Aoshima G-6-102 [1/12 モーターサイクルライダー ライディングポーズ]

Aoshima G-6-102, 1/12 Motor Cycle Rider
c0000507_2110331.jpg
c0000507_21102911.jpg
c0000507_21102481.jpg
c0000507_21102075.jpg
c0000507_21101660.jpg
c0000507_21101154.jpg
c0000507_2110736.jpg
c0000507_211039.jpg
c0000507_2195837.jpg
c0000507_2195296.jpg
c0000507_2194850.jpg
c0000507_2194319.jpg
c0000507_2193938.jpg
c0000507_2193517.jpg

# by tokyomonogatari | 2012-03-30 03:11 | others | Comments(0)

Master Box 35103 [1941-1942年、コートを着たドイツ兵]

現状、最も面白いテーマをインジェクションフィギュアの身体に刻んでいるのは無論Master Box社である。
しかし、Master Box社は、自らがここまで模型シーンに好意的に受け容れられるとは当初は予想していなかったのではないか、
と、そのアイテム番号の振り方から想像されもするのである。

ここで各社の1/35ミリタリーキットのアイテム番号の振り方を少しだけ振り返っておくと、
Tamiya社のMMシリーズの場合、当初は001と三桁で振られ、途中から35○○と振る四桁に移行、
100を越えてからは、36○○と、百の位をひとつ上げることによって対応していたのを改めて、
35○○○の五桁体制に移行した。

Dragon社の場合、基本的には時代を頭二桁ないし頭一桁で分類して「門」を設け、
後の三桁ないしは二桁を(販売順序は数字を豪快に飛び越えて前後することが多々あるが)順次振る四桁体制を採っている。

Tristar社の場合、現行のタミヤ的な振り方、つまりは助記的にスケールの分母を頭におき、アイテム番号を付す方式、
35○○○というあり方である。

さて、Master Box社であるが、四桁で35○○と振っていたものが、いよいよ100を越えた。
その際に、36○○に繰り上げずに、35○○○の五桁体制が導入されたのである。今後、3599以前のアイテム番号を、
35099などとして、五桁に再編成するのか否か、(そして箱の印刷を改めるのか)が気になるところなのであるが、
ここで注目しておきたいのはそこではなく、スケールの分母で「門」を構成した場合、四桁では99までしか対応出来ない事は自明のことであるのに、
それを敢えて導入するという行為に切なくも暗示されているように感ぜられる、消極的な未来展望を描かせてしまう模型シーンの哀しさなのである。

-----------------------------------------

Master Box 35103, Cold Wind, German Infantry 1941-1942

明らかに買いです。「コートを着て歩くドイツ兵」が、五人のうち四人を占めるなんて、これ以上に素敵なことはありません。

Dragon 6098-A, 6116-Dはコートを着て歩くというよりも、その歩みを止める最後の一歩を踏みこんでいる感が脚の運びに感ぜられ、
6115-Cには歩くことの持続が感ぜられるものの、裾の翻り具合の違和感を拭えず、作り直したくなり
6158-Aも少し上半身の背筋が伸びすぎている印象で、
6119-Dは、歩く、というよりも、大きな一歩を踏み込んでいます。
Tamiya社の1/35MMシリーズでは、非戦闘的な歩くポーズのコートを着たドイツ兵は、35016(1972.6)まで40年遡らなければ存在せず、
Master Box 3538=3553は、脚の運びは良いものの、背筋が伸びておりもう少し前傾して欲しい印象です。
つまりは、インジェクションフィギュアにおいて、1/35のコートを着てすたすたと歩くドイツ兵の決定打は不在であった、と私は思います。

そこに登場したMaster Box 35103は、五人のうち四人が歩きポーズで、
彼らの脚の運びぶりを見れば歩くことを持続する意思が軽やかに伝わってくる秀逸な造形ぶりで、
これは嬉しいフィギュアなのです。

c0000507_2564199.jpg
c0000507_2563552.jpg
c0000507_2563093.jpg
c0000507_2562635.jpg
c0000507_2562167.jpg
c0000507_2561631.jpg
c0000507_2561116.jpg
c0000507_256785.jpg
c0000507_25635.jpg
c0000507_2555972.jpg
c0000507_2555488.jpg
c0000507_2554944.jpg
c0000507_2554515.jpg
c0000507_2554130.jpg
c0000507_2553511.jpg
c0000507_2553179.jpg
c0000507_2552644.jpg
c0000507_2552238.jpg
c0000507_2551833.jpg
c0000507_2551232.jpg
c0000507_255717.jpg
c0000507_255387.jpg
c0000507_2545825.jpg
c0000507_2545499.jpg
c0000507_2544984.jpg
c0000507_2544551.jpg
c0000507_2544196.jpg
c0000507_2543636.jpg
c0000507_2543230.jpg
c0000507_2542846.jpg
c0000507_254235.jpg


