カテゴリ:U.S.A.( 216 )

Tamiya 35230-A&R [ドラゴンワゴンの座るアメリカ兵、或いはMM30年目にしての読書解放]

MMシリーズ30年目の1998年は、1/35MM世界の住人たちにとっては読書解放年であった。

タミヤ社の1/35フィギュアで、逐次刊行物=雑誌を読むポオズが現状唯一与えられているのが、
35230-A&R*の、Aの枠内で8,9,11,15のパーツに分割された、座るアメリカ兵である。

c0000507_1281572.jpg
↑8
c0000507_1282485.jpg
↑15
c0000507_1283280.jpg
↑9,11

このフィギュアは過去三度登場しており、
1998年12月リリースの35230-A&Rを初出とし、
2000年7月リリースの35244-A
2010年12月リリースの35312-A
と、その容貌を変えてアメリカ軍車輌のフィギュアとして与えられてきた。

c0000507_8365026.jpg
↑Tamiya 35230-A&R

c0000507_8364585.jpg
Tamiya 35244-A

c0000507_836404.jpg
Tamiya 35312-A



-----------------------------------------------

読む行為が描写されたフィギュアが、三度繰り返してキットに含まれている、というのは異例である。
また、35312-Aに至っては、雑誌を持つ腕は不要部品として説明書に書かれていながら、
同パーツで行われた"摘み取り"の対象となっておらず、読書行為がフィギュアに与え得る選択肢として残されていたのが感動的であった。

ここで第二次大戦期アメリカにおける読書、について少し確認しておくと、
The Victory Books Campaignや、Armed Service Editionの刊行など、
戦場における読書行為が見直された時代であったとも言え、
MMシリーズで読書するアメリカ兵が三度も重ねて描かれているのは、その時代の空気にも相応しい身振りと言えよう。

三度、雑誌を読むポオズを与えられていながら、Tamiya社が彼らに雑誌を実際に供給したのは、
35230と35244のみであり、35312では雑誌が説明書に印刷される事が無かった。

しかし、これは嘆くに値する事ではなく、元来35230と35244の説明書で印刷されている雑誌、
アメリカ軍刊行の週刊雑誌"YANK"は、実物とは異なり、モノクロ印刷にとどまっている*。
実物の"YANK"誌は、同時代のグラフ雑誌に広く見受けられるスタイル、モノクロ写真に赤印刷題字白抜きであって、
つまりはTamiya社の1/35"YANK"誌では赤色が不在である以上、結局は自作するのが最善なのである。

-----------------------------------
(註)
*なお、表紙のチュニジア戦線でアメリカ軍に捕獲されたタイガーⅠの写真から、
Tamiya社によってミニチュア化されたのはYANK誌の1944年1月21日号であることが判る。
-----------------------------------

ありがたいことに、"YANK"誌の表紙画像はweb上で拾う事が容易である。
問題は裏表紙と中の記事画像を見かけることが稀有であること、なのであるが、
拘らないならば適当な画像を繋げて作ればよいし、
拘るならば、実物を手に入れて縮小するのがベストな方法である。

実物を手に入れるまでの情熱は抱けないが、表紙と裏表紙、そして中身記事の対応が完全な、
第二次大戦期の雑誌を作りたいならば、"LIFE"誌を製作の対象にすれば良い。
"LIFE"誌はかつては表紙画像のみ、出版社HPで公開されていたのであるが、
今日ではグーグルブックスのアーカイヴで創刊号から全記事が閲覧可能、
という驚異的な状況が、逐次刊行物研究者のみならず、模型製作者の前にも開かれている。

実物の"YANK"及び"LIFE"のディテールと、1/35ミニチュア化の方法については、tokyomonogatari,2012.3.14で既に示した。

Tamiya 35230-A&Rに、1/35縮小した"YANK"誌を持たせる。
ヘッドはTamiya 35228-35234-Bを移植した。

c0000507_258689.jpg
c0000507_2575860.jpg
c0000507_2574411.jpg


c0000507_23135141.jpg
c0000507_2313438.jpg
c0000507_23133724.jpg
c0000507_23133211.jpg
c0000507_23132612.jpg




-----------------------------------------------


M8グレイハウンドの砲塔で雑誌を読むアメリカ兵。
c0000507_2220362.jpg
c0000507_22195578.jpg
c0000507_22194886.jpg
c0000507_22194248.jpg


------------------------------------------------



腕を組んで座るポオズも貴重である。
ヘッドはTamiya 35190-Fを用いた。

c0000507_23174869.jpg
c0000507_23174256.jpg
c0000507_23173759.jpg
c0000507_23173184.jpg
c0000507_23172628.jpg




