カテゴリ:Russia/Soviet( 110 )

1/35 ソヴィエト軍フィギュア記事索引

Tamiya

Tamiya 35066-A [KV-1のおっさん]
http://tokyostory.exblog.jp/18535174/

Tamiya 35093-D [SU-122のソヴィエト軍自走砲兵]
http://tokyostory.exblog.jp/17703099/

Tamiya 35207 [ソビエト歩兵進撃セット]
http://tokyostory.exblog.jp/17703611/

Tamiya 35214 [ソビエト戦車兵小休止セット]
http://tokyostory.exblog.jp/7956462/

Tamiya 35303-F&S [JSU-152のソヴィエト軍自走砲兵]
http://tokyostory.exblog.jp/17697106/

Tamiya 89779 [ソビエト現用歩兵アフガン戦争]
http://tokyostory.exblog.jp/11712232/

Dragon
Dragon 6019 [1945年ベルリンのソヴィエト軍歩兵]
http://tokyostory.exblog.jp/19635781/

ICM
ICM 35541 [1945年・5月・ベルリン]
http://tokyostory.exblog.jp/14588973/

Italeri
Italaerei 307 [ソヴィエト軍砲兵]
http://tokyostory.exblog.jp/17704518/

Zvezda
Zvezda 3579 [1941-1945年のソヴィエト軍コサック騎兵]
http://tokyostory.exblog.jp/12055631/

Zvezda 3618 [ソヴィエト軍衛生兵 1943-1945年]
http://tokyostory.exblog.jp/17557682/

Zvezda 3639 [ソヴィエト軍M-72サイドカーと兵士たち]
http://tokyostory.exblog.jp/17563051/

Zvezda 3643 [ソヴィエト軍偵察チーム 1943-1945年]
http://tokyostory.exblog.jp/17557557/

Miniart
Mini Art 35017 [砲身清掃をするソヴィエト軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/3201962/

Master Box
Master Box 3523 [1941-1942年、東部戦線のソヴィエト歩兵]
http://tokyostory.exblog.jp/11749692/

Trumpetter
Trumpeter 00413 [第二次大戦初期、休息中のソヴィエト軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/12510516/

Swash Design
Swash Design ST-3507 [ソヴィエト軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/26130739/


Alexander Miniatures
Alexander Miniatures 35006 [第二次大戦期のソヴィエト軍戦車部隊将校]
http://tokyostory.exblog.jp/10121829/

Tamiya 89767=ICM 48084 [1/48 ソヴィエト空軍パイロットと地上勤務員、或いは文学少女の不在]
http://tokyostory.exblog.jp/17703935/

ICM 48021 [1/48 ソヴィエト軍パイロットと地上勤務員 (1943-1945年)]
http://tokyostory.exblog.jp/10207603/

Tamiya 36314 [1/16 WWⅡロシア野戦指揮官]
http://tokyostory.exblog.jp/17360569/

eduard 6101 [1/16 ボリス・F・サフォノフ]
http://tokyostory.exblog.jp/10894284/

Kirin 21524 [1944年黒海のソヴィエト海軍兵士 (120mm)]
http://tokyostory.exblog.jp/15096799/
by tokyomonogatari | 2012-03-31 08:03 | Russia/Soviet | Comments(0)

Alexander Miniatures 35006 [第二次大戦期のソヴィエト軍戦車部隊将校]

Alexander Miniatures 35006, Red Army Tank Officer, WW2

Sculpted by N. Pizzichemi

c0000507_2226072.jpg
c0000507_22255441.jpg
c0000507_22254870.jpg
c0000507_22254249.jpg
c0000507_22253739.jpg
c0000507_22253288.jpg
c0000507_22252623.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-31 07:50 | Russia/Soviet | Comments(0)

Master Box 3523 [1941-1942年、東部戦線のソヴィエト歩兵]

