カテゴリ:地面造形 Groundwork( 42 )

ヴィネットベースの木部工作事例集

(1)紫檀ブロックの柿渋仕上げ

c0000507_3155435.jpg
↑カミオネッタ・AS42・サハリアーナの床をベースに余すところなくキッチリ乗せたい。
空研ぎペーパーで、ざっと研磨して端を合わせる。
c0000507_316112.jpg
↑1.2mmプラバンにスプレーのりで耐水ペーパーを貼って削る。仕上げは240番。
c0000507_316996.jpg
↑木部の下地完成。
c0000507_316168.jpg
↑マスキングして、床の部分にサーフェイサーを吹く。
c0000507_3162333.jpg
↑紫檀ブロック。生の状態。
c0000507_3163196.jpg
↑柿渋を塗る。

c0000507_1223264.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------

(2)黒檀ブロックの油彩・家具用ワックス仕上げ

c0000507_1581276.jpg
↑東急ハンズで購入した40mm角コクタンブロック。
上下切り口に貼られているフィルムは、どうも慎重にはがしてもノリが若干残ります。
c0000507_1581865.jpg
↑今回も、ノリが残りました。
c0000507_1582345.jpg
↑耐水ペーパーで水研ぎして、一晩乾燥させる。
c0000507_1582731.jpg
↑ぺトロールで希釈した油彩、セピア+バーントアンバーを塗って染み込ませる。
c0000507_1583275.jpg
↑1/12胸像とコクタンサイコロ。
c0000507_1583673.jpg
↑1/12ディフォルメ日本兵とコクタンサイコロ。
c0000507_1584198.jpg
↑1/35フィギュアとコクタンサイコロ。
c0000507_1584545.jpg
↑1/35ヴィネットとコクタンサイコロ。
c0000507_192249.jpg
↑コクタンブロックに油彩を数回染み込ませたものの、もうちょっと色を渋くしたいので、更に染み込ませたい。
c0000507_19221453.jpg
↑セピアをペトロールで溶いて染み込ませる。
c0000507_19223048.jpg
↑乾燥後、表面に浮いた黒色粉を拭きとる。
c0000507_19224065.jpg
↑家具用ワックス塗り込み。
c0000507_1923593.jpg
c0000507_19231685.jpg
↑左ワックスなし、右ワックスあり。
c0000507_19233115.jpg
↑両方ともワックス塗り済み。
ニスやオイルステインだと、ムクの木材でも部分部分で色が乗らない事があることしばしばですが、
コクタンブロック+油彩+家具ワックス法は、もともと黒いので暗色を染み込ませれば、
塗りムラ出さずに木目いかしつつ、ニスよりもしっとり渋く仕上げられる点で、私見ベターです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

(3)サイコロ材+飾り台のニススプレー仕上げ

c0000507_1953681.jpg
↑数日間置いて、ニススプレーの中身を五層筆塗りしたもの。今回は更にもう一層重ねて仕上げたい。
c0000507_19531181.jpg
↑2日以上経過、塗ったのを忘れ始めたあたりが筆塗りしたニスの重ね頃ではないかと思う。
緩く湿らせた耐水ペーパー1500番で塗膜を磨く。
c0000507_1953166.jpg
↑ニススプレーの中身を筆塗り。
c0000507_1953219.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------------

(4)チークサイコロ材のニス筆塗り仕上げ

チーク材にワシン・油性ニスのチークを塗り重ねて仕上げる。

c0000507_0382134.jpg
↑240番の耐水ペーパーで塗装前の研磨。

c0000507_038874.jpg
↑ニス塗り一層目。

c0000507_0375655.jpg
↑240番の耐水ペーパーで塗装面を研磨して二層目の塗装に備える。

c0000507_22242264.jpg
↑ニス塗り二層目。

c0000507_22243651.jpg
↑600番の耐水ペーパーで塗装面を研磨して三層目の塗装に備える。

c0000507_2230055.jpg
↑ニス塗りを重ねたもの。

----------------------------------------------------------------------------------------------