-------------------------------------------------------------------------------
(アメリカ兵と読書を巡る教養)
以下のwebページ、論文、文献は必読。

第二次大戦期の「軍隊版」
wikipedia: "Armed Services Edition"

渡辺洋一先生の論文
・「アメリカ「軍隊版」ペーパーバックと1940年代のアメリカ国民の読書嗜好」『文化論集第19号』(早稲田商学同攻会、2001.11)
(http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/6056/1/19_P1-34.pdf)

書籍としては、渡辺洋一先生が翻訳された
・ピート スフリューデルス 『ペーパーバック大全 USA 1939‐1959』(晶文社、1992)

「軍隊版」の表紙が幾つか掲載されたカラー図版を含む書籍としては、
・「名作ぞろいの軍隊文庫」 『一億人の昭和史 日本占領 2 動き出した占領政策』(毎日新聞社、1980) P.16-17

第二次大戦期のアメリカ軍、イギリス軍、ドイツ軍の読書を横断的に語った文献として、
・「第16章 ペーパーバックで名作を――戦時の読書」 『誰にも書けなかった戦争の現実』 P.353-386
(草思社、1997)

・第二次大戦期に撮影、公開された総天然色映画の中で、逐次刊行物=雑誌を読むアメリカ兵(を演ずるアメリカ人)が記録されているもので、
なおかつ現在パブリックドメイン映画DVDとして、安価に手に入れる事が可能なタイトルとしては、
「錨を上げて」Anchors Aweigh(1945)がある。
ジーン・ケリーがホセ・イトゥルビの事務所で読んでいるのは、月刊誌Esquireである。

・その他、アメリカ軍兵士が読んでいた出版物については、
Henri-Paul Enjames, "Army Service Forces Catalog, Government Issue Collector's Guide Vol.1", P.236-241 "17-ARMY PUBLICATIONS" を参照。
例えば、当時の写真で良く見受けられるイタリア語、フランス語、ドイツ語の会話手帳はP.236に掲載されている。
-----------------------------------------------------------------------------

Tamiya 35230-A&Rは、一枚504円。



c0000507_124297.jpg
c0000507_1241120.jpg
c0000507_1241965.jpg
c0000507_1243082.jpg
c0000507_1243888.jpg
c0000507_1244751.jpg
c0000507_12455100.jpg
c0000507_125440.jpg
c0000507_1251378.jpg
c0000507_1252211.jpg
c0000507_1253213.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-31 12:05 | U.S.A. | Comments(0)

Master Box 3589 [第二次大戦期のアメリカ海兵隊兵士]

Master Box 3589, U.S. Marines in Jungle, WWⅡ era

アメリカ海兵隊兵士の四人全てに歩くポオズが与えられているなんて、買い以外の何物でもありません。

c0000507_2141644.jpg
c0000507_2141166.jpg
c0000507_21405629.jpg
c0000507_21405220.jpg
c0000507_21404824.jpg
c0000507_21404277.jpg
c0000507_21403834.jpg
c0000507_2140351.jpg
c0000507_21403193.jpg
c0000507_21402712.jpg
c0000507_21402385.jpg
c0000507_21401995.jpg
c0000507_21401583.jpg
c0000507_21401193.jpg
c0000507_2140734.jpg
c0000507_2140363.jpg
c0000507_21395958.jpg
c0000507_2139559.jpg
c0000507_21395144.jpg
c0000507_21394656.jpg
c0000507_21394242.jpg
c0000507_21393714.jpg
c0000507_21393389.jpg
c0000507_21392789.jpg
c0000507_21392387.jpg
c0000507_21391997.jpg
c0000507_2139133.jpg
c0000507_2139890.jpg
c0000507_2139445.jpg
c0000507_21385991.jpg
c0000507_21385595.jpg
c0000507_21385177.jpg
c0000507_2138479.jpg
c0000507_21384379.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-31 12:00 | U.S.A. | Comments(0)

Tamiya 35013 [アメリカ歩兵セット]