Master Box 3523, Eastern Front Series Kit No.2 Soviet Infantry in Action, 1941-1942

c0000507_16571452.jpg


c0000507_0503282.jpg
c0000507_0502582.jpg
c0000507_05018100.jpg
c0000507_0501268.jpg
c0000507_050685.jpg
c0000507_050088.jpg
c0000507_0495420.jpg
c0000507_049471.jpg
c0000507_0493891.jpg
c0000507_0492966.jpg
c0000507_0492173.jpg
c0000507_0491577.jpg
c0000507_049720.jpg
c0000507_049115.jpg
c0000507_0485360.jpg
c0000507_0484557.jpg
c0000507_0483980.jpg
c0000507_0483286.jpg
c0000507_0482682.jpg
c0000507_0482062.jpg
c0000507_0481418.jpg
c0000507_048725.jpg
c0000507_048198.jpg
c0000507_0475615.jpg
c0000507_0475169.jpg
c0000507_0474557.jpg
c0000507_0473956.jpg
c0000507_0473385.jpg
c0000507_0472822.jpg
c0000507_0472297.jpg
c0000507_0471669.jpg
c0000507_047109.jpg
c0000507_047566.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-29 21:10 | Russia/Soviet | Comments(0)

ICM 48021 [1/48 ソヴィエト軍パイロットと地上勤務員 (1943-1945年)]

ICM 48021, Soviet Pilots and Ground Personnel (1943-1945)

ICM 48021は、一つを除いてMike Good氏が原型を製作したDragon 5532のヘッドをICM社がコピーしたものだと、
Mike Good氏本人が日本の模型雑誌*で指摘しています。

-------------------------------------------------------
*「マイク・グッドのアヴィエーション・フィギュア・テクニック(9)」 『スケールアヴィエーション』 Vol.13 (2000.5) P.112-113

c0000507_21363739.jpg
c0000507_21363120.jpg
c0000507_21362463.jpg
c0000507_21361712.jpg
c0000507_21361049.jpg
c0000507_2136363.jpg
c0000507_21355772.jpg
c0000507_21355021.jpg
c0000507_21354172.jpg
c0000507_21353550.jpg
c0000507_21352990.jpg
c0000507_21352292.jpg
c0000507_21351428.jpg
c0000507_2135991.jpg
c0000507_2135249.jpg
c0000507_21345473.jpg
c0000507_21344725.jpg
c0000507_2134405.jpg
c0000507_21343232.jpg
c0000507_2134248.jpg
c0000507_21341858.jpg
c0000507_21341151.jpg
c0000507_2134465.jpg
c0000507_21335529.jpg
c0000507_21334997.jpg
c0000507_21334293.jpg
c0000507_2133347.jpg
c0000507_21332816.jpg
c0000507_21332253.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-26 19:45 | Russia/Soviet | Comments(0)

Italaerei 307 [ソヴィエト軍砲兵]

Italaerei 307, Soviet Artillery

高校時代の放課後、人物画の課題に煮詰まり美術室を抜け出して、吹奏楽部のスズキ君から自転車の鍵を借り、
ひと駅向こうの模型店、ハッピーでこのフィギュアのZvezda社版パッケージを購入。
美術室に戻り、シュリンクをぱりぱりと剥いであの頃のZvezda社特有の粗末な、藁半紙の厚みを増したようなゴワゴワした紙*に、
赤色ばかりが強めに印刷出力されていたパッケージのフタを開け、
スズキ君とともに、女性兵士の造形になるほどやはりそうか、とガックリうなだれたのも、今になっては良き思ひ出です。

------------------------------------------------------
(註)
*ここ10年ほどで、Zvezda社はその中身のみならず、パッケージのデザインとその紙質も際立って進化した。
------------------------------------------------------

先日、ルネサンス期のイタリアの天才の名を冠した模型店にて、Italaerei版パッケージのものを見つけて購入。
高校時代はガックリしたものですけれども、ソヴィエト軍女性兵士の造形を今改めて見てみると、とても素直な造形で、
寧ろ、シンプルで素敵だと思えるようになりました。