(5)アガチス飾り台+ヒノキ材での立ち上げのニススプレー仕上げ

c0000507_1330243.jpg
↑小サイズの飾り台。

左から、
・Andrea Miniatures 上面46×46 下面61×61
・カワイ木工 50×50、 60×60
・常木教材 46×46、 60×60
・常木教材 37×37、 60×60

c0000507_1330660.jpg
↑立ち上げ。ヒノキ材を各辺の長さに合わせて切り出す。
c0000507_13301027.jpg
↑立ち上げ角材の角を鋭角に落として、木工用ボンドで接着。
角は瞬間接着剤を少量流して固めて、やすりで整える。
c0000507_1814321.jpg
↑アサヒペン社の「ライトオーク」と「マホガニー」を吹いたもの。

--------------------------------------------------------------------------------------------

(6)チーク飾り台+チーク板材での立ち上げ

カワイ木工のチーク飾り台を立ち上げる。
c0000507_2139859.jpg
↑立ち上げ材もチーク材。3ミリ厚、15×900ミリで105円。東急ハンズで購入。
厚みがあるほうが、垂直に立ち上げる精度が増すとは思われますが、後の「角の切り落とし」に難アリ。
c0000507_21391358.jpg
↑デザインナイフで角を鋭角に切り落とす。
c0000507_21391735.jpg
↑各辺接着の後、角の合わせ部分に裏から瞬間接着剤を流して、キッチリ合わせ、ヤスリ掛けする。
by tokyomonogatari | 2012-02-04 10:38 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

地面・落葉・雪

※地面表現についての私的先行研究

50ミクロン厚の銅箔で落葉を表現する技法を用いての地面表現については、
上智大学模型部×早稲田大学模型倶楽部で2年前に行った、
懐かしく、切ないあの頃のおもひで、「地面実習」全3講を参照。
これはキッチリ最後までやり通した。
最終日には、私もヤマダ氏もキッチンオトボケでチキンカツを食べた。

あの頃は、若かったぜ。

(1)2008.10.11実習(上智大学)
http://tokyostory.exblog.jp/9908408/

(2)2008.10.17実習(上智大学)
http://tokyostory.exblog.jp/9950911/

予習A
http://tokyostory.exblog.jp/9984289/

予習B
http://tokyostory.exblog.jp/9997584/

(3)2008.10.25実習(早稲田大学)
http://tokyostory.exblog.jp/10004738/

現状・・・
上智大学模型部部長であった、ヤマダ氏とは音信不通。
上智大学模型部のブログも、2009年1月1日を最後に更新がされていない。
元気ですか?

================================

早稲田大学模型倶楽部の最後の部員にして、実質上最後の幹事長であった、
モケログT氏に捧げた地面実習、「Re: 地面」は実質3講を怠惰にやってから、未完のままである。

(1)2008.11.21実習
http://tokyostory.exblog.jp/10181234/

(2)2008.11.28実習
http://tokyostory.exblog.jp/10222913/

(3)2009.9.4実習
http://tokyostory.exblog.jp/12271878/

2009.9.10補習
http://tokyostory.exblog.jp/12311450/

予習
http://tokyostory.exblog.jp/12398813/

以降都合が合わずに流れ続けて、実習の続きが行われず。

現状・・・
モケログT氏のブログ、モケログは更新が停止してから9ヶ月。
彼との音信も途絶えがちで危うい。オスプレイのイタリア軍本を氏に返さねばならぬ。
元気ですか?

===============================

50ミクロン銅箔のかわりに、お弁当用アルミカップを用いて落葉表現を試みたもの。
2009.10.22記事
http://tokyostory.exblog.jp/12709579/

現状・・・
未だに塗らず、そのまま放置した状態。
コメント欄の方は、元気でしょうか?

