カテゴリ:Photo-etched Parts( 28 )

Voyager Model PE-35128 [アウトブリンダAB41/AB43用エッチング]

Voyager Model PE-35128 (for Tamiya 89697/Italeri 6442, Autoblinda AB41/AB43)

c0000507_2395550.jpg

c0000507_2424482.jpg

c0000507_2405398.jpg
c0000507_241179.jpg
c0000507_241938.jpg
c0000507_2411768.jpg
c0000507_2412383.jpg
c0000507_2413945.jpg
c0000507_2414777.jpg

by tokyomonogatari | 2011-02-24 20:47 | Photo-etched Parts | Comments(0)

Tamiya 35294 エッチング

c0000507_03858100.jpg
c0000507_039961.jpg
c0000507_0391616.jpg

by tokyomonogatari | 2009-03-12 00:40 | Photo-etched Parts | Comments(0)

Verlinden 1/24と1/35の工具エッチング

Verlinden Productions 790&808
c0000507_2331542.jpg
c0000507_2332223.jpg
c0000507_2332823.jpg
c0000507_2333420.jpg
↑Royal Model 039エッチング工具と並べる。
by tokyomonogatari | 2009-03-05 02:33 | Photo-etched Parts | Comments(0)

ボイジャーモデルのドイツ軍自転車エッチング

Voyager Model PE35256 WWⅡ German Bicycle

スポークの部分は、伸ばしランナーでの張り替えの方が、
費用とやり直し可能性と、断面が丸くてリアルで、エッチングよりもベターかもしれないと思われますが、
チェーンの部分がタミヤのパーツのままだと動力伝えられなさそうで、
そこだけはエッチングに変えたくて、スワッシュデザインが出しているような、
チェーンの部分だけ、というものが、タミヤの自転車の為に設計されて、
ボイジャーモデルの低価格でずらっと並んだものが欲しいとか、夢想します。

ところでタミヤのMM300は、ポーランド軍タンケッテではないかと夢想してます。
c0000507_0535354.jpg
c0000507_053567.jpg
↑スポークは車輪ひとつに対して2枚張り。
車軸を作るプラ棒は0.5mm、フォークを構成する真鍮パイプは外径1.0mm。
c0000507_0535838.jpg
c0000507_054118.jpg
↑フォークはエッチングと真鍮パイプの選択式。
c0000507_054328.jpg
↑サドル下のパーツ、No.14、15の長い尾を、クルクル丸めてスプリングにせよという指示に、キュートで愛らしい設計ぶりを感じました。
by tokyomonogatari | 2009-02-07 01:00 | Photo-etched Parts | Comments(0)

Dragon SS型ベルトバックル・エッチング

Dragon 1/35th Waffen-SS Buckles("revamped"Gen.1/Gen.2)

Dragon社、兵隊ミニチュア同梱のSS型ベルトバックル・エッチングをよくよく見てみると、
それぞれちょっと形が異なっているように見えて、撮影して記録。


c0000507_1542177.jpg
↑"MA-INSIGNIA" No.2 
こちらは逆さになってない、そのままのマンジ・マークがついていて、これはこれで配慮されている。
c0000507_23572323.jpg
↑"MA-INSIGNIA (E)" No.2
"MA-INSIGNIA"とぱっと見た感じは同じの、"MA-INSIGNIA (E)"では、
「田」マークになっており、マイクロな世界でキッチリ配慮がなされている。
c0000507_23572872.jpg
↑"MA-GERMAN" No.6
鷲の翼の両端が他の物に比べて尖っている印象。
c0000507_23574413.jpg
↑"MA-6282" No.5


追記
SS型バックル以外の、"MA-INSGNIA"と、"MA-INSIGNIA(E)"の相違
c0000507_243462.jpg
↑"MA-INSIGNIA"
c0000507_244439.jpg
↑"MA-INSIGNIA(E)"
c0000507_245543.jpg
↑MA-INSIGNIA"
c0000507_25114.jpg
↑"MA-INSIGNIA(E)"
c0000507_251466.jpg
↑"MA-INSIGINIA"
c0000507_251935.jpg
↑"MA-INSIGINIA(E)"
c0000507_253362.jpg
↑"MA-INSIGINIA"
c0000507_254279.jpg
↑"MA-INSIGINIA(E)"



※(関連)Dragon社のドイツ空軍バックルもまた、形状がぞれぞれ若干異なった物があると思います。
こちら
by tokyomonogatari | 2007-12-18 23:58 | Photo-etched Parts | Comments(0)

ABER 35A69 ヘルメット内部・顎紐エッチング&ワッペンデカール

ABER 35A69 German helmets liners, chinstraps
c0000507_22534089.jpg
↑Techmod社印刷のワッペンデカールが付属。
 1575円とはお高めで買う時に申し訳なさすら感じつつ、デカール欲しさに購入。
c0000507_22534649.jpg
↑これキッチリ使いこなせるのだろうかと少々不安なヘルメット内部ディテールと、ある程度使えそうな顎紐と、穴あきリベットを表現するためのリングも含まれるものの、
外装に関しては、顎紐はマスキングテープの方が実際にヘッドにかぶせる場合には良さそうで、
また、穴あきリベットはプラ棒スライスを針先でつつけば十分だと思う→こちら

