カテゴリ:Japan( 75 )

日本軍兵士・自衛隊員フィギュア記事索引

(A)日本軍フィギュア記事索引

(1)1/35

Tamiya

Tamiya 35075-C [九七式中戦車の日本陸軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/16704319/

Tamiya 35090 [日本陸軍歩兵セット]
http://tokyostory.exblog.jp/15690149/

Tamiya 35095-C [一式砲戦車の日本陸軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/12706714/


Dragon

Dragon 6044 [1945年硫黄島、日本陸軍兵士]
http://tokyostory.exblog.jp/15541761/

Dragon 6167 [ウインドトーカーズ]
http://tokyostory.exblog.jp/16633629/

FineMolds

Fine Molds FM-10-D [九七式軽装甲車の日本陸軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/17076090/

Fine Molds FM-22 [帝国陸軍戦車兵セット(階級章デカール付き)]
http://tokyostory.exblog.jp/15302142/

Fine Molds FM-23 [帝国陸軍戦車兵セット2 (階級章デカール付き)]
http://tokyostory.exblog.jp/15233893/

Fine Molds-女学生 [Japanese School Girl 1940's]
http://tokyostory.exblog.jp/15302044/

Fine Molds Miritary Series No.3 [Japanese Army Infantry (Metal)]
http://tokyostory.exblog.jp/7226403/

Modelkasten

Modelkasten Imperial Gallant Figure No.1[日本陸軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/15671535/


Pit-Road

Armour Modelling/Pit-Road [日本陸軍九二式重機関銃と歩兵]
http://tokyostory.exblog.jp/22383493/



Master Box

Master Box 3542 [大日本帝国海軍タラワの戦い 1943年11月]
http://tokyostory.exblog.jp/12240627/

Master Box 3544 [1943年11月、タラワの日本海軍陸戦隊兵士とアメリカ軍海兵隊兵士]
http://tokyostory.exblog.jp/15689394/


Wariors

Warriors 35519 [防寒服の日本陸軍戦車兵]
http://tokyostory.exblog.jp/16196789/


Kirin

Kirin 25004 [防寒服の日本陸軍戦車英]
http://tokyostory.exblog.jp/24793704/

Taisho Modelling

Taisho Modelling RM-35005 [ロス五輪の英雄 バロン西 硫黄島1945]
http://tokyostory.exblog.jp/25691469/

(2)1/32

Tamiya

Tamiya 60309=60317-Z [1/32 日本海軍パイロット]
http://tokyostory.exblog.jp/16019688

Tamiya Philippines [1/32 日本海軍搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/9961324/



Fine Molds

Fine Molds AD-07 [1/32 加藤建夫]
http://tokyostory.exblog.jp/10391420/


Doyusha

Doyusha 32-AKF-D [1/32 九三式中間練習機の日本海軍予科練練習生と教官と整備兵]
http://tokyostory.exblog.jp/15757459/


Glencoe Models

Glencoe Models 02202 [1/32 日本兵]
http://tokyostory.exblog.jp/18694343/



乃木将軍 (54mm)
http://tokyostory.exblog.jp/12207594/






(3)1/48-1/50

Tamiya 32565-B [1/48 コマツG40ブルドーザーの日本海軍兵士]
http://tokyostory.exblog.jp/8106693/

Tamiya 60511-figure [1/50 零式観測機の日本海軍搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/7662829/

Tamiya 61025-A [1/48 帽振れの日本海軍整備兵たち]
http://tokyostory.exblog.jp/14025425/

Tamiya 61103-Z [1/48 日本海軍パイロット]
http://tokyostory.exblog.jp/11452893/

Tamiya 61110-Z [山本五十六大将と日本海軍偵察員]
http://tokyostory.exblog.jp/17269456/

Hasegawa 36502-B [1/48九七式側車付自動二輪車の日本軍オートバイ運転手と機銃手]
http://tokyostory.exblog.jp/22513686/

Hasegawa 36502-F [1/48九五式小型乗用車くろがね四起(3型)の日本軍運転手と機銃手]
http://tokyostory.exblog.jp/22513707/

Hasegawa 36502-G [1/48九七式側車&九五式小型乗用車の日本陸軍将校]
http://tokyostory.exblog.jp/22513721/

Fine Molds FB-9-B [1/48 隼の日本陸軍パイロット]
http://tokyostory.exblog.jp/26301995/

Scale Aviation/Modelkasten [1/48 台南空の坂井三郎]
http://tokyostory.exblog.jp/14416047/

Scale Aviation/Modelkasten [1/48 岩本徹三]
http://tokyostory.exblog.jp/14422752/

Arii 338-C [1/48 93式中間練習機の日本海軍予科練生徒と教官]
http://tokyostory.exblog.jp/7733759/

Nichimo 4814-figure [1/48 九五式一型乙中間練習機の日本陸軍飛行学校生徒と教官]
http://tokyostory.exblog.jp/7802365/