================================

今回は、より簡易に紙で落葉を表現してみる。



c0000507_2225932.jpg
↑エポキシパテを盛り、歯ブラシを押しつけて凹凸を付ける。
c0000507_22251434.jpg
↑モーリンの「クラッシャブルストーン」を埋める。
もっとキチンとやるならば、小石の角は取った方が良い。
c0000507_22251947.jpg
↑彫刻刀丸刀で紙を打ち抜く。
c0000507_22252475.jpg
↑地面にめり込ませる。
c0000507_22252915.jpg
↑ビン入りサーフェイサーを筆塗り。
c0000507_22253431.jpg
↑地面をざっと筆塗り。
c0000507_22254075.jpg
↑落葉部分を下塗り。
c0000507_22255135.jpg
↑塗る。
c0000507_22255653.jpg
↑重曹に木工用ボンドを混ぜ、筆で地面に塗る。
エナメルクリアーを塗って仕上げ。
c0000507_2226112.jpg

by tokyomonogatari | 2010-08-07 22:26 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

1/35 デイジー

ドイツの模型メーカー、Busch社のHOスケールのデイジーと、
台湾の模型メーカー、Diopark社の1/35デイジー。
c0000507_1242788.jpg
↑Busch社の1/87のデイジーの方が、Diopark社の1/35のデイジーよりも、正確な1/35サイズのデイジーに近いかもしれません。

c0000507_1243420.jpg
↑葉は、キチンと光受け止めて、ガッツリ光合成してそうなDiopark社の方がベター。茎はどちらにせよ金属線で作り直しがベターだとお見受けいたします。

------------------------------------------------------------
(1)Busch HO-1207, Margeriten

c0000507_19182479.jpg
c0000507_19183032.jpg
c0000507_19183529.jpg
c0000507_19184072.jpg
c0000507_19184575.jpg
c0000507_191855100.jpg
c0000507_1919556.jpg
c0000507_19191093.jpg
c0000507_19191552.jpg
c0000507_19192125.jpg
c0000507_1919266.jpg
c0000507_19193152.jpg
c0000507_19193672.jpg
c0000507_19194331.jpg


------------------------------------------------------------
(2)Diopark

Diopark 35002, 1/35 Daisy

c0000507_2182921.jpg
c0000507_21586.jpg
c0000507_2152391.jpg
c0000507_2151314.jpg
↑差し込み積み上げ方式。最近の同様の事例で思い出すのはBronco CB-35037
c0000507_2153186.jpg
c0000507_2153555.jpg
c0000507_2154056.jpg
c0000507_2154644.jpg
c0000507_2155197.jpg
c0000507_2155516.jpg

by tokyomonogatari | 2010-07-21 01:24 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

地面を塗る

c0000507_23231755.jpg
↑溶きパテを塗って少し整えた地面を塗る。
c0000507_2323236.jpg
↑いびつな円のカーブに合わせてマスキングテープを切ることなく、
円の接線接線接線で徐々に、かつファジィにカバーする、接線マスキングをする。
カーブに合わせて切っても合わないから、接線で。どこかしら、円周率3=正六角形を思い出しつつ。
c0000507_23232899.jpg
↑フラットブラウン+ジャーマングレイ+フラットブラックのセピア色を吹く。
c0000507_23233459.jpg
↑セピア下塗り。
c0000507_23234178.jpg
↑デッキタンを植物と石の部分に塗る。
c0000507_23234974.jpg
↑ちょろっと塗り分け。
c0000507_23255079.jpg
c0000507_23241046.jpg
↑余録 簡易梱包。5ミリ厚ノリ付きスチレンボード二段の、上段にはまるようにする。
c0000507_23241514.jpg
↑厚紙で囲んで固定。
c0000507_23242168.jpg
↑プチプチ袋に入れる。
by tokyomonogatari | 2009-09-12 23:24 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

1/35 ひまわり

(1)Aber社のエッチングひまわり Aber Photo-etched 1/35 sunflowers

ABER 35D-05 Flowers
c0000507_20471553.jpg
c0000507_20472316.jpg
c0000507_20473080.jpg
↑1/35フィギュアとの比較。
c0000507_20473835.jpg
↑ABER 35D-05の説明書。
明らかに花びらの数がキットと異なり、ヒマワリになっている。
c0000507_20474642.jpg
↑ヒマワリとして商品化されている35D-03。
35D-05の図版とサイズが少し異なりつつ、同じである。
c0000507_20475328.jpg
↑左35D-03、右35D-05