Tamiya 35013, U.S. Army Infantry

頭部からヘルメットが独立したパーツで与えられたMM史上初のアメリカ兵が、Tamiya 35013です。

35013の四人のうちふたりは、後に35055-Zで再登場しています。

c0000507_22205379.jpg
c0000507_22204832.jpg
c0000507_22204436.jpg
c0000507_22203917.jpg
c0000507_22203546.jpg
c0000507_22203116.jpg
c0000507_22202681.jpg
c0000507_22202285.jpg
c0000507_22201516.jpg
c0000507_22201176.jpg
c0000507_2220786.jpg
c0000507_2220267.jpg
c0000507_22195868.jpg
c0000507_2219546.jpg
c0000507_22195054.jpg
c0000507_22194699.jpg
c0000507_22194226.jpg
c0000507_22193764.jpg
c0000507_22193349.jpg
c0000507_22193072.jpg
c0000507_22192535.jpg
c0000507_22192022.jpg
c0000507_22191614.jpg
c0000507_22191255.jpg
c0000507_2219746.jpg
c0000507_2219212.jpg
c0000507_22185634.jpg
c0000507_22184539.jpg
c0000507_22184027.jpg
c0000507_22183521.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-31 06:00 | U.S.A. | Comments(0)

Master Box 3578 [1944年、アメリカ軍空挺師団兵士とフランスの市民]

Master Box 3578, France, 1944

c0000507_195855.jpg
c0000507_195142.jpg
c0000507_1945435.jpg
c0000507_1944720.jpg
c0000507_1943755.jpg
c0000507_1942282.jpg
c0000507_1941611.jpg
c0000507_194951.jpg
c0000507_194068.jpg
c0000507_1935381.jpg
c0000507_1934624.jpg
c0000507_193398.jpg
c0000507_1932737.jpg
c0000507_193213.jpg
c0000507_1931447.jpg
c0000507_193721.jpg
c0000507_19309.jpg
c0000507_192525.jpg
c0000507_192426.jpg
c0000507_1923480.jpg
c0000507_192194.jpg
c0000507_192773.jpg
c0000507_192035.jpg
c0000507_1915090.jpg
c0000507_1914214.jpg
c0000507_1913462.jpg
c0000507_1912566.jpg
c0000507_1911791.jpg
c0000507_1911141.jpg
c0000507_191454.jpg
c0000507_1905677.jpg
c0000507_190463.jpg
c0000507_1903991.jpg
c0000507_1903285.jpg
c0000507_1901722.jpg
c0000507_1859584.jpg
c0000507_18595053.jpg
c0000507_18594062.jpg
c0000507_18592653.jpg
c0000507_1859181.jpg
c0000507_18591057.jpg

c0000507_18585140.jpg
c0000507_1858446.jpg
c0000507_18583774.jpg
c0000507_18582831.jpg
c0000507_1858197.jpg
c0000507_18581110.jpg
c0000507_18575710.jpg
c0000507_18574381.jpg
c0000507_18563930.jpg
c0000507_18563062.jpg
c0000507_18562191.jpg
c0000507_18561176.jpg


c0000507_1854582.jpg
c0000507_18535829.jpg
c0000507_18534936.jpg
c0000507_185343100.jpg
c0000507_18533658.jpg
c0000507_18533164.jpg
c0000507_18532482.jpg
c0000507_18531893.jpg
c0000507_1853910.jpg
c0000507_1853346.jpg
c0000507_18525841.jpg
c0000507_1852532.jpg
c0000507_18524830.jpg
c0000507_18524374.jpg
c0000507_18523921.jpg
c0000507_18523482.jpg
c0000507_1852298.jpg
c0000507_18522416.jpg
c0000507_18521937.jpg
c0000507_18521473.jpg
c0000507_1851373.jpg
c0000507_1850594.jpg
c0000507_18505428.jpg
c0000507_18504122.jpg
c0000507_18503659.jpg
c0000507_18503119.jpg
c0000507_18502564.jpg
c0000507_18501949.jpg
c0000507_18501448.jpg
c0000507_1850696.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-30 23:23 | U.S.A. | Comments(0)

Master Box 3514 [リア充的な、あまりにリア充的な]

Master Box 3514, Europe, 1945

インジェクションミリタリーフィギュア史上、最もリア充*感に満ちている人々は誰か、
と問われれば、Master Box 3514の男女だと即答したい。

彼女/彼らはリリース当初はグレー成型でしたけれど、後にダークイエロー成型に改められており、
パーツ状態で見た時のリア充感が更にプラスされた感があります。

-----------------------------------
(註)
*ヘテロ的文脈で、という前提を無批判に設定している点には一応留意。
ホモ的文脈で捉えなおすと、最高にリア充な人々は、Master Box 3592かもしれない。
------------------------------------

c0000507_4362537.jpg
c0000507_4361668.jpg
c0000507_436947.jpg
c0000507_436274.jpg
c0000507_435547.jpg
c0000507_4354470.jpg
c0000507_4353739.jpg
c0000507_4353019.jpg
c0000507_4351913.jpg
c0000507_4351210.jpg
c0000507_435653.jpg
c0000507_4345933.jpg
c0000507_4345296.jpg
c0000507_434462.jpg
c0000507_434403.jpg
c0000507_4343379.jpg
c0000507_4342724.jpg
c0000507_4342138.jpg
c0000507_4341340.jpg
c0000507_434696.jpg
c0000507_434045.jpg
c0000507_4335589.jpg
c0000507_4334964.jpg
c0000507_4334397.jpg
c0000507_4333693.jpg
c0000507_4332836.jpg
c0000507_4332076.jpg
c0000507_4331471.jpg
c0000507_433974.jpg


c0000507_0264672.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-30 22:07 | U.S.A. | Comments(0)