(4)1/16

Tamiya 36312 [1/16 WWⅡ日本海軍搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/5008687/


(5)1/12

FineMolds FT-03 [1/12 大日本帝国陸軍歩兵大清水一等兵]
http://tokyostory.exblog.jp/11157245/


(6)1/350

Fujimi 111650 [1/350 日本海軍艦艇乗組員②]
http://tokyostory.exblog.jp/16428369/






===========================================================

(B)自衛隊員フィギュア記事索引


Tamiya 35163-D [61式戦車の陸上自衛隊戦車搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/15372432/

Tamiya 35114=35168-B [74式戦車の陸上自衛隊戦車搭乗員全身像]
http://tokyostory.exblog.jp/15796856/

Tamiya 35114=35168-C [74式戦車の陸上自衛隊戦車搭乗員半身像]
http://tokyostory.exblog.jp/3678905/

Tamiya 35168-D [74式戦車の陸上自衛隊戦車搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/15510227/

Tamiya 35208-B [90式戦車の陸上自衛隊戦車搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/16334615/

Tamiya 35245 [陸上自衛隊オートバイ偵察セット]
http://tokyostory.exblog.jp/11901986/

Tamiya 89564=35260-X [90式戦車に砲弾を搭載する陸上自衛隊戦車搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/16695444/

Tamiya 35260-Y [90式戦車の傍らでしゃがむ陸上自衛隊戦車搭乗員]
http://tokyostory.exblog.jp/16700052/

Tamiya 35275-B [陸上自衛隊軽装甲機動車の運転手]
http://tokyostory.exblog.jp/17516506/

Tamiya 35275-D [クリアー成形の自衛隊員ゴーグル]
http://tokyostory.exblog.jp/12032286/

Tamiya 35276 [陸上自衛隊イラク派遣隊員セット]
http://tokyostory.exblog.jp/11908152/

Pit-Road G-04-F [陸上自衛隊隊員]
http://tokyostory.exblog.jp/14877675/

Hasegawa SP-172 [陸上自衛隊"アタックソルジャー"]
http://tokyostory.exblog.jp/25024965/

djiti's Production 35015 [陸上自衛隊AFVクルー]
http://tokyostory.exblog.jp/19530774/



------------------------------

(C)侍フィギュア記事索引

Tamiya 89556 [忠臣蔵]
http://tokyostory.exblog.jp/11684404/

Tamiya 89536 [1/16 戦国武将]
http://tokyostory.exblog.jp/16862268/

Tamiya [1/25 Samurai]
http://tokyostory.exblog.jp/5728483/
by tokyomonogatari | 2012-03-30 22:07 | Japan | Comments(0)

Glencoe Models 02202 [1/32 日本兵]

Glencoe Models 02202, 1/32 Japanese Infantry

グレンコモデルズ社の日本兵は、ゲテモノと評される事がしばしばあります。
改めて見てみますと、なるほど造形的にはアレですけれども、ポオズの面白さは他社の日本兵よりも上であると私は思います。

また、二人の日本兵のイエローフェイス*なイメージ=メガネ・出っ歯・スラントアイの三要素完備ぶりに目を奪われて、
そのポオズが稀有な投降する日本兵の造形は中々上質に仕上がっていることは見落としてはなりませんし、
日本兵表象史の史料のひとつとしても、手元に置いておきたいフィギュアに仕上がっているとお見受けいたします。

--------------------------------------------
(註)
*映画におけるアジア人のイメージについて、以下の二冊は必読。
村上由見子 『イエロー・フェイス ハリウッド映画にみるアジア人の肖像』(朝日新聞社、1993)
増田幸子 『アメリカ映画に現れた「日本」イメージの変遷』(大阪大学出版社、2004)
--------------------------------------------