----------------------------------------------------------------------------------

(2)Kamizukuri, 1/35 sunflowers

c0000507_22223778.jpg
c0000507_22224314.jpg
↑Aber 35D-03, Kamizukuri, Aber 35D-05
c0000507_22224794.jpg
↑Aber 35D-03
c0000507_22225281.jpg
↑Aber 35D-05


---------------------------------------------------------------------------

2008年8月撮影 ひまわり写真集 (千葉県柏市 あけぼの山農業公園)
c0000507_15342798.jpg
c0000507_15343722.jpg
c0000507_15344892.jpg
c0000507_15345397.jpg
c0000507_15345796.jpg
c0000507_15351098.jpg
c0000507_15393028.jpg
c0000507_15394191.jpg
c0000507_15394887.jpg
c0000507_15395222.jpg
c0000507_1541234.jpg
c0000507_15412012.jpg
c0000507_15412574.jpg
c0000507_15413536.jpg
c0000507_15414894.jpg
c0000507_15421217.jpg
c0000507_15423455.jpg
c0000507_15424157.jpg
c0000507_15454554.jpg
c0000507_1546033.jpg


c0000507_15435942.jpg
c0000507_15441598.jpg
c0000507_15442244.jpg
c0000507_15442623.jpg
c0000507_15445343.jpg
c0000507_1545588.jpg
c0000507_15452264.jpg


c0000507_15465857.jpg
c0000507_15472121.jpg
c0000507_15474018.jpg
c0000507_15475220.jpg
c0000507_1548478.jpg
c0000507_15481465.jpg


c0000507_15492686.jpg
c0000507_15493357.jpg
c0000507_15493718.jpg
c0000507_155023.jpg
c0000507_1550144.jpg
c0000507_1550381.jpg
c0000507_1550454.jpg
c0000507_1551015.jpg
c0000507_15511949.jpg
c0000507_15512423.jpg
c0000507_15514098.jpg
c0000507_1552065.jpg
c0000507_1552554.jpg
c0000507_15521780.jpg
c0000507_15522730.jpg
c0000507_15524196.jpg
c0000507_15524714.jpg
c0000507_15525770.jpg
c0000507_1553334.jpg


c0000507_1554542.jpg

by tokyomonogatari | 2009-06-15 22:22 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

地面 6月中旬

c0000507_21515917.jpg
c0000507_2152567.jpg
c0000507_21521190.jpg
c0000507_21521722.jpg
c0000507_21522356.jpg
c0000507_21522910.jpg
c0000507_2152357.jpg
c0000507_21524195.jpg
c0000507_21525980.jpg
c0000507_2153525.jpg
c0000507_21531398.jpg
c0000507_21532279.jpg
c0000507_21532995.jpg
c0000507_2153362.jpg
c0000507_21534460.jpg
c0000507_21535016.jpg
c0000507_2154151.jpg
c0000507_2154875.jpg
c0000507_21541992.jpg
c0000507_21542595.jpg
c0000507_2154326.jpg
c0000507_21544032.jpg
c0000507_21544868.jpg

by tokyomonogatari | 2009-06-15 21:54 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

早稲田大学地面写真集 (2008年撮影)

2008年春 大隈庭園の地面

c0000507_21582027.jpg
c0000507_21584151.jpg
c0000507_2159295.jpg
c0000507_21592659.jpg
c0000507_2205415.jpg
c0000507_221493.jpg
c0000507_222283.jpg
c0000507_22214100.jpg
c0000507_2224035.jpg
c0000507_2243987.jpg
c0000507_2245427.jpg
c0000507_2253216.jpg
c0000507_2254284.jpg
c0000507_2261123.jpg
c0000507_2263738.jpg
c0000507_227454.jpg
c0000507_2273626.jpg
c0000507_2274726.jpg
c0000507_22102983.jpg
c0000507_22105571.jpg
c0000507_22113187.jpg
c0000507_2212686.jpg
c0000507_22124445.jpg
c0000507_2213649.jpg