c0000507_254464.jpg
c0000507_25404.jpg
c0000507_2535564.jpg
c0000507_253501.jpg
c0000507_2534586.jpg
c0000507_2534075.jpg
c0000507_2533668.jpg
c0000507_253312.jpg
c0000507_2532552.jpg
c0000507_2532068.jpg
c0000507_2531664.jpg
c0000507_2531122.jpg
c0000507_253763.jpg
c0000507_253253.jpg
c0000507_2525897.jpg
c0000507_2525440.jpg
c0000507_2525188.jpg
c0000507_2524622.jpg
c0000507_2524025.jpg
c0000507_2523670.jpg
c0000507_2523176.jpg
c0000507_2522796.jpg
c0000507_2522315.jpg
c0000507_2521744.jpg
c0000507_2521283.jpg

# by tokyomonogatari | 2012-03-30 02:57 | Germany | Comments(0)

Dragon 6137 [キューベルワーゲン救急車のドイツ軍女性看護師と軍医]

(1)1/35女性衛生兵/看護師のインジェクションフィギュア史
Zvezda 3618がミリタリー女性フィギュア史においてエポックメイキングな存在たり得る可能性、
具体的には1/35女性衛生兵/看護師のインジェクションフィギュア史において初めて看護の手付きが与えられたフィギュアであることは2012.2.28記事で既に指摘した。

ここで1/35インジェクションフィギュア女性衛生兵/看護師史をリリース順に一応振り返っておくと、
Zvezda 3517=ソヴィエト軍砲兵の女性看護師は単純立ちポーズ
Dragon 6137=ドイツ軍の女性看護師は単純立ちポーズ
Preiser 64006=ドイツ軍女性看護師はポットとマグカップらしきものを持った立ちポーズ
ICM 35541=ソヴィエト軍女性衛生兵は男性兵士のコートを引っ掛けてマグカップを持つ立ちポーズ
ICM 35551=ソヴィエト軍女性衛生兵は男性兵士に手を添える歩きポーズ
Zvezda 3618=ソヴィエト軍女性衛生兵は男性兵士の手当てをしての座りポーズ
がある。
1/35インジェクションフィギュアの女性衛生兵/看護師はそのスキルを活用しての社会的生産を行う機会が収奪され、男性の傍らに立つことのみが求められた初期から、
男性兵士にモノ/心を捧げるまたはモノ=コートを男性兵士から捧げられた交歓の季節を間に挟んで、ようやく衛生兵/看護師としてのスキルを発揮出来る時代が到来したのである*。

(2)Dragon社の1/35女性兵士
女性兵士を含む1/35インジェクションプラスチックキットはDragon社から三キット・計四人がリリースされている。
Dragon 3304=ヴェトコン女性
Dragon 6068=ソヴィエト軍女性偵察兵と女性スナイパー
Dragon 6137=ドイツ軍女性看護師
が居る。この機会にそれぞれのヘッドを眺めておこう。

c0000507_534826.jpg

c0000507_5331852.jpg
c0000507_5331333.jpg

c0000507_5325319.jpg


(3)Dragon社1/35史上唯一のパンツ
90年代後半にドイツ軍兵士のオーバーコートの裾を華麗に四分割したDragon社であるから、
インナーディテールを再現した上でスカートを分割するのは容易いことであろう。
しかし、スカートを履いた女性は6137のみであり、パンツが造形**された同社1/35の事例もこれが唯一である。
c0000507_5133733.jpg



------------------------------------------------
(註)
*"看護的"な身振りの範囲を拡大すると、70年代のEsci社の(ややトランスセクシュアル的造形の)"パルチザン女性"は既にスキルを発揮しているとも捉えられよう。
しかし、ここでは飽くまでも衛生兵/看護師であることが、身に付けた、或いは傍らに置かれたアイテムから明瞭な女性兵士を対象としている。

**プラスチックモデルにおけるパンツ描写史の先行研究として、
廣田恵介氏の「人類は、いかにしてプラモデルの金型にパンツを彫りこんできたか」は必読である。
(http://mega80s.txt-nifty.com/meganikki/2009/06/post-f1fc-3.html)
--------------------------------------------------


Dragon 6137, German Medical Team

c0000507_4353983.jpg
c0000507_4353569.jpg
c0000507_43530100.jpg
c0000507_4352155.jpg
c0000507_4351725.jpg
c0000507_4351371.jpg
c0000507_435865.jpg
c0000507_435475.jpg
c0000507_435022.jpg
c0000507_4345584.jpg
c0000507_4344930.jpg
c0000507_4344473.jpg
c0000507_4343948.jpg
c0000507_4343416.jpg
c0000507_4343066.jpg
c0000507_4342675.jpg