Tamiya 35312-A [M8自走榴弾砲の座るアメリカ軍戦車兵]

35230=35244=35312-Aの腕組みしたアメリカ軍兵士座像を立像に小改造する。
c0000507_15474338.jpg
↑左の彼は35230=35244=35312-Aの上半身に、35228=35234-B下半身を移植し、ヘッドは35244-S。
右の彼は35230=35244=35312-Aのボディに、ヘッドは35190-F。
c0000507_15475313.jpg
↑右の彼は35250=35251=35254=35319-Xの上半身に、35228=35234-B下半身を移植。
c0000507_15482968.jpg
c0000507_15482374.jpg
c0000507_15481843.jpg
c0000507_15481115.jpg
c0000507_1548717.jpg
c0000507_1548255.jpg


--------------------------------------
MMシリーズ44年の歴史の中で、1/35兵士にこれまで与えられてきた身振りで、私にとって最も感動的であったのは、
Tamiya 35230-A&Rを初出とする「雑誌を読むアメリカ兵」である。
35244ではAで独立し、35312ではAの"パーツが摘み取られた"興味深い形で登場した。

35312-Aが"摘み取られた"理由を考察するに、M8自走榴弾砲の車輌それ自体のAも35312では存在しており、
それとの混乱を避けるためであろう、と推測することは容易である*。

しかし、何にも増して感動的なのは、"摘み取られている"こと、ではなく、
説明書ではそのポオズで組み得る事が指摘されていない状況にあってもなお、「雑誌を読む腕」が"摘み取られる"対象から排除されていたことなのである。

MMフィギュアにおける稀有な身振りとしては、ドイツ将校の歩きポオズが挙げられる事は既に過去記事**で指摘したが、
それと同等に稀有な身振りが、地図でない、テクストそれ自体を読む身振りである。

ここで私たちが注意しなければならないのは、ミリタリーフィギュアが行うポオズは現在に、或いは未来にヴェクタが向いている行為が多い、という事である。
これから進軍するであろう方向を人差し指で示し、地図で確認し、双眼鏡で前方を眺める彼らにあっては、
それが積極的な進軍であろうが、或いは後退であろうが、少なくとも彼らが今思いを巡らすのは過去ではない。

活字にせよ、肉筆の故郷からの手紙を対象にするにせよ、読む行為は、過去を確認することに他ならない***。
ミリタリーミニチュアにおける人々は、過去の人々でありながら、過去を生きる事は稀なのである****。

そのような状況において、「雑誌を読む腕」が35312-Aの"摘み取り"において残されていること*****、それ以上に感動的なのはここ数年のMMシーンにおいて存在しないと見て良かろう。

--------------------------------------------
(註)
*フィギュアにはZが振られる事が多いが、これは、車輌のパーツに将来何らかのバリエーション展開がなされた時に、
新規パーツに振られるであろうアルファベットとのバッティングを避けるためであると推断される。
フィギュアパーツにZが振られ、小火器パーツにYが振られているのは、つまりは車輌はAからアプローチし、
フィギュアはZからアプローチすることによって、符号が出会うのを先送り回避しているのであろう。
さて、35312の場合、M8自走榴弾砲のAパーツと、元来ドラゴンワゴン/M26装甲戦車回収車のAパーツとで、バッティングしてしまったという興味深い事例なのであるが、
無論、これは35244-Sをフィギュアとして与えれば容易に避けられたことであり、"摘み取り"を行ってまでも35244-Aが選択されたのはどのような判断であったのかは興味深い。
**2011.7.10記事参照。
***仮に未来を描いたSFモノを読んでいたとしても、それが編まれたのは過去である。
****文学少女の不在については、2012.3.22記事で既に指摘した。
*****しかしながら、Tamiya 35230及び35244の説明書に印刷されているYANK誌のペーパークラフトは35312には無い。
---------------------------------------------

c0000507_8365026.jpg
Tamiya 35230-A&R

c0000507_8364585.jpg
Tamiya 35244-A

c0000507_836404.jpg
↑Tamiya 35312-A


c0000507_836359.jpg
c0000507_8363029.jpg
c0000507_8362638.jpg
c0000507_8362037.jpg
c0000507_8361671.jpg
c0000507_8361279.jpg
c0000507_836813.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-23 09:51 | U.S.A. | Comments(0)

