Tamiya 35318-F [フィンランド軍自走砲兵]

1/35 フィンランド軍兵士のインジェクションフィギュア史上初の全身像が、Tamiya 35318-FのBT-42突撃砲の兵士なのです。

MMシリーズ42年目にしてようやく、フィンランド軍兵士が登場した35310-Eでは半身像であって、
この43年目にやっとフィンランド軍兵士全身像が35318-Fとして登場したわけでございますけれど、造形的には両方とも同社フィギュアの今日的水準を考えればやや粗い印象。
フィンランド軍モノの次回作があれば、Zランナー独立方式で、(35294-Z=35296-Z) extended=89783-Zのイタリア軍戦車兵ばりの造形でお願いしたいところです。

Tamiya 35318-F, Finnish Self-Propelled Gun Crew

c0000507_3194435.jpg
c0000507_319518.jpg
c0000507_3195820.jpg
c0000507_320329.jpg
c0000507_320871.jpg
c0000507_3201492.jpg
c0000507_3201955.jpg
Tamiya 35320-1との体躯差。

c0000507_3202498.jpg
Tristar 35012との体躯差。

--------------------------------------------------

"Tristarized" Ver.

フィンランド軍装甲戦闘車輌クルーは、ソヴィエト軍戦車帽もかぶっていた。
何かをかぶったヘッドに差し替えるならば、ソヴィエト軍戦車帽をかぶったヘッドが選択肢として現状では一番豊かに開かれている。

Tristar社の平野義高氏原型のソヴィエト軍戦車帽ヘッドを移植してみる。

c0000507_3203017.jpg
c0000507_3203587.jpg

c0000507_23332646.jpg


-----------------
パーツ状態。Tamiya 35318-Fは一枚1050円。


c0000507_3204971.jpg
c0000507_3205520.jpg
c0000507_321188.jpg
c0000507_321712.jpg
c0000507_3211420.jpg
c0000507_3212070.jpg
c0000507_3212769.jpg
c0000507_3213796.jpg
c0000507_3214371.jpg
c0000507_3214991.jpg
c0000507_3215538.jpg
c0000507_322567.jpg
c0000507_3221222.jpg
c0000507_322193.jpg


-------------------------------------------------------------
※余録

久しぶりに車輌を丸々組んで塗る。
c0000507_15155438.jpg
↑タミヤ缶サーフェイサー、ライトグレイで下塗り。
タミヤアクリルのラバーブラックで影色を吹く。
c0000507_15155987.jpg
↑ダークグリーンを吹く。
c0000507_1516424.jpg
↑オリーブグリーンを吹く。
c0000507_15161062.jpg
↑NATOグリーン+デッキタンを吹く。
by tokyomonogatari | 2011-07-30 03:22 | Finland
<< Tamiya 60322 [1... Dragon 6344 [19... >>