------------------------------------------------------------
Dragon 6137には、6074スプルーも含まれています。

Dragon 6074, German Medical Troops

c0000507_140213.jpg
c0000507_140921.jpg
c0000507_1401315.jpg
c0000507_140187.jpg
c0000507_1402312.jpg
c0000507_1402832.jpg
c0000507_1403392.jpg
c0000507_1403820.jpg
c0000507_1404322.jpg
c0000507_1404828.jpg
c0000507_140534.jpg
c0000507_1405884.jpg
c0000507_141380.jpg
c0000507_141974.jpg
c0000507_1411567.jpg
c0000507_1412164.jpg
c0000507_1412731.jpg
c0000507_1413445.jpg
c0000507_1414331.jpg
c0000507_1414957.jpg
c0000507_141573.jpg
c0000507_142321.jpg
c0000507_1421010.jpg
c0000507_1421883.jpg
c0000507_1422418.jpg
c0000507_1423178.jpg
c0000507_1423771.jpg
c0000507_1424339.jpg
c0000507_1424937.jpg
c0000507_1425640.jpg

# by tokyomonogatari | 2012-03-30 02:48 | Germany | Comments(0)

2012.3.29 静岡

1/25将軍*を、ジャーマングレイに寄った黒の成型色で見たのは初めてのこと。
この将軍のスプルーは、白色成型版のみが配布されているものだと思っておりました。

-------------------------------
(註)
1/16版では、「戦国武将」であるのに対し、1/25では「将軍」の名称が与えられている点に注意。
-------------------------------

c0000507_1434910.jpg
c0000507_1434478.jpg
c0000507_1433811.jpg



--------------------

c0000507_293821.jpg
c0000507_293366.jpg
c0000507_2926100.jpg
c0000507_292042.jpg
c0000507_29156.jpg
c0000507_29994.jpg
c0000507_2933.jpg
c0000507_285638.jpg
c0000507_285272.jpg
c0000507_284629.jpg
c0000507_284249.jpg
c0000507_283829.jpg
c0000507_283353.jpg

# by tokyomonogatari | 2012-03-30 01:43 | Reference Pictures | Comments(0)

Master Box 3584 [1944-1945年、西部戦線のドイツ国防軍兵士]

Master Box 3584, German Infantry, Western Europe, 1944-1945

スプリンター・パターンとウォーター・パターンの迷彩スモックと迷彩ポンチョを着た、ドイツ国防軍兵士。

迷彩ポンチョを着た兵士で思いだされるのは、平野義高氏の珠玉のヴィネット作品でおなじみの、Dragon 6057ですが、
同じくプレ戦闘的なMaster Box 3584には、そのキットの身振りの記憶が潜んでいるようにも思われました。
c0000507_5581474.jpg
c0000507_558735.jpg
c0000507_558092.jpg
c0000507_5574972.jpg
c0000507_5574257.jpg
c0000507_5573654.jpg
c0000507_5572534.jpg
c0000507_5571961.jpg
c0000507_5571334.jpg
c0000507_557635.jpg
c0000507_5565854.jpg
c0000507_5565087.jpg
c0000507_5564387.jpg
c0000507_5563758.jpg
c0000507_5563339.jpg
c0000507_5562729.jpg
c0000507_5562218.jpg
c0000507_5561756.jpg
c0000507_5561157.jpg
c0000507_556684.jpg
c0000507_556134.jpg
c0000507_5555623.jpg
c0000507_5555076.jpg
c0000507_5554630.jpg
c0000507_5554221.jpg
c0000507_5553866.jpg
c0000507_5553418.jpg
c0000507_5552942.jpg
c0000507_5552559.jpg
c0000507_5552052.jpg
c0000507_5551479.jpg
c0000507_555942.jpg
c0000507_555454.jpg
c0000507_5545948.jpg

# by tokyomonogatari | 2012-03-30 00:53 | Germany | Comments(0)

Armour Modelling誌 「平野義高のフィギュア講座」記事目録

『Armour Modelling』誌に連載された記事の中で、フィギュア史的に最も重要な必読テクストは何かと問われれば、
それは「平野義高のフィギュア講座」だと私は即答いたします。

しかしながら、Vol.11を最後に明確な幕引きもないままに連載が終了或いは休止されているのが残念です。

次に示した記事目録の作品のうち、3、5、6、7は、
『平野"フィギュア・マイスター"義高の仕事』(大日本絵画、2004)にも掲載されていますが、
製作中の写真や解説がやや少ないため、原典との併読をお勧めいたします。