なお、このフィギュアは、Italeri 349にも同梱されています。

c0000507_1365076.jpg
c0000507_1364594.jpg
c0000507_136413.jpg
↑樹脂の入口付近で、柔らかいうちにふたつに折られており、まずはこれを切断して開かねばならない。
c0000507_1363766.jpg
↑ヘタの部分を切断。
c0000507_1363298.jpg
c0000507_1362786.jpg
c0000507_1362292.jpg
c0000507_1361792.jpg



-----------------------------------------------------------

ソヴィエト軍女性兵士

どうも私が購入したものは、鼻の先端がショートしている成型不良の一枚のようです。

c0000507_1361394.jpg
c0000507_136940.jpg
c0000507_136561.jpg
c0000507_136083.jpg
c0000507_1355641.jpg
c0000507_1355332.jpg
c0000507_1354041.jpg
c0000507_1353364.jpg



-------------------------------------------------------------


c0000507_1352979.jpg
c0000507_1352435.jpg
c0000507_1351815.jpg
c0000507_1351480.jpg
c0000507_135891.jpg
c0000507_135454.jpg
c0000507_1345949.jpg
c0000507_1345570.jpg
c0000507_1345153.jpg
c0000507_1344653.jpg
c0000507_1344185.jpg
c0000507_1343629.jpg
c0000507_1343237.jpg
c0000507_1342744.jpg
c0000507_1342231.jpg
c0000507_134182.jpg
c0000507_1341499.jpg
c0000507_1341025.jpg
c0000507_134640.jpg
c0000507_13412.jpg
c0000507_1335791.jpg
c0000507_1335349.jpg
c0000507_1334824.jpg
c0000507_133441.jpg
c0000507_1334015.jpg
c0000507_133364.jpg
c0000507_1333110.jpg
c0000507_1332611.jpg
c0000507_1332143.jpg
c0000507_1331746.jpg
c0000507_1331296.jpg
c0000507_133943.jpg
c0000507_133481.jpg
c0000507_1325918.jpg
c0000507_1325595.jpg
c0000507_132519.jpg
c0000507_1324736.jpg
c0000507_1324369.jpg
c0000507_1323952.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 13:07 | Russia/Soviet | Comments(0)

Tamiya 89767=ICM 48084 [1/48 ソヴィエト空軍パイロットと地上勤務員、或いは文学少女の不在]

インジェクションミリタリーフィギュア史を振り返れば、そこに"文学少女"は不在である。
"文学少女"が読む"テクスト"を、地図にまで敢えて拡大してみてもなお不在である。

1/35インジェクションミリタリーフィギュアにおける女性兵士、及び民間人女性には、過去読書のポオズが与えられた事もなければ、書籍が与えられた事もない。
彼女らが過去手にしたものと言えば、自らが身に付けた帽子やバッグ、マグカップ、ポット、解放軍に対して打ち振られたハンカチーフ、旗、ぬいぐるみ、
ザル、自転車、荷物、荷車、スコップ、グレートデンの首輪、そして男性の身体*である。

1/48の領域にまで目を転じれば、書類ケースを持つイギリス空軍女性=ICM 48081と、書類そのものを持つソヴィエト空軍女性兵士=ICM 48084が存在する。
後者は、"文学少女"そのものではないにせよ、インジェクションミリタリーフィギュア史において最も"文学少女"に近づいた存在、と言えよう。

----------------------------------------------------
(註)
*男性の身体に触れたミリタリーインジェクションフィギュアは、EsciのパルチザンZvezda 3618のソヴィエト軍女性衛生兵が存在する。
なお、女性看護師/衛生兵のフィギュログラフィーについては2012.3.12記事で既に示した。
----------------------------------------------------