c0000507_23434855.jpg
c0000507_23433987.jpg
↑箱絵の3人のみでなく、11ポオズのフィギュア合計20人入りのキットです。
c0000507_23433137.jpg
c0000507_234321100.jpg
c0000507_23431345.jpg
c0000507_2343639.jpg
c0000507_23425869.jpg
c0000507_23425096.jpg
c0000507_23424296.jpg
c0000507_23423391.jpg
c0000507_23422485.jpg
c0000507_23421758.jpg
c0000507_2342830.jpg
c0000507_23411686.jpg
c0000507_2341732.jpg
c0000507_23405987.jpg
c0000507_2340285.jpg
c0000507_2340476.jpg
c0000507_23401446.jpg
c0000507_2340685.jpg
c0000507_23395686.jpg
c0000507_23394652.jpg
c0000507_23393812.jpg
c0000507_23393027.jpg
c0000507_2339198.jpg
c0000507_23391161.jpg
c0000507_2339296.jpg
c0000507_23384846.jpg
c0000507_23383991.jpg
c0000507_23383095.jpg
c0000507_23382226.jpg
c0000507_23381333.jpg
c0000507_2338434.jpg
c0000507_2337557.jpg
c0000507_23374765.jpg
c0000507_23373870.jpg
c0000507_23373029.jpg
c0000507_23372145.jpg
c0000507_23371474.jpg
c0000507_2337556.jpg
c0000507_23365522.jpg
c0000507_2336461.jpg
c0000507_23363931.jpg
c0000507_23362957.jpg
c0000507_23362290.jpg
c0000507_2336818.jpg
c0000507_233619.jpg
c0000507_23355288.jpg
c0000507_2335343.jpg
c0000507_23352710.jpg
c0000507_23352021.jpg
c0000507_2335999.jpg
c0000507_2335344.jpg
c0000507_2334552.jpg
c0000507_23344883.jpg
c0000507_23344211.jpg
c0000507_23343590.jpg
c0000507_23342691.jpg
c0000507_23341985.jpg
c0000507_2334126.jpg
c0000507_2334632.jpg
c0000507_2334021.jpg
c0000507_2333546.jpg
c0000507_23334890.jpg
c0000507_23334163.jpg
c0000507_23333652.jpg
c0000507_23332971.jpg
c0000507_23332356.jpg
c0000507_23331738.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-29 17:19 | Japan | Comments(0)

Tamiya 35095-C [一式砲戦車の日本陸軍戦車兵]

Tamiya社の日本陸軍戦車兵は35075-Cのふたりと、35090-Cのふたりの計四人が存在します。
前者の凛々しすぎるほどのヘッドに比して、後者は少年野砲兵学校*のマーキングも選択肢に入っているためか、
少年的愛らしさを湛えたヘッドで造形されている印象です。

フィギュアの造形的美しさで言えば、35075-Cの方が冴えていますけれど、
35095-Cは、九七式中戦車系列の車輌内部をそれらしく作ることの出来る床部分と座席が含まれており、
何かと利用価値が高いパーツだと思います。

一式砲戦車を用いた情景作品史上の最高傑作は、平野義高氏のあの作品**である、と言う事は、疑う余地もない事ですけれども、
あのフィギュア達を、インジェクションキット化して欲しい、と思い続けて10年以上経ちました。

-------------------------------------
(註)
*少年野砲兵学校については、例えば『別冊一億人の昭和史 日本の戦史別巻7 陸軍少年兵』 (毎日新聞社, 1981) P.143-158を参照。
**『平野"フィギュアマイスター"義高の仕事』(大日本絵画、2004), P.24-31所収
-------------------------------------


c0000507_22391534.jpg
c0000507_2239798.jpg
c0000507_2239083.jpg
c0000507_22385356.jpg
c0000507_22384890.jpg
c0000507_22384232.jpg
c0000507_22383588.jpg
c0000507_22382816.jpg
c0000507_22382217.jpg
c0000507_22381696.jpg
c0000507_22381077.jpg
c0000507_2238469.jpg
c0000507_22375949.jpg
c0000507_22375312.jpg
c0000507_22374839.jpg
c0000507_22374225.jpg
c0000507_22373669.jpg
c0000507_22373028.jpg
c0000507_22372577.jpg
c0000507_22371931.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 17:31 | Japan | Comments(0)

Armour Modelling/Pit-Road [日本陸軍九二式重機関銃と歩兵]

Armour Modelling/Pit-Road, Japanese Type 92 Heavy Machine Gun w/ Japanese Infantry

c0000507_20462191.jpg
c0000507_2046951.jpg
c0000507_2046158.jpg
c0000507_20455221.jpg
c0000507_20453588.jpg
c0000507_20451930.jpg
c0000507_2045737.jpg
c0000507_20445683.jpg
c0000507_20444675.jpg
c0000507_2044366.jpg
c0000507_20442862.jpg
c0000507_20442180.jpg
c0000507_20441418.jpg
c0000507_204437.jpg
c0000507_20435395.jpg
c0000507_20434496.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-20 20:50 | Japan | Comments(0)

Tamiya 35075-C [九七式中戦車の日本陸軍戦車兵]