-------------------------------------------------------------------------------------

「平野義高のフィギュア講座」記事目録

1 虎に乗った鉄十字の騎士(Vol.1)
2 冬の情景・ハリコフ1943年(Vol.2)
3 ケーニヒスベルグ・1945年(Vol.3)
4 レッドバロン、フランス1918・GD、ウクライナ1941(Vol.4)
5 クルスク・1943(Vol.5)
6 ロシア征服1941年(Vol.6)
7 北アフリカ1942年(Vol.7)
8 獨迷彩服其ノ壱(Vol.9) ピーパターン迷彩の塗装
9 獨迷彩服其ノ弐(Vol.10) 秋冬用オークリーフパターン迷彩の塗装
10*獨迷彩服其ノ参(Vol.11) 春夏用オークリーフパターン迷彩の塗装


--------------------------------------------------------------------
(註)
*原文ママでは8となっている。
--------------------------------------------------------------------

平野義高氏と同様にタミヤパテを盛るスタイルの日本人原型師、本馬幸雄氏のArmour Modelling誌記事目録(作成中)

「フィギュア職人が提示する魅力的な「陸王」の仕上げ」(Vol.111)

「アルパインの新作フィギュアを原型師が自ら作る!」 (Vol.112)
# by tokyomonogatari | 2012-03-29 22:16 | 雑誌資料記事目録 | Comments(0)

Master Box 3523 [1941-1942年、東部戦線のソヴィエト歩兵]

Master Box 3523, Eastern Front Series Kit No.2 Soviet Infantry in Action, 1941-1942

c0000507_16571452.jpg


c0000507_0503282.jpg
c0000507_0502582.jpg
c0000507_05018100.jpg
c0000507_0501268.jpg
c0000507_050685.jpg
c0000507_050088.jpg
c0000507_0495420.jpg
c0000507_049471.jpg
c0000507_0493891.jpg
c0000507_0492966.jpg
c0000507_0492173.jpg
c0000507_0491577.jpg
c0000507_049720.jpg
c0000507_049115.jpg
c0000507_0485360.jpg
c0000507_0484557.jpg
c0000507_0483980.jpg
c0000507_0483286.jpg
c0000507_0482682.jpg
c0000507_0482062.jpg
c0000507_0481418.jpg
c0000507_048725.jpg
c0000507_048198.jpg
c0000507_0475615.jpg
c0000507_0475169.jpg
c0000507_0474557.jpg
c0000507_0473956.jpg
c0000507_0473385.jpg
c0000507_0472822.jpg
c0000507_0472297.jpg
c0000507_0471669.jpg
c0000507_047109.jpg
c0000507_047566.jpg

# by tokyomonogatari | 2012-03-29 21:10 | Russia/Soviet | Comments(0)

Glencoe Models 02202 [1/32 日本兵]

Glencoe Models 02202, 1/32 Japanese Infantry

グレンコモデルズ社の日本兵は、ゲテモノと評される事がしばしばあります。
改めて見てみますと、なるほど造形的にはアレですけれども、ポオズの面白さは他社の日本兵よりも上であると私は思います。

また、二人の日本兵のイエローフェイス*なイメージ=メガネ・出っ歯・スラントアイの三要素完備ぶりに目を奪われて、
そのポオズが稀有な投降する日本兵の造形は中々上質に仕上がっていることは見落としてはなりませんし、
日本兵表象史の史料のひとつとしても、手元に置いておきたいフィギュアに仕上がっているとお見受けいたします。

--------------------------------------------
(註)
*映画におけるアジア人のイメージについて、以下の二冊は必読。
村上由見子 『イエロー・フェイス ハリウッド映画にみるアジア人の肖像』(朝日新聞社、1993)
増田幸子 『アメリカ映画に現れた「日本」イメージの変遷』(大阪大学出版社、2004)
--------------------------------------------