2008年冬 早稲田キャンパスの地面
c0000507_2322127.jpg
c0000507_2323225.jpg
c0000507_232597.jpg
c0000507_2331319.jpg
c0000507_2332440.jpg
c0000507_2333968.jpg
c0000507_2335924.jpg
c0000507_2345594.jpg
c0000507_235873.jpg
c0000507_2351828.jpg
c0000507_2352810.jpg
c0000507_2353852.jpg
c0000507_2354957.jpg
c0000507_236383.jpg
c0000507_2361360.jpg
c0000507_2362534.jpg
c0000507_2364176.jpg
c0000507_2365742.jpg
c0000507_2371271.jpg
c0000507_2372860.jpg
c0000507_2374011.jpg

c0000507_2375111.jpg
c0000507_238447.jpg
c0000507_2381456.jpg
c0000507_2382565.jpg
c0000507_2383666.jpg
c0000507_2384797.jpg
c0000507_2385894.jpg
c0000507_239878.jpg
c0000507_2392117.jpg

c0000507_23105094.jpg
c0000507_2311551.jpg
c0000507_23111711.jpg
c0000507_2311309.jpg
c0000507_23114327.jpg
c0000507_23115967.jpg
c0000507_23121397.jpg
c0000507_2312254.jpg
c0000507_23123755.jpg
c0000507_23125230.jpg
c0000507_231353.jpg
c0000507_23132543.jpg
c0000507_23134177.jpg
c0000507_2314082.jpg
c0000507_23141315.jpg
c0000507_23142493.jpg
c0000507_23143769.jpg
c0000507_23145457.jpg


2008年冬 西早稲田キャンパスの地面
c0000507_18252984.jpg
c0000507_18253951.jpg
c0000507_18254869.jpg
c0000507_18255890.jpg
c0000507_1826745.jpg
c0000507_18261925.jpg
c0000507_1826302.jpg
c0000507_18264159.jpg
c0000507_18265083.jpg
c0000507_1827064.jpg
c0000507_18271020.jpg
c0000507_1827257.jpg
c0000507_18274025.jpg
c0000507_18275326.jpg
c0000507_182858.jpg
c0000507_18281659.jpg
c0000507_18282652.jpg
c0000507_1828375.jpg
c0000507_18284934.jpg
c0000507_1829179.jpg
c0000507_18291330.jpg
c0000507_1833122.jpg
c0000507_18332219.jpg
c0000507_18333929.jpg
c0000507_18335372.jpg
c0000507_1834629.jpg
c0000507_18341798.jpg
c0000507_18343339.jpg
c0000507_18295474.jpg
c0000507_1830549.jpg
c0000507_18301829.jpg
c0000507_18303230.jpg
c0000507_1831345.jpg
c0000507_18311534.jpg
c0000507_1831278.jpg
c0000507_18314234.jpg
c0000507_18315433.jpg
c0000507_18321040.jpg
c0000507_18322328.jpg

by tokyomonogatari | 2008-12-04 23:23 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

エポキシ接着剤による1/35水滴表現

c0000507_055313.jpg
↑木工用ボンドを塗布して、重曹を振る。
c0000507_055781.jpg
↑余分を除く。
c0000507_0551127.jpg
↑部分的に歯ブラシで削ったりする。
c0000507_0551671.jpg
↑クリアー塗料で表面をちょっと濡らす。
c0000507_0551977.jpg
↑1/35水滴表現。
 クリアープラ棒を熱して伸ばして、それを芯にしてエポキシ系接着剤を盛る。

※後記
ハンブロールのクリアーコートをエアブラシで重ねたら、雪が若干黄色味がかったので、
エナメルの白を吹いてから薄くもう一層、重曹を重ねました。
c0000507_2116117.jpg
c0000507_21161943.jpg


