カテゴリ:マブチ的、或いは工作的( 22 )

Tamiya 80048 [ゴム動力ギヤーボックス]

Tamiya 80048, Latent Power Gear Box

c0000507_484955.jpg
c0000507_49042.jpg
c0000507_4999.jpg
c0000507_491567.jpg
c0000507_492360.jpg
c0000507_493174.jpg
c0000507_49374.jpg
c0000507_494337.jpg
c0000507_49509.jpg
c0000507_495820.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-06 04:08 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

マブチモーター RE-56

1984年生まれの私にとって、模型店で売られているマブチモーターは三桁分類のもの、
つまりはRE-130や、RE-140や、RE-260や、RE-280であって、
プラモデルの箱に印刷されているRE-14やRE-26などの二桁分類の物を見ると、
自分が生まれるよりも前に存在していたキットとして、尊崇の念を感じます。

模型店で二桁のモーターを見かけることは滅多になく、田舎の模型店でようやく見つかる程度なのですけれども、
マブチ純正の、真鍮の光を発散するのをあの白い袋で禁じられている二桁モーター用ベースは、未だにあちらこちらの模型店で厚紙にホチキス止めされて吊るされているのを見かけては、
その昭和のかほりを周囲に発散しているご様子に、アァ、先輩、と、しみじみと感じ入るのです。

私の世代だと、小学校時代にミニベビーは販売されていたので、たまに購入しては、何に組み込むでもなく、
その小ささとスイッチレスモーターの面白さにぷるぷる、と駆動させて、その小さきファンの廻る様子を愉しんでいたものですが、
その後生産停止となったミニベビーが中古模型店でプレミア価格で売られているのを見ると、
私の小学校時代は、既に遠き日の思ひ出に過ぎないことを、まざまざと、見せつけられる思いがいたします。

Mabuchi Motor RE-56

c0000507_21244461.jpg

c0000507_21245169.jpg
c0000507_2125157.jpg
c0000507_2125836.jpg
c0000507_21251930.jpg
c0000507_21252731.jpg
c0000507_21253655.jpg
c0000507_21254465.jpg
c0000507_21255172.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-05 21:22 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

東京科学株式会社 マブチモーター ゼネコン用 FM-13

Tokyo Kagaku, Mabuchi Motor FM-13 (Genecon Type)

手巻き発電機ゼネコンに接続して使用するタイプの130クラスモーター。

c0000507_2022034.jpg
c0000507_20214353.jpg

c0000507_20212950.jpg

c0000507_20211026.jpg

c0000507_2020567.jpg

c0000507_20204049.jpg

c0000507_2020276.jpg

c0000507_20201382.jpg

c0000507_20195893.jpg

c0000507_20194220.jpg

c0000507_20192784.jpg

c0000507_2019776.jpg

c0000507_20185470.jpg

c0000507_20183978.jpg

c0000507_20182760.jpg

c0000507_2018115.jpg

c0000507_20174147.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-04 20:15 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

Pit-Road F-2 [WWⅡ日本海軍艦船装備セット1]

c0000507_1963925.jpg
c0000507_1963418.jpg
c0000507_1963042.jpg
c0000507_1962468.jpg
c0000507_1961838.jpg
c0000507_1961280.jpg
c0000507_1955328.jpg
c0000507_1954785.jpg
c0000507_1954265.jpg
c0000507_1953867.jpg
c0000507_1953313.jpg
c0000507_1952918.jpg
c0000507_1952589.jpg
c0000507_1951988.jpg
c0000507_1951329.jpg
c0000507_195834.jpg
c0000507_195167.jpg
c0000507_1944799.jpg
c0000507_1944238.jpg
c0000507_1943761.jpg
c0000507_1943024.jpg
c0000507_1942450.jpg
c0000507_1941942.jpg
c0000507_1941318.jpg
c0000507_194719.jpg

by tokyomonogatari | 2011-10-08 17:25 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