Tamiya 35075-Cは素直な立ちポオズなので、改造の基礎としても重宝するありがたい存在なのです。

--------------------------------------------------------------------

Tamiya 35075-Cを用いて、日中戦争期の日本兵を製作する過程。
c0000507_2161049.jpg
↑Tamiya 35075-Cのゲートルを巻いた脚と、35086の開脚座りの下半身のパーツを関節をの角度を変えつつ繋げる。
c0000507_2165100.jpg
↑Tamiya 35075-Cの上半身のモールドを削り取ったものに各種フィギュアパーツを繋げて、仮に大まかに形出す。
c0000507_2155653.jpg
↑昭五式軍衣の詰襟をエポキシパテで造形。雑嚢も作る。
水筒パーツは35075-Cのものを用いる。私見では35090の水筒よりも形が冴えている。
雑嚢と水筒の紐は板鉛で作る。
c0000507_2155158.jpg
↑水筒のふたに繋がっている紐をマスキングテープ細切りで作る。
c0000507_2154736.jpg
↑水筒を肩から提げている紐のベルトの下からの部分をマスキングテープ細切りで作る。
c0000507_2153369.jpg
↑ベルトの下からのマスキングテープの紐のラインを、ベルト上からの板鉛の紐のラインに繋げる。
c0000507_2152321.jpg
↑帽垂れはエポキシパテを薄く延ばしたもので作ることが出来る。
c0000507_2151749.jpg
↑エポキシパテが硬化する前に形を決める。
c0000507_2185667.jpg
↑靴の紐は伸ばしランナーで作り直す。
c0000507_2331125.jpg
↑伸ばしランナーでバックルを作る。
c0000507_233641.jpg
↑細いプラ棒をスライスしたもので靴の裏に鋲を打つ。


----------------


c0000507_222357.jpg
↑鉄帽は裏をリューターでくり抜いてからヘッドにかぶせる。
c0000507_219582.jpg
↑エポキシパテとプラスチックのパーツ片から雑嚢と衛生用具嚢を作る。
c0000507_2195120.jpg
↑リューターとやすりで紐の通る路を彫り窪ませて、エポキシパテを適量埋める。
c0000507_2194696.jpg
↑板鉛で紐を作る。
c0000507_219419.jpg
↑35075-Cの水筒を雑嚢にフィットさせる。
c0000507_2193652.jpg
↑座る兵士の水筒とは、ふたの紐の位置を変えて作ってみる。
こちらは中央から延びる紐がふたに繋がったタイプにする。マスキングテープ細切りで作る。
c0000507_2193135.jpg
↑肩からかける紐のベルトから下の部分をマスキングテープ細切りで作る。
c0000507_2192538.jpg
↑紐のラインを繋げる。
c0000507_2212574.jpg
↑銃剣のディテールを作り直す。
c0000507_2192028.jpg
↑伸ばしランナーで靴紐を作り直す。
c0000507_2335582.jpg
↑胸ポケットをエポキシパテで造形。伸ばしランナーでバックルを作る。
c0000507_2335099.jpg
↑エポキシパテで衛生兵袖章を作る。マスキングテープ二枚重ね細切りで鉄帽から下る顎紐を作る。
c0000507_2334583.jpg
↑エポキシパテで顎紐の蝶結びの輪を造形。
c0000507_2334122.jpg
↑エポキシパテで顎紐の蝶結びの線を造形。
c0000507_2333665.jpg
↑紐を整える。
c0000507_2333158.jpg
↑エポキシパテで鉄帽の下にかぶった戦闘帽のひさしを作る。
c0000507_2332674.jpg
↑サーフェイサーを吹く。

c0000507_2353246.jpg
c0000507_2354630.jpg
c0000507_2355385.jpg

c0000507_236145.jpg




c0000507_373959.jpg
↑日本兵の写真資料として、毎日新聞社 『一億人の昭和史・日本の戦史』シリーズは必携。



---------------------------------------------------------------------


Tamiya 35075-C, Imperial Japanese Army Tank Crew

Tamiya社のMM史において、最多リリース数を記録した年が1975年である事は、周知の事であろう。
その年間28リリースの大トリとして12月に発売されたのが、35075の九七式中戦車であった*。
無論、付属した日本軍戦車兵は日本人フィギュアとしてMM史上初であった事は敢えて指摘するまでもないし、
この頭部は、Tamiya社フィギュア史上、最高の凛々しさを湛えた逸品であることも今再び確認する必要も無いであろう。

1965年生まれのウラソフ氏は、
「前半勝ち戦の頃の勢いづいた表情の仕上がりで、MMの中の貴重な存在である事とも相まって、重宝がられたフィギュアであった」**
と評し、
1966年生まれのモリナガ・ヨウ氏によって、
「すっごく怖い顔」***と評されたこの戦車兵は、
1/35インジェクションで作業衣スタイル、かつ戦車のハッチから身体を出したポオズが与えられているフィギュアとして、
2011年の現在においても唯一の存在であって、未だに過去のモノになってはおらず、
第一線現役であると自信を持って言明出来る70年代インジェクションフィギュアとして、ほぼ唯一と言ってよい稀有な存在である。

