの方も、継ぎ目がないので良さそうです。
by tokyomonogatari | 2009-02-14 11:27 | ◎ボルト・リベット・蝶ネジ | Comments(0)

プラバンに点字を打つ

点字器と点筆で0.3mm厚プラスチック板に点字を打つ。
c0000507_22255789.jpg
↑点字器と点筆
c0000507_2226497.jpg
c0000507_22269100.jpg
c0000507_22263339.jpg
↑点筆の先端
c0000507_22263813.jpg
↑プラバンに打った点字
上から、
「アイウエオ」
「オメメ」
「モメン」
「モケイ」
c0000507_22264348.jpg
↑裏面
c0000507_22264895.jpg
↑点字のサイズは、直径1mm強。
ウェーブ社のリベットの最小のものと比較。
by tokyomonogatari | 2007-09-21 22:26 | ◎ボルト・リベット・蝶ネジ | Comments(2)

1/35 蝶ネジ

1/35 蝶ネジ

c0000507_1991977.jpg
↑Modelkasten 蝶ネジ
これを敢えて買わずに、ジャンクパーツから得られないものかと探す。
c0000507_1992376.jpg
↑Tamiya 35192-Y
米軍装備品スプルーのBAR二脚。間にブレスがある蝶ネジが得られる。
※タミヤ「米軍小火器セット」のBAR二脚には蝶ネジが付いていない。
c0000507_1992810.jpg
↑Dragon 6802
米軍小火器スプルーのBAR二脚。少々バリが生じているが、タミヤのものとは異なるブレスなしの蝶ネジが得られる。
c0000507_19525597.jpg
↑ドラゴン「連合軍小火器セット」BAR二脚・閉脚版。
c0000507_195303.jpg
↑ドラゴン同セット BAR二脚・開脚版。
※ドラゴンの「10周年記念米兵武器ランナー」のBAR二脚は、蝶ネジ部がファジー。
c0000507_1993240.jpg
↑ドラゴン ドイツ軍三脚パーツ。各脚から1つずつ蝶ネジが得られる。他のものと比較して少々大きめ。
by tokyomonogatari | 2006-08-01 19:21 | ◎ボルト・リベット・蝶ネジ | Comments(0)

丸棒リベット

 ビーディングツール=球ぐり工具・ナナコでリベットを作るのがどうにも面倒で、しかも効果においてそれほど「グッと来ない」ので、プラスチック丸棒を刻んでリベットを。
c0000507_1574212.jpg
↑小さい物から直径0.4ミリ、0.5ミリ、1.0ミリ丸棒の刻みリベット。
 確かに0,1ミリ差なはずの、0,4、0,5間の見た目のサイズ差が中々ある。
 勿論数本まとめて切るとすぐに大量に得られる。
 感覚で切るが、厚みがバラバラ。「グッド厚み」の物をチョイスして、流し込み接着剤で接着。
c0000507_157476.jpg
↑インターネット上のPAK36写真を参考に、これまでノータッチだった防盾裏面リベットを打つ。基本は0.4ミリ。
 このPAK36のみを扱った洋書もあるとのこと。
 また、台湾の本でしょうか、「抗戦時期陸軍武器装備」という中国国民党軍史料の好著もあるとのことで、そのなかに勿論PAK36もあるらしく、気になる本です。
by tokyomonogatari | 2005-12-20 15:07 | ◎ボルト・リベット・蝶ネジ | Comments(2)

リベット

御徒町の彫金工具店にて購入してから、試すだけで模型に活かしていなかったビーディングツールを実戦投入。
c0000507_22455772.jpg
↑ビーディングツール=球ぐり工具・ナナコ 先が細い物から0~22番と称される。
模型店で売っている「ビーディングツール」は9000円程するが、彫金工具点で手に入る同様の物は4000円以下。一本ずつのばら売りならば126円。絶対に彫金工具店で購入したほうがお得。
c0000507_2246521.jpg
↑0,5ミリプラバンを一部鉛筆で黒く塗る。塗らないと後々、どうも上下が混乱する。
球ぐり工具の内面にRが付いているが、抜けるリベットはそれから受けるイメージとは違って、下のほうに丸みが付くらしい。故に黒く塗ったほうが接着面。
c0000507_2246920.jpg
↑球ぐり工具・1番で抜いたリベット。下に引いているのは、ダイソーの印鑑マット。
c0000507_22461346.jpg
↑球ぐり工具・2番で抜いたリベット。
c0000507_22461995.jpg
↑ハンドルの中心に見られる、丸ポチを2番で抜いたリベットで実験的に表現してみたが、どうもアレです。面倒なのでこのサイズならばプラ棒の輪切りの方が賢い方法に感じます。「球面感」もそれほど感じず。
by tokyomonogatari | 2005-12-18 22:46 | ◎ボルト・リベット・蝶ネジ | Comments(2)

ビーディングツールで抜ける極小リベットの実際

ビーディングツールこと、彫金工具ナナコは、モデラーによってその存在をプラバンを相手にする軟弱な存在に貶められましたが、本来はなにやら「球ぐる」為の工具らしくて、その言葉の響きに痺れる。
c0000507_2114364.jpg
↑ナナコ23本セット(3591円)。
c0000507_2114745.jpg
↑彫金工具店にて箱入りで売っている。結構小さい。
c0000507_21141154.jpg
↑4番で0.5ミリプラバンを抜いた物、比較用にウェーブ社の別売りリベットの一番小さい奴を。

小さい順に番号が若いので、4番でこのサイズならば0-6番辺りを一本売りで購入して、それ以上のサイズのリベットは市販リベットから持ってきたほうが宜しいかもしれない。一本売りは彫金工具店で126円/本である。某模型店で一本400円で売っているらしいが、多分同じ物。

また、私の腕が悪いのか、中々綺麗な円に抜けない。0-22番の、23本セットで買うのは少々危険だと思われる。

ウェーブやコトブキヤのリベットは、枝を切り離す際に円形を損じてしまわないように注意するのが少々面倒で、かといって「地面からリベットが生えました」的にモールドされている「そぎ落としモノ」も高さをそろえるのがアレで、数も少ない。

M3スチュアート、M3リーのリベット、アレをリベット取りの観点で改めてみるとその質の高さに驚く。なるほど多くの人がアレをリベット取りの為だけにストックするというその気持が分かった次第。

さて、極小リベットの製作として最も簡易な物は、プラストラクトの直径0.3-0.6mmプラ棒を刻む方法でありましょう。
c0000507_083932.jpg
↑PAK35/36=ラ式37mm対戦車砲のリベット打ち直しの際にはプラ棒刻み法を使用しましたが、半球状じゃないとかそういうことが、もはやこの位のリベット・サイズでは意味をなさないかもしれません。
by tokyomonogatari | 2005-12-08 21:14 | ◎ボルト・リベット・蝶ネジ | Comments(0)