c0000507_23434855.jpg
c0000507_23433987.jpg
↑箱絵の3人のみでなく、11ポオズのフィギュア合計20人入りのキットです。
c0000507_23433137.jpg
c0000507_234321100.jpg
c0000507_23431345.jpg
c0000507_2343639.jpg
c0000507_23425869.jpg
c0000507_23425096.jpg
c0000507_23424296.jpg
c0000507_23423391.jpg
c0000507_23422485.jpg
c0000507_23421758.jpg
c0000507_2342830.jpg
c0000507_23411686.jpg
c0000507_2341732.jpg
c0000507_23405987.jpg
c0000507_2340285.jpg
c0000507_2340476.jpg
c0000507_23401446.jpg
c0000507_2340685.jpg
c0000507_23395686.jpg
c0000507_23394652.jpg
c0000507_23393812.jpg
c0000507_23393027.jpg
c0000507_2339198.jpg
c0000507_23391161.jpg
c0000507_2339296.jpg
c0000507_23384846.jpg
c0000507_23383991.jpg
c0000507_23383095.jpg
c0000507_23382226.jpg
c0000507_23381333.jpg
c0000507_2338434.jpg
c0000507_2337557.jpg
c0000507_23374765.jpg
c0000507_23373870.jpg
c0000507_23373029.jpg
c0000507_23372145.jpg
c0000507_23371474.jpg
c0000507_2337556.jpg
c0000507_23365522.jpg
c0000507_2336461.jpg
c0000507_23363931.jpg
c0000507_23362957.jpg
c0000507_23362290.jpg
c0000507_2336818.jpg
c0000507_233619.jpg
c0000507_23355288.jpg
c0000507_2335343.jpg
c0000507_23352710.jpg
c0000507_23352021.jpg
c0000507_2335999.jpg
c0000507_2335344.jpg
c0000507_2334552.jpg
c0000507_23344883.jpg
c0000507_23344211.jpg
c0000507_23343590.jpg
c0000507_23342691.jpg
c0000507_23341985.jpg
c0000507_2334126.jpg
c0000507_2334632.jpg
c0000507_2334021.jpg
c0000507_2333546.jpg
c0000507_23334890.jpg
c0000507_23334163.jpg
c0000507_23333652.jpg
c0000507_23332971.jpg
c0000507_23332356.jpg
c0000507_23331738.jpg

# by tokyomonogatari | 2012-03-29 17:19 | Japan | Comments(0)

1/35MMフィギュア・テーマ別小史索引

1/35MMフィギュア・テーマ別小史(1)(2012.3時点)
http://tokyostory.exblog.jp/4824705/

1/35MMフィギュア・テーマ別小史(2)(2012.3時点)
http://tokyostory.exblog.jp/8986026/

1/35MMフィギュア・テーマ別小史(3)(2012.3時点)
http://tokyostory.exblog.jp/3983127/

1/35MMフィギュア・テーマ別小史(4)(2012.3時点)
http://tokyostory.exblog.jp/8566589/

1/35MMフィギュア・テーマ別小史(5)(2012.3時点)
http://tokyostory.exblog.jp/23316032/

1/35MMフィギュア・テーマ別小史(6)(2012.3時点)
http://tokyostory.exblog.jp/23319958/


1/35MMフィギュア概史(2012.3時点)
http://tokyostory.exblog.jp/14018211/
# by tokyomonogatari | 2012-03-29 10:40 | 人形小史 | Comments(0)

1/35MMフィギュア・テーマ別小史(1)(書き途中)