-------------------------------------------------------------

クリアー塗料で地面を濡らす。

35番  クリアーポリ
135番 サテンヴァーニッシュ
c0000507_22563579.jpg
c0000507_22563843.jpg
タミヤのX-22 クリアーと異なり、褐色がかっている。

c0000507_22581340.jpg
↑濡れた地面表現にハンブロールを用いたく、
早稲田祭2007以来、久しぶりに「地面の組成を説明する為の地面」を出す。
c0000507_22584238.jpg
↑左35番、右135番による濡れ表現。写真では示せないものの、やっぱり35番の方がツヤ光る。

c0000507_22593355.jpg
↑(余録) ハンブロール・リーフレット

c0000507_22593792.jpg
↑銅箔で落葉を表現した地面も湿らせたい。
c0000507_22595732.jpg
↑35番と135番を気分で穂先に含ませ分けて塗ったもの。
by tokyomonogatari | 2008-07-24 00:55 | 地面造形 Groundwork | Comments(2)

ダイソー 木製ソルト・ペッパーサーバーA

Daiso wooden salt and pepper server A ¥210

切り口が丁寧に処理されており、ささくれ立ったりしてない点で、
角材ブロックをDIY店で購入するよりも、綺麗な木製ブロックが得られそうなのですが、
元来塩胡椒の入れ物、PとSが焼印されていて、この部分をタイトルプレートで隠せるかどうかが問題。
c0000507_22423034.jpg
↑今回のものは、
Pが41×41×49mm
Sが40×40×49mm
c0000507_22423417.jpg
c0000507_22423964.jpg
↑中空なのは持ち運びの利点になるかもしれない。
c0000507_22424379.jpg
c0000507_22424618.jpg
c0000507_22425089.jpg


※関連
・東急ハンズ コクタン/シタンブロック40mm角→その1その2
・ダイソー 「ゴムの木 2連フック」→こちら
・ニススプレーの筆塗り→こちら




※久しぶりに、早大模型倶楽部 「一人新勧」やります。
2008年5月7日(水)19時30分~20時00分の間、
早稲田キャンパス、大隈候銅像傍ベンチで、幹事長一人のみ待つ新勧企画。

対象・・・早大模型倶楽部に興味のある学生(大学不問)

(参考)
・2007年8月25日の「一人新勧」→こちら
・2007年8月29日の「一人新勧」→こちら
・2007年9月14日の「一人新勧」→こちら
by tokyomonogatari | 2008-05-05 22:42 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)

Painting Fallen Leaves in 1/35th scale

1/35 Fallen Leaves

(1)50ミクロン銅箔による1/35落葉の作成

c0000507_1921476.jpg
↑50ミクロン厚銅箔を彫刻刀で打ち抜く。
c0000507_19211060.jpg
↑ゴム板の上に葉を置いて、デザインナイフを中央に押し付けて、曲げを入れて開く。
c0000507_19211758.jpg
↑刃先で葉に捻りや切れを入れる。
c0000507_19212252.jpg
↑瞬間接着剤で一枚一枚貼る。
c0000507_19212742.jpg
↑瞬間接着剤はショップ99でも手に入る、セメダインロックタイトを愛用しております。
c0000507_19213242.jpg
↑30枚追加。


--------------------------------------------------

(2)50ミクロン銅箔による1/35落葉の塗装

c0000507_2192728.jpg
↑タミヤアクリルを適当に混ぜて、イカスミ色=セピアを作ってエアブラシで隅々まで吹く。
c0000507_2193869.jpg
↑タミヤエナメル、デッキタンで土のところ以外を下塗り。

※地面写真→ ※1 ※2 ※3

c0000507_2425261.jpg
↑タミヤエナメルで上塗り。
 フラットホワイト、デッキタン、ダークイエロー、イエローグリーン、RLMグレイ、レッドブラウンあたりを使う。
 筆はブンセイドウのハイセーブル5/0(一本368円)。細かい塗りにはこればかり使ってます。
c0000507_19575590.jpg
↑マスキングテープ細切りで葉柄を表現し始める。
c0000507_211703.jpg
↑見える部分の葉柄は全て表現終わり。

c0000507_21364638.jpg
↑タミヤエナメルによる下塗り。
c0000507_21365415.jpg
↑ハンブロールエナメルによる上塗り。

c0000507_11322823.jpg
↑緑の葉が鮮やか過ぎるので、茶色っぽく潰そうと思う。
c0000507_11323317.jpg
↑緑の葉にカーキを重ねる。

