1/35 Ⅵ号戦車タイガーⅠ系列メモ(書き途中)

(1)文献資料

Thoman L. Jentz & Hilary L. Doyle "Germany's Tiger Tanks: D.W. to Tiger1: Design, Production & Modifications" (Schiffer Publishing Ltd. 2000)

Wolfgang Schneider "Tigers in Normandy" (Stackpole books, 2011)

Thomas Anderson "Tiger" (Osprey Publishing, 2013)

『グランドパワー2月号別冊 ティーガーⅠ(1) 虎のディテール』(デルタ出版, 2001)

トム・イェンツ、ヒラリー・ドイル、ピーター・サースン、向井祐子訳、高橋慶史監修『ティーガーⅠ重戦車 1942-1945』(大日本絵画, 2000)

遠藤慧『ミリタリーディテールイラストレーション ティーガーⅠ初期型』(新紀元社, 2013)

遠藤慧『ミリタリーディテールイラストレーション ティーガーⅠ中期/後期型』(新紀元社, 2015)

『ティーガーⅠ ディテール写真集』(新紀元社, 2015)

大里元氏によるタイガーⅠの研究
→「タイガーの一滴」記事目録を参照
http://tokyostory.exblog.jp/7315776/



-----------------------------------------------------------------------------------------------

101重戦車大隊タイガーⅠメモ

007
→本来はハインツ・フォン・ヴェステルンハーゲン大隊長の搭乗車輌。8月8日にミヒャエル・ヴィットマンが搭乗。
後期型とするのが"模型的定説"であるが、
プシェミスワフ スクルスキ『WWII ドイツ装甲部隊のエース車両』(新紀元社, 2014)では中期型で描かれている。
現状、007号車の写真は一枚のみ。007の文字は車体に水平ではなく、やや斜めである。

008
→8月8日のドリンガーの搭乗車輌。
Schneider P.46

009
→この車両を写したモノクロ写真では、車輌番号のフチと中の色に差異があるように見える。
Dragon社は白フチ付き黄色であると解釈し、009号車のデカールとして印刷。
007号車にも白フチ付き黄色のデカールが選択肢として与えられている。
Schneider P.46, P.47

104

105

111
Schneider P.50

112
Schneider P.36, P.37

113

114

121
Schneider P.38, P.39, P.43

122
Schneider P.39

123

124

131
Schneider P.17

132

133

134

204

205
→ミヒャエル・ヴィットマンの本来の搭乗車輌。照準器穴ひとつ。
Schneider P.12, P.13

211
→ノルマンディ戦のタイガーⅠのうち、最も不思議な車輛。
211号は、6月に撮影されたN316道路上の写真では砲塔防盾の照準器穴がひとつであり、
車体に描かれている師団章も本来の第二中隊のマーキングシステムにならって、車体向かって左に師団章が配されている。
しかし、撃破後に撮影された写真では照準器穴がふたつになっており、車体向かって右に師団章が配されている。
照準器穴ひとつの車輛が損傷した後に、他の車輌に211の車輌番号が再び与えられた説と、
211号車の砲塔に、他の車輌の防盾と車体を組み合わせた再生車輌という説がある。
Schneider P.253, P.254, P.257

212
→バルタザール・ヴォル軍曹の搭乗車輛。
ヴィレル・ボカージュ戦でミヒャエル・ヴィットマンが搭乗したとされる車輛その1。

213

214

221
→6月に撮影されたモルニーに向かうN316道路上で撮影された三車輌の中の一輌。
Schneider P.13, P.271

222
→ゾーウァ軍曹の搭乗車輌。
ヴィレルボカージュ戦でミヒャエル・ヴィットマンが搭乗したとされる車輛その2。

223
Schneider P.268

224
Schneider P.12

231
Schneider P.41

231
→ニュースフィルム撮影時にミヒャエル・ヴィットマンが搭乗。故障時には2??号車に牽引されている。
Schneider P.14, P.15, P.41

Scheneider 2011では231号を牽引しているのは232号としているが、
232号の車体前面の師団章はツィンメリットコーティングをしていない長方形のスペースに施されているのに対して、
231号を牽引している車輛(P.41, P.42)はツィンメリットコーティングの上から師団章が描かれているように見える。

232
→照準器穴ふたつ。装填手ハッチは旧型。起動輪も初期型。
Schneider P.14, P.15

233
→中期型。

234
→シュティーフ軍曹の車輛。
ヴィレル・ボカージュ戦でミヒャエル・ヴィットマンが搭乗しようとするも、エンジン不調で222号に乗り換える。
(学研 『決定版[図説]ティーガー重戦車パーフェクトバイブル』 2006, P.40)

304
→中期型。
Schneider P.11, P.256

305

311
→中期型。
Schnerider P.8, P.11

312
→8月8日のイ―リオンの搭乗車輌。

313
Schneider P.7

314

321

322

323
Schneider P.9, P.10

324

331
→中期型。
トーマス・アムゼルグルベーア少尉またはエルヴィン・アシュバッハの搭乗車輛。
Schneider P.9

332
Schneider P.268

333

334
→中期型。
Schneider P.58, P.59, P.60, P.61

----------------------------------------------------
(註)
Wolfgang Schneider, "Tigers in Normandy" (Stackpole Books, 2011)

----------------------------------------------------
by tokyomonogatari | 2012-03-12 10:22 | ドイツ軍史料メモ
<< 1/35 Ⅴ号戦車パンサー系列... 1/35 キングタイガー系列メ... >>