模型店店員が最低限記憶しておくべき教養としての、MMフィギュア小史

(1)ドイツ軍フィギュア小史

パンツァーヤッケをまとったドイツ軍兵士小史

MM史はパンツァーヤッケをまとったドイツ国防軍と武装親衛隊の戦車兵=35001(1968.9)から始まります。
箱絵*に描かれた武装親衛隊戦車兵座像の袖章はダス・ライヒ師団のものですが、
それがデカールとして12641で与えられるまでには、40年の月日を必要としたのです。
35011(1971.9)では双眼鏡を両手でつかむ戦車兵が登場し、35014(1972.3)の箱絵ではメガネ男子化された彼が登場。
35019(1973.3)では35011初出の戦車兵がひとり追加される形で35001がリニューアルされました。
35036(1974.3)ではタイヤ付装甲車両のクルーが初めてパンツァーヤッケをまとって登場。
35051-(1975.4)ではモリナガ・ヨウ氏に「知的フィギュア」と評された座像が登場。
35054(1975.5)、35056(1975.3)、35057(1975.6)、35058(1975.8)、35065(1975.8),
35069(1975.9)の戦車兵にもパンツァーヤッケが与えられました。
イタリア戦線らしいシャツスタイルのブルムベア=35077-C(1976.1)の突撃砲兵、防寒アノラックを着たヴィルベルヴィント(1976.7)の戦車兵、
Ⅳ突とラングで微妙に腕の角度が異なる前屈み兄さん=35087-C(1976.6)、35088-C(1976.7)のM44迷彩服と、パンツァーヤッケ不在の2年間を経て、
35096-B(1977.7)、35096-D(1977.7)では全てのクルーがパンツァーベレーとパンツァーヤッケでお揃いです。
35115-C(1980.3)は、将校帽とM43野戦帽の選択が可能。
双眼鏡をのぞくパンツァーヤッケを着たドイツ国防軍兵士として貴重な存在。
35146-C(1989.12)もまた、将校帽とM43野戦帽の選択が可能なのですが、ヘッドギア選択式ではなく、
ヘッドそれ自体を選択してヘッドギアを選択するスタイル。彼は、35194-C(1995.8)=35202-C(1996.3)としても登場しています。
35169-D(1993.10)は片腕乗り出し戦車兵史上最高峰のひとつ。
35176-Z(1994.6)は汎用性の高い武装親衛隊戦車兵として、フィギュアモデラーならばひとつは常備しておかねばならない傑作。
彼らがまとっているのは武装親衛隊式パンツァーヤッケであって、国防軍式のそれよりも襟が小さく、袷が垂直に下っており、
ズボンのフラップも単純な長方形の武装親衛隊スタイルで仕立てられていますし、将校帽も略帽の徽章も武装親衛隊式で、
略帽は武装親衛隊式に直線的に下るデザインで造形されており、
89697(2006.12)的な解釈で国防軍戦車兵として用いるのには、本来は難があるということは、フィギュアモデラーには周知のことでございましょう。
35181-B(1994.11)の戦車兵は35209-B(1996.9)の戦車兵としても含まれています。
35197-D(1995.11)は、パンツァーヤッケをまとったMM戦車兵史上最もほのぼのとした物語が与えられているふたりで、フィギュアモデラー必携。
35200-D(1996.2)は、パンツァーヤッケを着た兵士史上最も着古している感のあるハードボイルドな造形ぶりで必携。
彼のヘッドは冬季の兵士への移植用としても重宝。
35201(1996.4)は現行品のドイツ軍戦車兵セットとして唯一の存在でストック必須。
徽章類をそれらしく塗るだけでは国防軍のパンツァーヤッケと武装親衛隊のパンツァーヤッケの形状的違いはクリアー出来ないことに注意。
A・B・C・Fが国防軍パンツァーヤッケをまとった兵士であり、D・Eは武装親衛隊パンツァーヤッケをまとった兵士なのです。
35203-D&E(1996.5)はシワの造形が好印象。
35215-D(1997.4)は、キューポラに収まりハッチに両手をつくポオズとして汎用性に富んでいます。
35216-E(1997.6)はヒゲダンス戦車兵として有名。
35237-E(1999.7)は対空警戒をする戦車兵として重宝する存在。ファレーズポケットの国防軍戦車兵として彼以上の役者は存在しません。
35246-J(2000.12)は模型店において滅多に箱を開ける機会のないアイテムで見落とされがちな印象ですが、
パンツァーヤッケを着た国防軍戦車兵座像として彼以上に汎用性の高い存在もないと思います。
フィギュアモデラーは確実に押さえておくべきMMフィギュアです。
35246-M(2000.12)も、それを用いた作品を中々見ない存在。
35248-C(2001.3)は、パンツァーヤッケを着たMM兵士のうち、最も戦闘的身振りが与えられているため、
車外戦闘のフィギュアとして小改造されているものを時々お見受けいたしますが、
そろそろMMキットとしてDragon 6129と双壁をなす車外戦闘中のMMフィギュアも見たいところ。
35252-X&Z(2002.2)の武装親衛隊戦車兵座像は、35176-Zの防寒ズボンの座像よりも小ぶりで汎用性の高いフィギュア。
国防軍戦車兵座像として用いるならば、キチンとパンツァーヤッケのデザインを改めたいところ。
35255-G(2002.9)は、素直に立つパンツァーヤッケをまとった兵士として久しぶりに出たフィギュア。
35281-D(2005.12)は、いかにも本馬幸雄氏らしい造形で真面目な線にまとめられているフィギュアです。
35285-C(2007.7)は、素直な立ちポーズで嬉しいのですが、私的なプリファレンスは35255-G>35285-Gです。
35287-E(2007.11)は、やはり本馬氏らしい真面目な造形なのです。
35292=35299-B&C(2008.7, 2009.4)は、前傾して両手でハッチをついた戦車兵として汎用性が高いボディなのですけれど、ヘッドが他のスプルーに存在している点に注意です。

89621(2003)は、1/16→1/35化シリーズの第一作ですが、ドイツ国防軍戦車兵として抜きん出て良く出来た立像です。
彼は、25112-Z(2010.12)でベレー帽ヘッド部分が彫り足されています。

---------------------------
(註)
*大西将美画伯による箱絵の原画は『パンツァーグラフ』2008年春号(Vol.12)P.1を参照。
---------------------------