====================================

Plus Model社の葉っぱを見た時には、そのリアルっぷりに度肝を抜かれ、これは即買いだと思いましたが、先日ようやく購入。
それにしてもどう製造しているのか不思議である。
c0000507_23223414.jpg
↑No.226 Leaves Maple
c0000507_23223942.jpg

↑No.227 Leaves Linden

紙系素材っぽいのですが、しっかり葉脈があって、それも裏面から押し出した物ではない。

これ以前にも紙による葉のパーツがありまして、確かHudson&Allen Studioの物がこちら。
c0000507_2327760.jpg
↑プラスチックシートの上に、薄い紙が打ち抜かれて載っているものであるが、このヘタの部分というのか、どういう名があるのかそう言われてみれば分からない部分、或いは尻尾っぽいところが、シートから剥がす際に葉の本体から取れる率・私見95%で厳しい。

Plus Model社のMapleと比較すると、こちらは葉脈が無く、腰の無い薄い紙で、なるほど薄さのスケールダウンとしては正しいのだろうが、葉っぱの持つ弾力性が損なわれている感あり。
また、全て同じサイズなので面白みに欠ける。

c0000507_23334960.jpg
↑思い出した物達の羅列。

上列から、
・Royal Model社の「シダ」 エッチング
・Aber社の「向日葵の葉」 エッチング
・Hudson&Allen社の「カエデの葉」 紙
・Plus Model社の「カエデの葉」 紙?
・Plus Model社の「リンデンの葉」 紙?

右の物が、Aber社の「ツタの葉」 エッチング

c0000507_23444227.jpg
↑ストックにあったもので、一番キテルものがこれ、Aberの枝葉。
これでリアルな木を作れという事でありましょうが・・・。
買ったのは確か若気の至りで高校生だった頃だと思うのですが、未だに使用せず・・・。

そういえば、最近模型誌でオランダドライフラワーを使った情景を見ない気がする。

-----------------------------------------------------
葉のはなし。

1/35模型に使える小さい葉っぱを綺麗に、大量に紙系素材などから切り出すのは面倒。
ならば過日行ったグレイハウンド章を得る方法=小楕円を得る方法の延長で、
どうにか葉っぱ状のものを作れないかと思い、やってみたところ、それらしいものが得られた。
c0000507_15585870.jpg
↑0.4㎜プラ棒を斜め薄切り。グレイハウンド章の時よりも鋭角に切る。
c0000507_15592100.jpg
↑ペンチで潰せば、木の葉状のものが得られる。
普通紙よりも若干薄いと思われるものが、プラスチック素材にして得られる点で有望。

c0000507_16401432.jpg
↑舗装の間に生えているような、慎ましやかな植物も1/35で表現できれば・・。
c0000507_16401855.jpg
↑木の枝の生えぶりも、キッチリ表現したい。

※過日書いた葉に関する記事→こちら

------------------------------------------------------

落葉として試用。
c0000507_0124218.jpg
↑地道に一つ一つペンチで圧縮。
c0000507_0125023.jpg
↑葉に緩いキャンバーをつけて、地面に低粘度瞬間接着剤で貼り付け。

いま一つでグッと来ない。
パリパリでいてヨレており、輪郭が乱れた落葉をどうにかこのサイズで作れない物か。

--------------------------------------------

東急ハンズ池袋店で見かけた押し花
株式会社大昌 「DAISHO押し花クラブ」の「セラギネリア」
c0000507_20184466.jpg
↑一袋472円。この位入っている。
葉の形状がシダ的であるが、切り離して1/35模型の葉に出来ると見た。
c0000507_20184934.jpg
↑デザインナイフで一回り小さく切り出して、地面に置いてみる。
問題点は、このままではどうも曲がりクセを付けられない事。
表面を何かでコートして、硬くした上で曲げを入れられないものかと思う。
by tokyomonogatari | 2008-04-23 21:39 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)