ICM 48084をTamiya 32542と同梱したのが、Tamiya 89767である。
ICM 48084の箱絵での描かれ方に比して、Tamiya 89767の箱絵では女性兵士の持つ書類が拡がらずによりまとまった形で描かれており、
背表紙も角ばっていて、体裁的には書籍により近い。すなわち、"文学少女"度はTamiya 89767の方が高いのである。

c0000507_10482647.jpg
c0000507_10482236.jpg
↑"文学少女"に漸近すれどもやはり"文学少女"そのものではない。

c0000507_10481738.jpg
c0000507_10481365.jpg
c0000507_1048770.jpg
c0000507_1048226.jpg
c0000507_10475866.jpg
c0000507_10475353.jpg
c0000507_10474955.jpg
c0000507_10473747.jpg
c0000507_10473343.jpg
c0000507_10472939.jpg
c0000507_10472419.jpg
c0000507_10472072.jpg
c0000507_10471643.jpg
c0000507_10471251.jpg
c0000507_1047795.jpg
c0000507_1047365.jpg
c0000507_10465986.jpg
c0000507_104655100.jpg
c0000507_10464949.jpg
c0000507_10464474.jpg
c0000507_10464070.jpg
c0000507_10463665.jpg
c0000507_10463298.jpg
c0000507_10462661.jpg
c0000507_1046075.jpg
c0000507_10454532.jpg
c0000507_10453975.jpg
c0000507_10453394.jpg
c0000507_10452857.jpg
c0000507_10452483.jpg
c0000507_10452073.jpg
c0000507_10451650.jpg
c0000507_10451168.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 10:51 | Russia/Soviet | Comments(0)

Tamiya 35207 [ソビエト歩兵進撃セット]

1/35インジェクションプラスチック製のミリタリーフィギュアにおける"チーム男子萌え"は、Tamiya社においてはその箱の縦長性によって、
そしてDragon社においてはその箱の厚みによって担保される、というのは過去記事(2011.7.24)で既に指摘したが、そんなことはどうでもよい。

中学・高校の最寄駅からの通学路にかつて存在したサンコー模型*、あれは秋の夕暮れ。
小学校高学年らしき男子三人組が、どれを購入するか迷った挙句、これを分け合って作ろうという結論に至り、
それをタミヤエナメルのフラットフレッシュとカーキと併せて購入していたその素敵な光景を、

メタル破甲爆雷の特典付きのFine Molds社の帝国陸軍戦車兵を買うか買わぬか迷いつつ、
傍で見ていてほっこりしていたのが高校時代の私である。

それから10年近く経過してもなお、Tamiya 35207といえば私にとってはサンコー模型の秋の日であって、
模型店でTamiya 35207を見るたびに、あの日から過ぎた年月を指折り数え、歳をとったものだとしみじみ思うのである。

----------------------------------------------
(註)
*千葉県習志野市に存在していた模型店。
ショーケースにKV-2のヴィネットが展示されており、レジ近くの壁面に、タミヤのイギリス歩兵巡回セットのNEWポスターが掲示されていたのが懐かしい。
私が高校生の時、今から10年ほど前に惜しまれつつ閉店。
-----------------------------------------------

Tamiya 35207の中でもとりわけ、cはその躍動感のあるボディが秀逸です。

c0000507_422213.jpg
c0000507_4215587.jpg
c0000507_421492.jpg
c0000507_4214359.jpg
c0000507_4213777.jpg
c0000507_4213158.jpg


---------------------------------------

"Hornetize" Ver.

c0000507_4454133.jpg



----------------------------------------


Tamiya 35207, Russian Army Assault Infantry

このフィギュアキットで興味深いのは、12人のソヴィエト兵にそれぞれアルファベットが振られた際に、
小文字だと"l"が"i"と似ているためか、a ,b, c, d, e, f, g, h ,i, j, k, m
と、"l"が抜かれている点である。