Tamiya 35110=35312-C [M8自走榴弾砲のアメリカ軍戦車兵]

平田英明氏がトランペットを持ったタモリ氏に改造していたのが印象的な、「ジャンパースタイルのイキな」*M8自走榴弾砲のアメリカ軍戦車兵立像。

-------------------------------------
(註)
*『タミヤニュース』(1979.4臨時増刊号)(Vol.82) P.19
--------------------------------------

c0000507_948386.jpg
c0000507_9483441.jpg
c0000507_9482984.jpg
c0000507_9482591.jpg
c0000507_948205.jpg
c0000507_9481699.jpg
c0000507_9481215.jpg
c0000507_948816.jpg
c0000507_948329.jpg
c0000507_9475942.jpg
c0000507_9475589.jpg
c0000507_9475081.jpg
c0000507_9474658.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-23 09:48 | U.S.A. | Comments(0)

Tamiya 35234-F [M20高速装甲車のアメリカ軍ドライバー]

c0000507_8172663.jpg
c0000507_8172287.jpg
c0000507_8171834.jpg
c0000507_817145.jpg
c0000507_8171053.jpg
c0000507_817582.jpg
c0000507_81704.jpg
c0000507_8165626.jpg
c0000507_8165273.jpg
c0000507_8164786.jpg
c0000507_8163661.jpg
c0000507_8163258.jpg
c0000507_816278.jpg
c0000507_816235.jpg
c0000507_8161976.jpg
c0000507_8161561.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-23 08:17 | U.S.A. | Comments(0)

Italeri 325 [連合軍トラッククルー]

模型史に燦然と輝く誤植といえば、Italeri社の「じてドイツ」でございましょう。

同社の誤植は、「範囲ミス型」であって、日本語解説文から採るべき範囲を誤り、「は」までをキット名として記載してしまった事例が多いのです。
「アンビュランスWC54は」や「シュタイヤーRSOは」を、その例として挙げる事が出来ます。
ネーベルベルファーの「第2次大戦を通じてドイツ陸軍は、」で始まる日本語解説文に対しては、
Italeri社は「ドイツ陸軍は」という誤植をすることは避けられたのですが、哀しいことに、「じてドイツ」の部分をキット名に当ててしまったのだと推測されます。

さて、Italeri 325なのです。このキットでもどうやら「範囲ミス型」の誤植をしてしまった模様で、
「アメリカ、イギリス、オーストラリアの軍服をつけた連合軍兵士の人形セット」
の「アメリカ、イギリス」をキット名に当ててしまったらしいのです。

なお、このキットには、かつては子供のフィギュアも含まれていました。

c0000507_23405148.jpg
↑'82トミープラモデルカタログ P.13(部分)

1/35子供フィギュアの草創期の事例として史的に重要な事は明らかで、実見したいと思っているものの、模型店で出会えたことはありません。



-----------------------------------------------------------

Italeri 325, Truck Crew
c0000507_23404698.jpg
c0000507_23403796.jpg
c0000507_23403394.jpg
c0000507_2340283.jpg
c0000507_23402388.jpg
c0000507_23401929.jpg
c0000507_23401369.jpg
c0000507_2340844.jpg
c0000507_2340455.jpg
c0000507_2340027.jpg
c0000507_23395492.jpg
c0000507_23395050.jpg
c0000507_23394590.jpg
c0000507_23394197.jpg
c0000507_23393736.jpg
c0000507_23393393.jpg
c0000507_23392861.jpg
c0000507_23392380.jpg
c0000507_23391950.jpg
c0000507_23391488.jpg
c0000507_23391064.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 23:42 | U.S.A. | Comments(0)

Belgo Models 9 [第二次大戦期のコートを着たアフリカンアメリカン兵士]

Belgo Models 9, Black Staff

まっすぐに立つ第二次大戦期のコートスタイルのアメリカ軍兵士として、彼はとても貴重な存在なのです。
このアフリカンアメリカンの兵士像は、背丈がそこまで高く造形されていないため、
二世部隊の兵士としての活用の可能性が広く開かれていると思います。

c0000507_2154528.jpg
c0000507_2154099.jpg
c0000507_2153557.jpg
c0000507_2153495.jpg
c0000507_21534373.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-20 03:24 | U.S.A. | Comments(0)