===================================================

革ジャケットをまとったドイツ軍兵士史

35164-Cでキングタイガー・ヘンシェル砲塔の戦車長がMM史上初めて革ジャケットを身にまといました。
彼のみに着用が許される、特権的衣装として革ジャケットは長らく存在して来ましたが、
35252-W&Zで再度キングタイガー・ヘンシェル砲塔の戦車長に革ジャケットが与えられ、
同時にオートバイ伝令に革ジャケットが与えられたことをもって、戦車長のみが着用することが許される特権的衣装の位置を、革ジャケットは降りたのでした。

そして、35253ではアルデンヌ戦線の武装親衛隊戦車長が革ジャケットをまといました。
35252-W&Zのオートバイ兵を、半分地上に降りた存在とするならば、
ようやく革ジャケットをまとった兵士が地上に降りたのが、35253だったのです。

===================================================

ドイツアフリカ軍団兵士小史

1971年5月の35008が、MMシリーズにおけるDAKフィギュアの祖です。
同年6月には、35009として、35008を同梱した上で、初のDAK戦車兵フィギュアとして登場した、35009-figure が登場。
アフリカコープスかアフリカコーアかの発音・表記問題という興味深い事例ををMM史に刻んだのは、
1974年5月の35037です。
MM史において、最も年間のリリース数が多かった年は、1975年であり、その数は28。
7月に発売された35062-Aは、2003年9月発売の35268-Aとして未だに現役。
造形的には70年代のフレイヴァ―が漂っているものの、そのポオズは今日でも珠玉。
同年10月の35074の"トッセトンテ"は半ズボンを履いて座るドイツ兵下半身として貴重でした。
1979年9月、MM黄金期と称される70年代のドイツ軍キットとして最後に発売された、35113-Zは、
同時に70年代最後のドイツ兵フィギュアの位置を占めます。
冬の80年代、ドイツアフリカ軍団のフィギュアは、35118(1980.9)のロンメル元帥のみですが、
このロンメル元帥は基本的に35113と同じもの。
結局、80年代にはドイツアフリカ軍団兵士フィギュアの完全新規のリリースは皆無でした。
35227-G(1998.5)は、35009以来27年ぶりのドイツアフリカ軍団戦車兵であるのみならず、久しぶりのドイツアフリカ軍団兵士でした。
35238-C(1999.9)は、半ズボンを履いた直立像として35009以来28年ぶりのリリース。
なお、35238-Cの胴体は35305-X&Y(2009.12)として後に流用されています。
ゼロ年代のMMシリーズには、ヴィネット向けリメイク(Vignettization)と同時にアフリカ化(Africanization)の傾向がありました。
アフリカ軍団フィギュアの黄金期、或いは"本馬氏の時代"であると捉えても良いと思います。
88mm砲のアフリカ戦線版リメイクのフィギュア、35283-Z(2006.7)、
Sd.Kfz.222のアフリカ戦線版リメイクの35286-X(2007.9)、Ⅲ号戦車N型の戦車長、35290-F(2008.3)、
8輪装甲車の35297-V&Wと、本馬幸雄氏原型と推断されるアフリカ軍団兵士が続いたのでした。
しかしながら、ゼロ年代末の、35304-Zは、明らかに東欧系の造形と成型ぶりで登場。
小火器・装備品スプルーYにアフリカ軍団帽、トロピカルヘルメット、ヘルマンマイヤー帽などの、
熱帯地向けヘッドギアを含んでいないことから、"Yによる身体規制"を受けにくい兵士達がドイツアフリカ軍団です。
その点において、35304-Zでは全ての兵士にYαヘルメットが与えられていたことは、東欧的造形の防暑ヘッドギアを得る機会を逸したという意味においては少々残念に捉える事もできましょう。
空軍防暑帽=ヘルマン・マイヤー帽が初めて与えられ、降下猟兵ヘルメットが35012以来38年ぶりに登場しました。
35305-X&Y(2009.12)は、本馬氏でも東欧系の造形でもなく、そのヘッドの造形からすれば、日本人I氏の造形であると推測されます。