c0000507_9332477.jpg
c0000507_933176.jpg
c0000507_9331263.jpg
c0000507_933518.jpg
c0000507_9325942.jpg
c0000507_9325353.jpg
c0000507_9324740.jpg
c0000507_9324223.jpg
c0000507_9323634.jpg
c0000507_932297.jpg
c0000507_9322414.jpg
c0000507_9321553.jpg
c0000507_9321091.jpg
c0000507_932566.jpg
c0000507_932079.jpg
c0000507_9315181.jpg
c0000507_9314618.jpg
c0000507_9314253.jpg
c0000507_9313836.jpg
c0000507_9313469.jpg
c0000507_9312988.jpg
c0000507_9312482.jpg
c0000507_9312096.jpg
c0000507_9311654.jpg
c0000507_9311236.jpg
c0000507_931838.jpg
c0000507_931465.jpg
c0000507_931048.jpg
c0000507_9305618.jpg
c0000507_930521.jpg
c0000507_9304727.jpg
c0000507_9304220.jpg
c0000507_9303885.jpg
c0000507_9303372.jpg
c0000507_9302980.jpg
c0000507_9302582.jpg
c0000507_9302127.jpg
c0000507_9301741.jpg
c0000507_9301318.jpg
c0000507_930913.jpg
c0000507_930444.jpg
c0000507_9295963.jpg
c0000507_9295572.jpg
c0000507_9295040.jpg
c0000507_9294693.jpg
c0000507_9294162.jpg
c0000507_9293643.jpg
c0000507_9293187.jpg
c0000507_929272.jpg
c0000507_9291694.jpg
c0000507_929111.jpg
c0000507_929316.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 09:34 | Russia/Soviet | Comments(0)

Tamiya 35093-D [SU-122のソヴィエト軍自走砲兵]

35093-Dは、三色存在する。
(1)リリース当初の成形色、ブラックグリーン
(2)2003年スポット再販時のグレー成形
(3)2009年12月のスポット再販以降の明るめのグリーン
である。

過去に成形色の変化を経験したキットの場合、どの成型色で来るかは、
カスタマーサービスを利用してパーツを注文する際の愉しみのひとつである。
2011年11月に、35049-Dと、35093-Dを同時に注文したところ、
前者は明るめのグリーン、後者はブラックグリーンのものが届いた。

前者については2011.12.7記事を参照。

本記事では後者を示す。MADE IN JAPANの彫刻が残っている点に注目である。

c0000507_5192838.jpg
c0000507_5192185.jpg
c0000507_5191297.jpg
c0000507_519620.jpg
c0000507_51925.jpg
c0000507_51857100.jpg
c0000507_5184841.jpg
c0000507_5184253.jpg
c0000507_5183682.jpg
c0000507_5183132.jpg
c0000507_518232.jpg
c0000507_5181414.jpg
c0000507_518984.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 05:20 | Russia/Soviet | Comments(0)

Tamiya 35303-F&S [JSU-152のソヴィエト軍自走砲兵]

MMシリーズにおける第二次大戦期のソヴィエト軍戦車兵/自走砲兵の砲塔/天板/車輌上のポオズを振り返っておくと、
35049-Dの戦車長には砲塔ハッチの陰から左に身を出しつつ、その右手でハッチのフチを掴むか信号旗を持つかの腕パーツの選択の余地が与えられ、
35059-Dのふたりにはまたハッチのフチを掴む手付きが与えられつつも、そのうちひとりには信号銃を放つ右腕と選択が可能であったりと、
初期には"右腕オルタナティヴ性"が明らかに存在していたのです。

その傾向をあっさりと打ち消すように35063-A、35066、通称"ギガントのおっさん"には左手にヨッシャヨッシャのガッツポオズの握りこぶしのみがが与えられ、
モノを掴むのではなく、意志の確かさを手の内に秘めるポオズに一時的に振れながらにして、
35072-Dでは再度右手はモノ=ソヴィエト軍戦車帽を握り、35093-Dではハッチに手を添えるやわらかな手つきが与えられてもなお、
35142では再度"ギガントのおっさん"が現れてその手は硬く握られ、35211-Cではハッチのフチを掴む手付きに回帰。