本記事では36年目のTamiya 35075を、やや多めの写真で、敢えて今、眺めておきたい。

---------------------------------------------------------
(註)
*模型店店員の7割は、1975年発売のイメージから35075の品番を記憶しているものだと私は推測している。

**『パンツァーグラフ!』12号(2008年春号)モデルアート,P.28

***『35分の1スケールの迷宮物語』 大日本絵画,2003,P.25
-----------------------------------------------------------

c0000507_353892.jpg
↑ウラソフ氏は「重宝がられたフィギュアであった」と重宝したのが過去の事象であるとも読み得る書き方をしているものの、
その読み方は誤読に他ならず、彼はやはり、明らかに現在でも重宝するフィギュアであると思う。

写真のそれはゼロ年代半ばに、Tamiya 35075-CをHornetizeしつつ、昭五式軍衣スタイルの中国戦線における日本陸軍衛生兵を作ってみたものである。

--------------------

Tamiya 35075-Cは、戦車帽、作業衣袴に帯革、ゲートルに南部十四年式拳銃ホルスターのコーデ。
中西立太先生の『日本の軍装』(大日本絵画)で描かれている戦車兵は、普通の帯革=ベルトの上から拳銃弾薬盒帯革=ピストルベルトを締め、
拳銃弾薬ポーチやゴーグルポーチの背面ループにピストルベルトを通して固定し、
併せて南部十四年式ホルスターの背面ループを通して固定しているスタイルなのですけれども、
Tamiya 35075-C及び35095-Cの作業衣袴スタイルの日本兵は全て、
普通の帯革一本を締め、南部十四年式ホルスターの背面ループをその帯革に通しているスタイルでまとめられています。

それとは対照的に、Fine Molds社の日本陸軍戦車兵は全てピストルベルトを着用しており、
各々の拳銃ホルスターに拳銃弾薬ポーチ、ゴーグルポーチの背面ループをピストルベルトに通した、
『日本の軍装』的スタイルでまとめられています。

(1)Tamiya 35075-Cをストレートに組んだもの

c0000507_2593744.jpg
c0000507_2594288.jpg
c0000507_2594750.jpg
c0000507_2595215.jpg
c0000507_2595697.jpg
c0000507_30157.jpg
c0000507_3074.jpg
c0000507_301245.jpg
c0000507_301757.jpg
c0000507_302378.jpg
c0000507_302818.jpg





----------------------------------
(2)ヘッドを眺める

c0000507_303251.jpg
c0000507_303896.jpg
c0000507_304471.jpg
c0000507_305234.jpg
c0000507_305831.jpg
c0000507_31428.jpg
c0000507_311099.jpg





------------------------------------
(3)Fine Moldsヘッドの差し替え可能性
c0000507_311623.jpg
c0000507_312377.jpg
c0000507_312974.jpg
c0000507_313712.jpg
c0000507_314419.jpg
c0000507_31525.jpg
c0000507_315875.jpg
c0000507_32448.jpg




--------------------------------------
(4)パーツ状態

総じて70年代のキットの部品はカスタマーパーツとして購入した時にも安価である。
これを私はカスタマーパーツプライス設定の経路依存性(Path Dependency of CPP)と呼ぶ。
Tamiya 35075-Cは、一枚340円(税別)である。
c0000507_321175.jpg

↑Tamiya 35075-Cのメインとなる部品は57mm砲塔である。
キューポラハッチ裏側のディテールは省略されており、意識の高いモデラーは作り直すべき部分。

チハのキューポラハッチ裏側の写真資料で、私的におススメなのは以下の写真。
パノラマメガネ・ハッチ裏側は『文化映画』 昭和18年7月号 P.31
三日月ハッチ裏側は『別冊一億人の昭和史 日本の戦史別巻7 陸軍少年兵』(毎日新聞社, 1981)P.111

『文化映画』の写真は、戦時下の映画史を調べている際に見つけ、衝撃を受けた。
『陸軍少年兵』は、日本軍モデラーがまさか持っていないはずがない一億人の昭和史シリーズの一冊であるが、
菊池俊吉氏の写真でおなじみの昭和18年、少国民総決起大会の戦車の私的には初見の写真が多数収録されており、
少国民総決起大会参加車輛研究の際に必読であると思う。

また、グランドパワー2009年8月号(No.183) 特集「太平洋戦争の日本軍戦車写真集」は必携。
P.53のチハのハッチ裏側の写真は必見。

c0000507_3217100.jpg
c0000507_322533.jpg
c0000507_323179.jpg
c0000507_32373.jpg
c0000507_324327.jpg
c0000507_325056.jpg
c0000507_325677.jpg
c0000507_33382.jpg


---------------------------------------------------------------

※余録 九七式中戦車防盾部のボルト表現

Tamiya 1/35 九七式中戦車砲塔の、前方上部のリベット/ボルトは省略されていて、
追加工作したい部分ですが、写真を見ると、沈んだ物と沈んでないものがあるように思われます。

