カテゴリ:ポンチ軒 The Punch( 10 )

ダイソーのドリルビットと一穴ポンチ

Daiso, Drill Bit & One-Hole Punch
c0000507_22311085.jpg
↑「ミニドリルビット」と「鉄鋼用丸軸ドリルビット」で、1.1~3.0mmまでを0.1mm刻み840円で得てみる。

c0000507_22311658.jpg
↑EARTH MANの精密マイクロドリル刃セット(0.2~1.6mmの20本入り)よりも出しやすくてベターかもしれません。
EARTH MANのものは、上蓋をスライドさせて穴から出す方式で、特に細いドリル刃を出しづらい感があります。
ダイソーのものはスライドさせて半分程度露出させられるので、拾いやすいです。
c0000507_22312211.jpg
↑グリップがコートされた一穴ポンチを見つけて買う。
c0000507_22312783.jpg
↑一穴ポンチたち。全て100円ショップで購入したもの。
c0000507_22313318.jpg
↑大まかな形は同じなのですが、細部が少し異なっています。
c0000507_22313830.jpg
↑丸く打ち抜いたもの。直径6mmの円を、綺麗に得られる。
by tokyomonogatari | 2009-08-15 22:33 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)

Mapedのポンチ

Mapedのファンシィ・ポンチが100円で売られていたので、パターンをあれこれ吟味して、
模型的に無難そうなふたつを買ったのは数日前のこと。
これで0.3mmプラバン打ち抜いたりしたい初夏。
c0000507_23244139.jpg
↑3mm円とメープルの葉。
c0000507_2324478.jpg
↑0.3mmプラバンを打ち抜いたもの。
c0000507_23245333.jpg
↑3mm円は刃先がV字型なので、抜いた方が歪みます。
小円盤を得る方法としては3mmプラ棒スライスと精度はトントンかもしれません。
c0000507_2325041.jpg
c0000507_2325537.jpg

by tokyomonogatari | 2009-06-28 23:25 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)

My Heart Stood Still/Stella by Starlight

暑い日のアスファルトのにほひは、
冷めたほうじ茶のにほひにどこか似ていると思う初夏、
100円ショップでコーナーポンチを見初め、
小さなハートと星に惚れて、
買ひました。

c0000507_22363112.jpg
↑サンノート社のコーナーパンチC&D。各105円。
c0000507_22365880.jpg
↑0.13mmプラ板を打ち抜き。
c0000507_22363961.jpg

by tokyomonogatari | 2009-05-25 22:39 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)

100円ショップ 丸ポンチ

プラスチックで円モールドを得る際に、
直径2㎜程度の円ならば、プラ棒スライスでそれなりにOKでありますが、
3㎜辺りからはキッチリ平行にスライスするのが難しくなり、
サークルカッターでは最小で12㎜程度からしか切れない。
針先を内側に曲げる事によって、ちょっと小さい円を切り抜く事も可能になるものの、
切った円自体に針先で刺した跡が残るというのも芳しくない。

抜いた方も、抜かれたほうも綺麗な状態で円を得るならば、ポンチがグッド。

ただ、所謂普通の文房具的な二穴ポンチは、刃先がV字状で抜けるほうが折れ曲がり、
プラ打ち抜きには宜しくない。
一穴ポンチの、刃先が真直ぐなものが模型に良い。

100円ショップで得られる丸ポンチたち
c0000507_21234124.jpg
↑左から
・ダイソー 一穴ポンチ 直径6㎜
・CS社 ポンチ 直径9㎜ (キャンドゥ扱い)
・サンノート ポンチ 直径10㎜ (セリア扱い)
・サンノート ポンチ 直径16㎜ (セリア扱い)
c0000507_21234639.jpg
↑0.3㎜プラバンを打ち抜いたもの。
by tokyomonogatari | 2007-04-09 21:33 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)

レモン株式会社 「カタヌキパンチ」

100円ショップのファンシィ・ポンチは、
セリアに並んだサンノート社のシリーズのみだと思っていたら、
先日キャンドゥにてCS社のシリーズを発見。
そして今日、イトーヨーカドーの駐輪場に出店されていた100円ショップにて、
新たにレモン社のポンチを発見。
c0000507_22533173.jpg
↑レモン社 カタヌキパンチ 105円で購入。
c0000507_22533685.jpg
↑各社比較
左から、
①サンノート社
②CS社
③レモン社
c0000507_22534072.jpg
↑CS社のパンチのみ、センターの目印の凸モールドが付いていないが、三社ともよく似ていらっしゃる。
c0000507_22534446.jpg
↑レモン社ポンチ・ラインナップの図。
※サンノート社ポンチには6種類以上形が存在。
c0000507_22535623.jpg
↑レモン社の犬ポンチで抜けるサイズ。
マーキングのステンシル製作に良さそう。

1/35車輌に適合する、「USA」や「USMC」や、各サイズ、各レタリングの数字、
日本軍戦車の漢字マーキングのステンシルが一発で抜けるものなど、
模型に特化したポンチセットなどが少々お高くなっても良いので欲しい所です。