==============================================

防寒アノラックを着たドイツ軍兵士小史

MM史上最多リリース、28アイテムを記録した年、1975年はコートスタイルのソヴィエト軍戦車兵35049-D(1975.1)が先陣を切り、
それに対抗するように35050-Z(1975.3)にも冬季被服が与えられ、防寒アノラックを着たドイツ兵の最初の事例となった。
35085-B(1976.7)では35050-Zのうち4人が再登場。ただし砲塔の中に居るためか、フードをかぶった兵士が不在である。35094(1977.2)として35050-Zは独立リリースされた。
MM冬の時代と称される80年代、防寒アノラックを着た兵士は供給されず、35176-Z(1994.6)の武装親衛隊戦車兵座像のズボンとして17年ぶりに防寒アノラックが登場。
35209-G&H(1996.9)では初めてキューポラに収まった戦車兵に防寒アノラックが与えられ、
35212(1996.12)では過半数の人物が防寒アノラックを着て、35233-Gでは35050-Z初出の防寒アノラックの男達が再登場した。
MMにおいて、服飾的な冬の時代は、やや遅れて90年代に到来したのである。
35256(2002.11)は、リバーシブルの防寒アノラックに似ているものの、リバーシブルでない白色スモックが与えられた唯一の事例。
リリース史としては最新の1/35防寒アノラックを着たドイツ兵フィギュアは、89---品番=限定商品の、
89629(2004)の彼であり、
彼は防寒服を着ながらにして防暑服スタイルのロンメル元帥と同居したのである。

===========================================================

すたすた歩くドイツ軍兵士小史

(1)1969年7月 35002のM36/40野戦服を着てブーツを履いて歩いた彼がMM史上初の歩くドイツ兵として登場。
(2)1972年6月 35016でBMWサイドカーの傍を歩くオーバーコートのふたりが登場。オーバーコートを着て歩くドイツ兵は、今日でもMMシリーズ唯一の存在である。
1952年生まれの楽八氏は、35016を、
「厳しい冬将軍の凍えるような寒さや敗走する兵士の絶望感といったものを見事に演じ切り見る者に感動を与えたMMシリーズの中でもアカデミー賞クラスの名フィギュア」*と評している。
(3)1973年8月 35029でケッテンクラートの傍を歩くM36/40野戦服×レギンススタイルのふたりが登場。
(4)1974年5月 35037でドイツアフリカ軍団歩兵に初めて歩きポオズが与えられる。
(5)1994年12月 35184で20年ぶりに歩くドイツ兵が登場。箱の中の兵士像全てが歩いたのも初の事で、M43野戦服×レギンススタイルの兵士に歩きポオズが与えられたのも初めてであった。
後の35204がアクセサリーとして与えられ、新規独立小火器・装備品ランナーによる"95年体制"**に至る端緒でもある。
(6)2003年 1/16→1/35三部作***の一作目として、89621で歩く機関銃手が登場。ただし限定白箱である。
(7)2011年7月 35320で乗馬ズボンを履いた将校的身なりのドイツ兵がMMシリーズ43年目にして、初めて歩いた。

繰り返しになるが、将校的身なり=将校用バックルに乗馬ズボンが与えられて歩くドイツ兵が、
Tamiya社のMMシリーズに登場するというのは初めての事であり、彼の登場まではMMシリーズ43年間****の長きに渡って、
将校には指差しか静観か双眼鏡持ちかの静的なポーズが与えられ続けてきたのである。

----------------------------------------------------------------------
(註)
*『パンツァーグラフ!』 12号(2008.春号) p.3
**Yパーツとして独立して与えられる形式の、フィギュアキットでの小火器・装備品付与のシステム。
ドイツ軍のY二種、アメリカ軍のY一種が揃った年が95年であることから、私は「95年体制」と呼称。
***896218962989641のこと。
****M36スタイルのドイツ軍将校のMMシリーズでの初登場は、
35003(1970.5)であるから、同様の服装のフィギュアのみを議論の対象にするならば、41年間とすべきである。
ここでは、MM史上初であったことを重視して、43年間としている。
------------------------------------------------------------------------

ドイツ軍降下猟兵小史

MMで降下猟兵は2キットのみ。
35012(1971.9)で注目しておきたいのは、手と拳銃が一体成型されたMM初の事例であることと、
ひとり含まれているジャンプする前のパラシュートベルトを締めたスタイルの降下猟兵はインジェクションフィギュア唯一の存在であることです。
また、35012は35014(1972.3)のフィギュアとしても登場していますが、その箱絵の突撃砲兵=後に35019の一人となる彼には眼鏡が描かれており、
35014は初めてメガネ男子がパッケージに登場した事例でもあったことも押さえておきたいところです。

40年弱の降下猟兵不在の時代が長く続き、35304-Z(2009.12)で久しぶりに登場しましたが、
その降下猟兵はジャンプスーツではなく、防暑服スタイルなのでした。

タミヤのミリタリーミニチュア史を振り返れば、二例のみの降下猟兵なのですが、
Dragon社からは戦線を跨いで数多の降下猟兵が出ているのは周知のことでございましょう。

そろそろヨーロッパ戦線のジャンプスーツスタイルの降下猟兵がMMシリーズからリリースされて欲しいと思わずにはいられません。

===========================================================
# by tokyomonogatari | 2012-03-28 23:40 | 人形小史 | Comments(0)