この部分とリベット/ボルト位置が鮮明に見える写真としては、
昭和18年銀座、九五式軽戦車や九七式中戦車を撮影した、
菊池俊吉氏の「小国民総決起大会の日」シリーズの中の一枚がありますが、
写真に収められた九七式中戦車の砲塔の前方上部のリベット/ボルトは一般的仕様らしい沈んだタイプ。

掘り窪まれてなく、沈んだ位置でなく、そのままリベット/ボルトがつけられたもののように見えるのは、
キューポラ・ハッチ裏のディテールが見える点でも重要な一葉、
昭和19年サイパン、「菊水に若桜」号。

今回はささやかな工作で、沈んだ方を表現。
c0000507_21295489.jpg
↑カルコで等間隔にポンチング。
c0000507_2130225.jpg
↑1.1mmドリルで貫通させないように窪ませて、そこに適当なキットから削ぎ取ったリベットを接着。
写真を改めて見ると、もっと後方寄りの方が正確、もしくはこの部分の縦方向への長さが長すぎにも見えて、端を切削するとベストだと思われます。
c0000507_2130879.jpg
↑戦時中のインドネシアの映画について調べておりますと、
そこから横にそれて、イラストレイテッド・ロンドン・ニュースの写真などに見られる、戦後インドネシアの日本軍戦車が気になります。
by tokyomonogatari | 2012-03-16 02:14 | Japan | Comments(0)

Dragon 6044 [1945年硫黄島、日本陸軍兵士]

2011年の模型シーンで、何にも増して嬉しかったのは、Dragon 6044の再販でございました。

Dragon 6044, Japanese Army Infantry (Iwo Jima 1945)

c0000507_2324171.jpg
c0000507_232488.jpg
↑そろそろ、銀輪部隊のインジェクションキットが欲しいところです。

c0000507_934087.jpg


======================================
Dragon 6044が含まれているキットの箱に記載されているタイトルは三種類ある。

Dragon 6044 「日本陸軍兵士 (南太平洋戦線)」
Dragon 6044 "Japanese Army Infantry (Iwo Jima 1945)"
Dragon 6167 "WINDTALKERS, U.S. Marines & Japanese Army Infantry"


c0000507_2325428.jpg
↑パッケージその1
c0000507_233177.jpg
↑パッケージその2
c0000507_941544.jpg
↑パッケージその3

c0000507_233672.jpg
c0000507_2331158.jpg
c0000507_2331727.jpg
c0000507_2332270.jpg
c0000507_2332677.jpg
c0000507_23333100.jpg
c0000507_2333876.jpg
c0000507_233439.jpg
c0000507_2334930.jpg
c0000507_2335639.jpg
c0000507_234264.jpg
c0000507_234962.jpg
c0000507_2341798.jpg
c0000507_2342459.jpg
c0000507_2343033.jpg
c0000507_2343654.jpg
c0000507_2344273.jpg
c0000507_2344975.jpg
c0000507_2345821.jpg
c0000507_235790.jpg
c0000507_2351451.jpg
c0000507_2352233.jpg
c0000507_2352858.jpg
c0000507_235357.jpg
c0000507_2354370.jpg
c0000507_2355086.jpg
c0000507_235566.jpg
c0000507_236381.jpg
c0000507_2361016.jpg
c0000507_2361792.jpg
c0000507_236254.jpg
c0000507_2363236.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-12 08:57 | Japan | Comments(0)

Kirin 25004 [防寒服の日本陸軍戦車兵]

Kirin 25004, Japanese Tank Crew WW2
Designed by Bill Chilstrom

Warriors 35319でも、Bill Chilstorm氏は防寒服の日本陸軍戦車兵の原型を製作しています。

Kirin 35004では原型師は右肩から下がるベルトをサムブラウンベルト的に、
腰の帯革を斜めに吊るすものだと原型師は解釈しているようで、
全身像も、半身像も、右肩から斜めに下がる紐には何の装備品もつなげられることなく、
腰の帯革にかかるばかりとなっています。

装備品につながることのない紐がある問題を解決するべく、水筒か図嚢かを与えたいところなのですけれど、
全身像はそれで良いとして、半身像が左肩から拳銃ホルスターを下げずに、右肩からのみ何かを下げている、というのはどうにも違和感があるので、
結局のところ、半身像の場合は左肩からの拳銃ホルスターのベルトを追加し、右肩からのベルトに何らかの装備品をつなげるか、または切削してしまうか、
全身像の場合は左肩からのベルトに何か装備品をつなげるか、または切削してしまうか、の処方を行わなければならないと思います。

また、防寒ズボンの大型ポケットにフラップがついていないというのも気になるところですし、
おそらくは九四式拳銃のホルスターを意識しているのであろう拳銃嚢もややオーバースケール気味ですので、
ガッツリと作り直したいところなのです。