大和科学教材研究所 大和2極モーターA型

Daiwa Kagaku Kyozai Kenkyusho Daiwa Motor A Style Set

文部省小学校学習指導要領準拠 6学年用 大和2極モーターA型
指導 大阪学芸大学 射場光好

c0000507_0583154.jpg
c0000507_058234.jpg
c0000507_0581438.jpg
c0000507_058666.jpg
c0000507_0575858.jpg
c0000507_0575035.jpg
c0000507_0574246.jpg
c0000507_0573027.jpg
c0000507_057213.jpg
c0000507_0571433.jpg
c0000507_057636.jpg
c0000507_0565825.jpg
c0000507_0565159.jpg

by tokyomonogatari | 2011-06-15 00:54 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

Tamiya 70004 [リモコンボックスセット(1972)]

Tamiya 70004, Remote Control Box Set

この春に理系院生となったT氏と、タミヤ社の楽しい工作シリーズのおもひでについて語り、
ステアリングシステムの思い出や、セルフニュートラルではなかった過去の3ch/4chギヤボックスのスタイリッシュさや、
金属ギヤ時代のリモコンギヤボックスへマブチの140をふたつ並べてズズっと入れる、あの贅沢にして金属がガッツリぶつかり合う男っぷりの良いノスタルジィについてなど、
ああでもないこうでもないと語りあう中で、

結局のところ、タミヤ社の過去の商品において、最高のパッケージデザインは、旧版の2chリモコンボックスであろう、
と私見を述べたところ、T氏は旧版の2chリモコンボックスと言われてもピンと来ないらしく、
アレですよ、アレ、昔のリモコン戦車にも付属していたモナカスタイルのアレです、と言っても通じず、
なるほど分かりました、ブログで記事にしますと言って、それを書いたのが本記事である。

c0000507_1282451.jpg
↑商品本体を敢えて大きく描かず、その機能が一目見て分かるようにデザインされたこのパッケージ以上に、
スタイリッシュな作品は存在しないと私は思う。

c0000507_1283013.jpg
↑箱側面。
c0000507_128352.jpg
↑中身。基盤や金具やレバーはモナカを連想させるリモコンのボディに入った状態で箱に収められ、
懐中汁粉的なあり方のリモコンボックスであると言えよう。

-----------------------------------

以下に組み立ての過程を示す。

c0000507_1284028.jpg
↑レバーに金具を装着する。
c0000507_1284581.jpg
↑レバーを所定の位置にセットして、基盤を乗せる。
c0000507_1285033.jpg
↑もう一方のレバーをセットする。
c0000507_1285678.jpg
↑ビス、ナットを締めて、基盤部を閉じる。

c0000507_129223.jpg
↑電池受け金具を差し込む。
c0000507_129776.jpg
↑電池カバーをスライドさせてセット。
単二乾電池を4本、そのボディに収めるものだから、ずっしりと重い。
けれど、その重さこそが、このリモコンボックスの愛なのです。

-----------------------------------------------------------

c0000507_1291299.jpg
c0000507_1291754.jpg
c0000507_129404.jpg
c0000507_1294556.jpg
c0000507_1295241.jpg
c0000507_1295857.jpg
c0000507_130364.jpg


-----------------------------------------------------------

Tamiya 7004/70004 リモートコントロールボックスセット 箱側面表示の変遷
c0000507_1391342.jpg
↑上から、
(1)品番四桁7004、300円時代
(2)品番五桁70004、300円時代
(3)品番五桁70004、400円時代
by tokyomonogatari | 2011-05-01 01:30 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(5)

100円ショップのT-34

数年前に100円ショップで買ったもの。T-34的な形をしているリモコン戦車。
c0000507_7505598.jpg
c0000507_751023.jpg
c0000507_751528.jpg
c0000507_7511097.jpg
c0000507_7511515.jpg
c0000507_7512065.jpg
c0000507_751257.jpg
↑ウォームギヤで一発ガツンと減速。リモコンで前後する。
by tokyomonogatari | 2010-05-04 07:51 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

Nichimo U-2009-B [1/200 UボートⅣB型のドイツ海軍潜水艦乗組員]

c0000507_21271488.jpg
c0000507_2127425.jpg
c0000507_21265511.jpg
c0000507_21264778.jpg
c0000507_21263925.jpg
c0000507_2126315.jpg
c0000507_21262477.jpg
c0000507_21261820.jpg
c0000507_2126126.jpg
c0000507_2126597.jpg
c0000507_21255980.jpg
c0000507_21255266.jpg

by tokyomonogatari | 2010-03-03 03:35 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

