Warriors 35305 [歩く武装親衛隊歩兵]

Warriors 35305, SS Infantryman Walking

顧みれば、迷彩スモックを着てブーツを履き、すたすた歩くSS歩兵は、インジェクションキットで出ていない存在ではなかろうか。
同様の大戦初期SSコーデの歩くフィギュアとしては、Hornet GH01&02*が存在。

(サブテクスト或いは注)
*Hornet GH02の決定的作品と言えば、やはり、
Calvin Tan, "Modelling Waffen-SS Figures"(Osprey Modelling 23), Osprey Publishing,2005
の作品でございましょう。この本は、宮沢賢治研究をする上での『宮沢賢治必携』の水準で、フィギュア塗る人はまず必携だとお見受けしております。
私信・・・Hansさんとソフィア・ヤマダさんも持っていたこの本、モケログTさんはゲットしましたか?

c0000507_2103585.jpg
c0000507_2104178.jpg
c0000507_2104655.jpg
↑やや下半身が短い印象。膝でカットして延長がベターかと思います。
c0000507_2105159.jpg
↑写真見て気付いたのですけど、しまった、左腕の振りをなんばで組んでしまいました。
c0000507_2105613.jpg
c0000507_211113.jpg
c0000507_211669.jpg


===================================================
ほんのはなし
c0000507_2303928.jpg

福田陸太郎、村松定孝共著『新編 文学用語辞典』、こびあん書房、1987年

古書店でこの本を購入し、279ページと分量が丁度良いので、辞書的使い方せずにそのまま読んでおりますけれど、
「小品文」(P.133~134)というカテゴリがあることを無知な私は初めて知り、となると、ジオラマ=情景=小説に対しての、ヴィネット=小情景=短編小説**、
という置き方をせずに、そのままvignetteの意味からも、小品文と置いて良かろうという事に気づいた晩春の日でございました。

**大日本絵画『アーマーモデリング』2006.12(Vol.86)のヴィネット特集にて、表紙に書かれた副題は、「ベース上の短編小説」であった。
by tokyomonogatari | 2010-05-07 02:11 | Germany
<< Italeri 315 [BM... Tamiya 35240 [自... >>