しかし、それを差し引いてもなお、Bill Chilstorom氏の防寒服の造形は適度なモコモコ感が愛らしく、
全身像の汎用性の高いポーズとも相俟って、Kirin 25004は日本軍モデラーが手元に置いておかねばならないフィギュアに仕上がっていると思います。

防寒服の日本軍戦車兵は良質なフィギュアに恵まれていて、
Warriors 35319も、Kirin 25004もクールにまとまっており、
Fine Molds AF-8=FM-9=FM-22は、あの四人の戦車兵の中でも卓抜なのが防寒服戦車兵だと思うのです。
しかし、そろそろインジェクションフィギュアキットとして、満州や占守島の冬季訓練時のフィギュアとしての、
防寒服をまとった日本陸軍戦車兵の、それこそ決定版が欲しいところなのです。

c0000507_120373.jpg
c0000507_1201471.jpg
c0000507_1202643.jpg
c0000507_1203720.jpg
c0000507_1204968.jpg
c0000507_121355.jpg
c0000507_12119100.jpg
c0000507_1213787.jpg
c0000507_1215557.jpg
c0000507_122476.jpg
c0000507_1222357.jpg
c0000507_1223556.jpg
c0000507_1225092.jpg
c0000507_123373.jpg
c0000507_1232212.jpg


-------------------------------------------------

c0000507_1235110.jpg
c0000507_124583.jpg
c0000507_1242538.jpg
c0000507_1244595.jpg
c0000507_1245767.jpg
c0000507_125994.jpg
c0000507_1252578.jpg
c0000507_1254014.jpg
c0000507_1255741.jpg
c0000507_1261815.jpg
c0000507_1263233.jpg
c0000507_1264746.jpg
c0000507_127326.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-11 01:19 | Japan | Comments(0)

djiti's Production 35015 [陸上自衛隊AFVクルー]

djiti's Production 35015, JGSDF AFV Crew

c0000507_0215793.jpg
c0000507_0215092.jpg
c0000507_0214436.jpg
c0000507_021376.jpg
c0000507_0213284.jpg
c0000507_0212434.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-01 00:20 | Japan | Comments(0)

Tamiya 35275-B [陸上自衛隊軽装甲機動車の運転手]

Tamiya 35275-Bを眺める前に、MMシリーズの陸上自衛隊ヘルメットのカバーのシワについて押さえておこうと思います。
若干の彫られ具合の差こそあれ、それを「シワ少なめタイプ」と「シワ多めタイプ」の二種類に分ける事が出来ます。

(1)Tamiya 35276-小火器ランナーY
c0000507_13263011.jpg
↑Tamiya社の陸上自衛隊ヘルメットはこの写真の二種類に分けられる。
手前が「シワ少なめタイプ」、奥が「シワ多めタイプ」である。
c0000507_13264148.jpg
↑「シワ少なめタイプ」が、35276-小火器ランナーYにはふたつ含まれていますが、その彫られ具合は若干異なっています。
c0000507_13265014.jpg
↑こちらも「シワ少なめタイプ」なのですが、窪みが見られる点に注意です。
c0000507_1326563.jpg
↑「シワ多めタイプ」は、35276-小火器ランナーYには3つ含まれています。


------------------------------

(2)Tamiya 35275-B
c0000507_13295539.jpg
↑35275-Bは、「シワ少なめタイプ」が付属。手前の斜めのシワの線が縫い目を"越境"しているのも「シワ少なめタイプ」の特徴。


-------------------------------

(3)Tamiya 35260-X
c0000507_13302043.jpg
↑35260-Xの「シワ少なめタイプ」
35260-Xは車輌の上下で砲弾を渡す人、受ける人のふたりが含まれており、
ヘルメットも「シワ少なめタイプ」と「シワ多めタイプ」の二種類が与えられています。

c0000507_13302789.jpg
↑35260-Xの「シワ多めタイプ」


------------------------------

(4)Tamiya 35260-Y
c0000507_13304371.jpg
↑35260-Yは、ヘッドと腕パーツの選択で別人を作ることが可能なのですが、与えられたヘルメットは「シワ少なめタイプ」のみです。

=============================








さて、Tamiya社の陸上自衛隊イラク派遣部隊員のフィギュアは合計6人。
そのヘッドの彫刻は35276(2004.7)の5人に比して35275-B(2004.6)のひとりの方がシャープな印象です。
その6人のヘッドに併せて、この機会に一般的な形のヘルメットをかぶったMMシリーズの陸上自衛隊員フィギュアのヘッドを全て眺めておきましょう。

こうして眺めて見てみますと、90式戦車以降の陸上自衛隊フィギュアのヘッドにおいて、
一般的なヘルメットをかぶったヘッドの造形には、どうも余力が残されている印象です。