・タミヤ水筒バックルのヘルメット金具への転用→こちら

c0000507_2254960.jpg
↑10番、穴あきリベットを表現する為のリングは、精度の高い小さいリングディテールとして他に転用した方が良さそうな気がする。

・直径0.4mmからのプラ棒スライス・リングの製作案→こちら
・同方法を用いて作ったリングの使用例、ドイツ軍卵型手榴弾の携帯円環→こちら


c0000507_22542893.jpg
↑ヘルメットワッペンは、エッチングとデカール選択式なのですが、そりゃデカール選ぶでしょうというもの。
c0000507_22543630.jpg
↑デカール。
実際に使ってみるとちょっと大きめに感ぜられるタミヤのワッペンデカールよりも小さめで、
数も多く、使えそう。
強いて言うならば、若干国家鷲章がファジーでしょうか。

c0000507_22544689.jpg
↑手持ちのヘルメットデカールのサイズ比較。

上から徐々に大きくなる。
・Dragon 6276(空軍のみ)
・ABER 35A69
・Tamiya A
・Tamiya B

願わくば、Dragonが大戦初期フィギュア出す時に恒常的にワッペンデカールを入れていただくこと、
もしくは再びTamiyaが新たな若干サイズ小さめのワッペンデカールを入れていただくことを。

(※BliCZ社の国防軍ヘルメットワッペンデカールを探しております。
 まだ在庫がある模型店をご存知の方は、教えていただけましたら幸いです。)

c0000507_22545877.jpg
↑ABER35A69は、エッチングのほうが極若干小さい。
c0000507_2255776.jpg
↑ABER35A69は、Dragon6201ヘルメットに用いるには小ささをチョット感じる。

・各社ヘルメットの比較→こちら
c0000507_22551273.jpg
↑Tamiya Aでは、ちょっと大きめに感ぜられる。
by tokyomonogatari | 2007-09-14 22:55 | Photo-etched Parts | Comments(0)

ABER 35A111 ドイツ兵徽章/記章類エッチング

ABER 35A111 Insignia for German Soldiers(WWⅡ)

アーマーモデリング誌vol.96の、
Robert Doepp氏の作品の戦車兵襟章見て、トーテンコプフ章きちんとパテで表現しているらしく、
もうちょっと製作途中のフィギュアの写真を大きく見せて戴きたかったと嘆いた新秋の日、
Tristarのスペルは、Tristerだったのか、しまったと惑わされもしました*。

結局のところ、エッチングによるドイツ兵記章類は、勲章の類と肩章は使えるものの、
柔らかく布地にフィットさせねばならないとなると、幾つかは使えるようで使い難いものですが**、
一列にずらりと並んだのがシュールなアベール35A111のトーテンコプフ章は、SS型というよりも国防軍のダンツィヒ型に見えるので、戦車兵襟章形出しの際の難題であるそれをひょいとクリアーできるかもしれない。

・かつて行った、プラ棒スライス刻みによるトーテンコプフ章表現の試み→こちら

c0000507_21495220.jpg
c0000507_2149584.jpg
c0000507_2150351.jpg
c0000507_2150843.jpg
↑肩章のサイズ比較
 左から、Aber35A111, Eduard カラーエッチング, Dragon Gen.2

全てのパーツひっくるめて考え、
Aber35A111(1470円)とEduardカラーエッチング(1312円)どちらか一つ選べといわれれば、
Aber35A111だろうとお見受けいたします。
正直な所、Eduardは色つけられてもかえって困るという印象***。

c0000507_21501427.jpg
↑SS帽章として用いるように説明書に書かれているトーテンコプフ章は、単独のモノ、襟章に乗ったモノのどちらも、どうもダンツィヒ型に見える。

*・・・Armour Modelling vol.96, p19~22
**・・・例えば、国防軍将校帽章、袖の三角階級章。
***・・・カラーである事の利点としては、カラーコピーによる紙化の可能性→こちら
by tokyomonogatari | 2007-09-13 21:50 | Photo-etched Parts | Comments(5)

MPM T35010 Panzerbefehlswagen 35(t) エッチング

c0000507_18255155.jpg

by tokyomonogatari | 2007-07-30 18:25 | Photo-etched Parts | Comments(0)

Tristar 35020 38(t) Ausf.E エッチング

c0000507_1824496.jpg

by tokyomonogatari | 2007-07-30 18:24 | Photo-etched Parts | Comments(0)

Tamiya 35268 Sd.Kfz. 223 エッチング

c0000507_18231859.jpg

by tokyomonogatari | 2007-07-30 18:21 | Photo-etched Parts | Comments(0)