PitRoad SW06 上陸作戦の軍用車両群

c0000507_22443571.jpg
c0000507_2244395.jpg
↑このランナーが二枚。
c0000507_22444467.jpg
c0000507_22444967.jpg
c0000507_22445435.jpg
c0000507_22445847.jpg
c0000507_2245344.jpg
c0000507_22453115.jpg
c0000507_22453637.jpg

by tokyomonogatari | 2009-09-10 22:45 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)

Everybody Digs MABUCHI S-1

マブチS-1 水中モーターのディテール
MABUCHI S-1 in detail
c0000507_095313.jpg
c0000507_095930.jpg
c0000507_010512.jpg
c0000507_0101062.jpg
c0000507_0101522.jpg
c0000507_0102145.jpg
c0000507_0102674.jpg
c0000507_0103192.jpg
c0000507_0103619.jpg
c0000507_0104271.jpg
c0000507_0104853.jpg
c0000507_0105571.jpg
c0000507_011311.jpg
c0000507_0111085.jpg
c0000507_0111751.jpg
c0000507_0112571.jpg
c0000507_0113198.jpg
c0000507_011426.jpg
c0000507_0115957.jpg
c0000507_012895.jpg


----------------------------------------------------

彼岸花以降の小津的色彩としての紅白、あるいは金魚的な紅白と、
イエローサブマリンのイメージだろう黄色と青で、
どちらが好ましいかと言えば、やはり紅白の方が、水中にあって違和感が少ない印象なのは、
子供時代の憧憬、慣れ親しみバイアスからだけではないはずで、
どこか黄色と青の新版=タミヤ版は、人工的なにほひがキツく感ぜられ、
夏の情趣に、いまひとつマッチしない色彩だとお見受けしております。

私見では、紅白マブチのデザインはどことなく切なさを内包していて、
その切なさこそが水中モーターの本質なのだ、と思います。

c0000507_23373442.jpg
↑推進力では旧版>新版。
モーターのサウンドが明確に違っていて、旧版の方が甲高く、アァ、回っているぞという感あり。
同じフロートに互い違い一直線上に並べて手を離すと、旧版の推進方向に引っ張られます。
c0000507_23374051.jpg
c0000507_2338541.jpg
c0000507_23381151.jpg
c0000507_23381767.jpg
c0000507_23382371.jpg
c0000507_23382851.jpg
c0000507_23383354.jpg


----------------------------------------------------------

※袋の中での劣化現象

先日南房総へ小旅行に行き、商店街を歩けば、マブチS-1水中モーターの黄色いカートンの、その黄色さが、
ガラス越しに眼にサックリ差し込んで来た駄菓子屋に入り、買って、電車待ちながら中身を見てみれば、
劣化なさっていた、マブチ水中の君。
田舎の駅、ベンチに腰かけるのは私一人と劣化したマブチ水中モーター。
古さ感ぜられる物は、中を見て確認せねばと、改めて感ぜられた、秋の日でありました。
c0000507_22281046.jpg
↑箱はまだまだ大丈夫そう。
c0000507_22281561.jpg
↑吸盤がとろけていて、袋にへばりついていらっしゃる。
c0000507_2228198.jpg
↑水中モーター本体にも、斑点状のしみが生じている。
c0000507_22282437.jpg
c0000507_22282895.jpg
↑スクリュー部も褐色がかっている。
c0000507_22283238.jpg
↑内部は綺麗で、廻るだろうと期待していたのですが、シャフト部に何かが固着しているらしく、廻らず。

--------------------------------------------------------------------


※余録 マブチ水中モーター×シャープペンのディテール
c0000507_0121574.jpg
↑当該写真は、Mojo Club Weblogの2010年9月19日記事「オサーン的 懐かしシリーズ 其の弐」で出典元が明記されず、
模型慕情筆者の知らぬままに転載され、マブチの水中モーターの写真として示されていますが、
これは純正の水中モーターにシャープペンを入れる改造を行ったものであり、水中モーターの写真としては相応しくありません。
c0000507_0122261.jpg
c0000507_0122975.jpg
c0000507_0123667.jpg

by tokyomonogatari | 2009-03-13 00:11 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(0)