結局のところ、"90式以降"の最高傑作は、AFVクルーヘルメットをかぶった90式戦車の戦車搭乗員=35208-B(1996.7)であろうかと見ております。

対象をMMシリーズの陸上自衛隊フィギュアの全て、に拡大すると、
そのヘッドの最高傑作は、愛らしい表情から、61式戦車の搭乗員=35163-D(1993.3)かしら、と思います。

(1)Tamiya 35276
c0000507_111085.jpg

c0000507_1111016.jpg
c0000507_1111774.jpg
c0000507_1112484.jpg
c0000507_1113256.jpg


--------------

(2)Tamiya 35275-B
c0000507_1113983.jpg


--------------

(3)Tamiya 89564=35260-X

c0000507_11545736.jpg

c0000507_11544269.jpg



--------------

(4)Tamiya 35260-Y

c0000507_11501713.jpg

c0000507_115067.jpg


------------------------------------------

Tamiya 35275-Bは座りポーズの陸上自衛隊員として貴重なフィギュアなのです。
先行する座像としては35163-D(1993.3)=61式戦車の搭乗員が存在しますけれど、
シートに座る陸上自衛隊員フィギュアとしては、35275-BがTamiya社唯一の存在です。

c0000507_10502032.jpg
c0000507_10501647.jpg
c0000507_10501122.jpg
c0000507_1050754.jpg
c0000507_1050331.jpg
c0000507_10495894.jpg
c0000507_10495382.jpg
c0000507_10494793.jpg
c0000507_1049404.jpg
c0000507_10493245.jpg
c0000507_10492688.jpg
c0000507_10492043.jpg
c0000507_10491480.jpg
c0000507_1049563.jpg
c0000507_10485760.jpg
c0000507_10484837.jpg
c0000507_10483856.jpg
c0000507_10483287.jpg
c0000507_1048263.jpg
c0000507_10482148.jpg

by tokyomonogatari | 2012-02-22 10:50 | Japan | Comments(0)

Taisho Modelling RM-35005 [ロス五輪の英雄 バロン西 硫黄島1945]

Taisho Modelling, RM-35005, Baron Takeichi Nishi, Japanese Imperial Army Officer and Olympic Gold Medalist

Sculpted by Ryoichi Miyakoda

1/35 日本軍レジンフィギュアの史上最高傑作を選出せよと言われれば、
都田良一氏原型の珠玉の逸品、大将モデリングのバロン西を私は推したいと思います。

日本軍の戦車帽は、インジェクションキット化=金型での完全再現が不可能な、アンダーカットが多く存在する形状をしており、
日本軍アイテムにおいて最もシリコンゴム型=レジンフィギュアであるアドバンテージが発揮されるヘッドギアが、
戦車帽であることは疑いようのないことなのですけれども、その戦車帽の造形は極上。

まごうことなき史上最高傑作の戦車帽をかぶったヘッドの首はパッケージ写真では左に振られていますが、右に振っても違和感がなく、
正面に据えても違和感がないという、寛容な襟の造形が与えられており、
その汎用性、情景的状況への対応可能領域の広さも、
このフィギュアが到達した史上最高傑作の位置の、その確かさをより強固なものにしており、
フィギュアモデラー万人が手元に置いておくべき日本軍フィギュアの最良の逸品であると、私はお見受けしております。

c0000507_0224275.jpg
c0000507_0224985.jpg
c0000507_0225755.jpg
c0000507_023456.jpg
c0000507_0231197.jpg
c0000507_0231832.jpg
c0000507_0232491.jpg
c0000507_0233085.jpg
c0000507_0233968.jpg
c0000507_0234536.jpg
c0000507_0235179.jpg
c0000507_0235760.jpg
c0000507_024846.jpg
c0000507_024184.jpg
c0000507_0242697.jpg
c0000507_0243513.jpg
c0000507_0244421.jpg
c0000507_0245356.jpg
c0000507_025159.jpg
c0000507_0251194.jpg
c0000507_0252310.jpg


----------------------------------------------------------------------------

c0000507_0255943.jpg
c0000507_026987.jpg
c0000507_026179.jpg
c0000507_0262936.jpg
c0000507_0263617.jpg
c0000507_0264384.jpg
c0000507_0265070.jpg
c0000507_0271100.jpg
c0000507_027873.jpg
c0000507_0272351.jpg


c0000507_028939.jpg
c0000507_0281739.jpg
c0000507_0282513.jpg
c0000507_0283311.jpg
c0000507_0284141.jpg
c0000507_0284816.jpg
c0000507_0285573.jpg
c0000507_029347.jpg

by tokyomonogatari | 2012-02-11 00:22 | Japan | Comments(0)