そういえば、パンチ&ダイや、ビーディングツールのような形式ではなく、
このようなボタン押し込み式でリベットを得るスマートな工具というのは無理なのでしょうか。

※関連拙文
・チューリップポンチによる葉表現試論→こちら
・ランチタイムポンチによるドイツ兵金具表現→こちら
by tokyomonogatari | 2007-03-13 22:53 | ポンチ軒 The Punch | Comments(2)

チューリップの型抜きパンチ 105円

これまで、100円ショップで売られているファンシィ・パンチは、
セリア扱いのサンノート社のものしか小生は見た事が無かったのですが、
先日、キャンドゥで同様のものを見つけ、セリア扱いの物では見た事が無いチューリップが殊更気になる。
この葉の部分を切り離して情景模型の葉に使えない物か。
c0000507_0335173.jpg
台紙裏面に(株)CSとある。
c0000507_0335568.jpg
↑セリア扱いのサンノート社ポンチ(左)と、キャンドゥ扱いのCS社ポンチ(右)
c0000507_034062.jpg
↑50ミクロン厚銅箔を打ち抜く。
c0000507_034420.jpg
↑葉の部分を切り出す。
1/35おじさんと並べて比較。
by tokyomonogatari | 2007-03-12 00:34 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)

ランチタイムの1/35的活用案

100円ショップセリアでお見かけするサンノート社のポンチシリーズの一つ、
「ランチタイム」をディテール表現に活用する。
c0000507_21134574.jpg
↑「ランチタイム」ポンチ。
大小二種類あるが、今回は「小」を用いる。

※「ランチタイム」ポンチの大小→こちら
c0000507_21135037.jpg
↑0.13㎜厚プラバンを打ち抜き、フォークを得て、その真中先端を少々切り離して転用する。
「抜かれた」方から、若干幅が小さい同様の形を二つ得るのもグッド。
c0000507_21135464.jpg
↑ドイツ軍雑嚢の、真中の紐をベルトに引っ掛ける金具に用いる。
勿論、同様にガスマスクケースをベルトに掛ける金具の表現も可能。
by tokyomonogatari | 2006-12-30 21:16 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)

ランチタイムの大小関係/スウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが

100円ショップセリアで販売されているポンチは、それぞれの図柄に大小2種類あるようですが、
「ランチタイム」に関しては図柄が「大」で増えるというトリッキーな展開。
c0000507_2228413.jpg
c0000507_22284599.jpg
↑0.13㎜プラバンを打ち抜く。
「大」のスプーン先よりも一回り大きければ、その輪郭を1/35卓球ラケットとして生かすことも出来そうで惜しいサイズ。「ああ」と小生は幽かな落胆の声を出したのであった。
by tokyomonogatari | 2006-12-18 22:28 | ポンチ軒 The Punch | Comments(2)

Punch mini "Lunchtime"

100円ショップセリアで新たに見つけた、
サンノート社のポンチシリーズの一品、「パンチ小―ランチタイム」
c0000507_2111769.jpg
↑円、天使、足跡、熊、猫、音符、車などなど、数種類あるらしいのですが、全て揃っているお店に出会えないファンシーグッズ。
「PPC用紙で約3枚まで型抜き出来ます」とありますが、
飽くまでも自己責任の範囲内で抜いた経験上では、0,3㎜プラバンまでポンチングできます。

模型に特化したシリーズを展開していただき、「サークルカッターで切り出せない12mm未満の小円」を、0.5㎜刻みでずらりと出していただいたり、左右対称精度を出しづらい楕円や、イチョウやカエデなどの葉も欲しいところで、それはそれは物凄く狭い商品になりますが、小生的には1/35の卓球ラケットのブレード状に抜けるポンチが欲しいところです。
c0000507_21111181.jpg
↑0,13㎜プラバンを抜いたもの。
スプーンの先端を少々削れば、1/48卓球ラケットのブレードを形出せるかもしれない。

※他の同社ポンチシリーズの幾つかの記事→こちら
by tokyomonogatari | 2006-12-06 21:11 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)

My Foolish Heart

100円ショップセリアで発見したファンシーなパンチの全種類を見たいと、近隣の店舗を経巡ると、ハートを発見。
c0000507_23172730.jpg
↑0,27mmプラペーパーを打ち抜く。
35分の1フランス軍戦車のマーキングには少々大きめであるが、このパンチシリーズには大小二種類あるはずなので、小サイズのハートは何かに使えるかもしれない。
c0000507_23173298.jpg
↑これまでに店舗で見かけたものは、

・10mm、16mm円
・足
・天使
・ネコ
・クマ
・ウサギ
・クルマ
・音符
・フラワー

それぞれの形に大小があるはずであるが、完全に揃っている店舗に今回は出会えなかった。
(株)サンノート社が販売元
パンチ部はダイキャスト。

セリア以外にも、100円ショップで扱っている所があるかもしれない。
by tokyomonogatari | 2006-05-14 23:17 | ポンチ軒 The Punch | Comments(0)