そして、現状でも唯一のソヴィエト軍戦車兵のフィギュアセットである35214では、ハッチ開口部に納めることが前提なのであろう箱絵上列左側のふたりに、
「開かれた右手」と「閉じられた左手」という、過去のソヴィエト軍戦車兵の手付きのふたつのあり方の再提示が含意されているように見え、
35289-Cではハッチにかけられた手と緩やかにキューポラのふちに乗せられた手と、どちらかと言えば柔らかな初期的手付きが与えられた上で、
35303-F&Sでは35049-D的な身振り=ハッチの横から身を乗り出して前を見る身振りが、しかも半身像というあり方で再帰的に立ち現われたのでした。

さて、"ギガントのおっさん"は必ずしもその身体をキューポラに収めなければならないというわけではなく、
車輌の外部、或いは地面の上も立ち位置として選び得る存在であり、舞台の選択可能性が残されていたのですけれど、
ここまで振り返ってきて、第二次大戦期のソヴィエト軍戦闘車輛クルーのMMシリーズ最新作にして異端なのが35309-Zである、ということは指摘するまでもないことです。

地図を広げた会議はBT-7の砲塔上や車輌上を舞台とすることを否定する身振りであることは明白で、
つまり再度ソヴィエト軍戦車兵フィギュア史を振り返りますと、半身像化=車輌内部に最低限身体の一部を収めねばならない"檻"から、"ギガントのおっさん"で半軟禁状態の解放を経て、再度"半身像のシステムの檻"に身体を車輌に拘束されたり解放されたり、
全身像ながら手付きが車輌、とりわけソヴィエト軍車輌クルーにおいてはハッチを渇望、つまりは自ら望む身振りで車輌の頸木に囚われたりしながら、
35309-Zは完全に車輌からの身体の解放に至ったのでした。
そして見落としてはならないのは、彼らが抑圧的な被服の象徴=詰襟をまとわず、開放的な折襟服を着ていたことでございましょう。

----------------------------------------------------

"半身像の檻"問題=車輌の内部に身体を拘束されるフィギュア・システムの暴力問題については、
もう少し書きたいところなのですけれども、模型を作る上ではそれを思考することは全く意味を持ち得ないことが恐ろしいほどに明白です。

35303-F&Sを眺めておきましょう。






c0000507_1432432.jpg
c0000507_1431952.jpg
c0000507_1431453.jpg
c0000507_143946.jpg
c0000507_143478.jpg
c0000507_143085.jpg
c0000507_1425651.jpg
c0000507_1425196.jpg
c0000507_1424729.jpg
c0000507_1424254.jpg
c0000507_1423892.jpg
c0000507_1423432.jpg
c0000507_1423042.jpg
c0000507_1422584.jpg
c0000507_1422053.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-21 01:44 | Russia/Soviet | Comments(0)

Mini Art 35017 [砲身清掃をするソヴィエト軍戦車兵]

Mini Art 35017, Soviet Tank Crew at Work
c0000507_237116.jpg
c0000507_2365457.jpg
c0000507_2364791.jpg
c0000507_2364079.jpg
c0000507_2363426.jpg
c0000507_2362734.jpg
c0000507_2362054.jpg
c0000507_2361232.jpg
c0000507_236414.jpg
c0000507_23557100.jpg
c0000507_2354989.jpg
c0000507_2354172.jpg
c0000507_2353117.jpg
c0000507_2352748.jpg
c0000507_2352297.jpg
c0000507_2351664.jpg
c0000507_2351111.jpg
c0000507_235611.jpg
c0000507_235242.jpg
c0000507_2345790.jpg
c0000507_2345339.jpg
c0000507_2344972.jpg
c0000507_2343866.jpg
c0000507_2343314.jpg
c0000507_2342887.jpg
c0000507_2342383.jpg
c0000507_2341914.jpg
c0000507_2341439.jpg
c0000507_234934.jpg
c0000507_234379.jpg
c0000507_2335932.jpg
c0000507_2335560.jpg
c0000507_2335168.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-20 23:07 | Russia/Soviet | Comments(0)